ころねのブロマガ

カサブランカの蕾をプレイして ※ネタばれ多くあります

2018/05/01 22:58 投稿

  • タグ:
  • エロゲ
ただただプレイした感想をつづろうと思います。


●共通ルートの感想(全体の7割はこれ)
主人公である成瀬イツキ、まずこいつが全ての元凶だと僕は考えます。

始まりは主人公が同級生である平山ミクに告白して振られるところからスタートします。
落ち込む主人公。授業も受ける気にならず保健室でさぼるようになる。
まずこの辺から主人公のやばい片鱗が伺える。
その保健室に通ってるうちに同じく同級生の椎名ユリと出会い話をするようになる。
写真を撮るのが趣味の主人公に写真の話をするユリ、次第にユリは主人公に「好き」と告白します。
ミクへの思いもわずかならずある成瀬であったがこの告白を受け入れます。
そして付き合い始める成瀬とユリ。
ある時プールの授業で帽子を忘れてしまい教室に一人戻る成瀬。
誰もいない教室、帽子を見つけるが同時にミクの机の上に袋を見つける。
多少の葛藤もあったものの速攻中を漁る成瀬。
この時点でやばいやつ確定。
下着がなく残念と落ち込むものの靴下を手に取りなんと匂いを嗅ぎながらオナニーを始める成瀬。
そこをたまたま授業を見学だか自習だか何かで戻ってきた四條カナ。
一部始終を見られてしまった成瀬はカナにバラされたくなかったらそのまま続けてそれを写真に撮るように言われる。
従う成瀬。
いいものが見れたと喜ぶカナ。
今度は成瀬とユリがセックスしているところを写真に撮るように脅したり
ミクとキスしたりするように脅すカナ。
内容はどんどんエスカレートして終いにはミクとカナとも関係をもってしまうようになる。
なぜか振ったはずのミクは成瀬に好意を寄せている?この時点では意味不明。
これがのちに破滅へ導くことになる。

成瀬は脅されているはずなのに背徳的ななにかに心を支配され
自らカナに次はどうするばいいか訊くようになりカナは少し呆れ始めてしまう。
もはや成瀬の方から動くようになり内容もさらにエスカレートする。
ここである事件がおこる。
なんとそれぞれのヒロインとセックス中に自分で撮った写真が黒板に張り出されているというものだった。
ユリは成瀬に裏切られたうえにクラスからビッチ呼ばわりされる始末。
成瀬には刺されてほしいと思いました。
ここで共通ルート終了

●カナルート
その事件のあと停学になる成瀬。
その後カナが所属しているバスケ部でいじめを受けていること知り
最終的にカナの大切シューズ?がズタズタにされてしまい心が折れるが
復習しようと成瀬に持ち掛けられる。
その復習が学校にペンキで落書きをするというもの。
なんだそれって感じですね。
最後ユリの机に今までごめん的なことを落書きでつたえたみたいです。
そして黒板の暗号がいまだによくわかりません。
わたしにおとなはいらない?
間違っているのかただ意味不明なまま終了。
カナとは一番いい関係を築けたのではと思います。(他の二人に比べてマシというレベル)
まず共犯という二人の秘密や他の人に気を配っていたことなどから
悪意はそこまでではないかなといった印象。

●ユリルート
事件のあと距離を置くようになり次第に壊れていくユリに違和感を覚えるようになる。
なんだかんだでまた話すようになるが違和感は消えないまま。
ユリがHを積極的迫るようになりミクに見せつけたりします。
なんでも心の中の黒いものがHを強要するなどと言い始める。
しかもミクが成瀬に近づいたから孤立するようにいじめをしていた事実が発覚。
プールの件で靴下しかなかったのはその前に下着をユリが盗んでいたらしい。
しかも写真を黒板に張り出したのもユリだと自白。
それでも私のことを好きでいてくれるか、私のことを見ててくれるか約束してと言うユリ。
肯定する成瀬。私がいなくなっても私のことずっと見ててねと言って・・・
教室に行くとユリが転校していなくなったことを知り壊れる成瀬ユリを探し続け5年後・・・
偶然町のベンチでうなだれている成瀬に何気ない友達に話しかけるみたいに話すユリ。
後ろからユリの彼氏と思われる人が早くいくぞーと声をかける。
そして私が結婚して今後どういう人生を歩むのか見ててくれるって約束だもんねっと言って去っていって終了。
この終わりは予想していなかっただけに鳥肌立ったしいろいろやばかった。
ユリは途中から壊れてしまったのか成瀬によって壊されたのか最初から壊れていたのかいろいろ考えさせられました。
成瀬が裏切ったみたいにユリも裏切ったらどんな風に世界が見えるのか知りたかったのかなと
勝手な個人的な解釈。
普段はハッピーエンドが好きだけどこういうのも悪くないと思いました。

●ミクルート
ルート的にユリと仲直りするかミクを選ぶかで別れるんですが
ミクのルートに行くにはユリとの関係を断ち切ることになります。
そしてユリを振った後、ミクが成瀬を好きだと言います。
成瀬は僕も好きだから付き合ってほしいと言います。
ミクはそれはできないと言います。
てんぱる成瀬。なんとなく察する僕。
ミクは誰かと付き合ってる人を寝取るのが趣味だったようです。
はめられたと焦る主人公そして
ミクがユリと別れた成瀬に興味がなくなり、私を振り向かせる王子様はいつ現れるのかと独白して終了

全体の感想として
ミクに流されてしまったばっかりにユリと成瀬は破滅したんだと思う。
カナとの関係だけだったら何とかなったんじゃないかなと思います。
でもミクみたいな人なんかのゲームかアニメで見たような気がするんだけど・・・
思い出せませんね
何はともあれ原画はかわいいのにシナリオは鬱よりなのでギャップがまたいいです。
EDもソラコイのカバーでめっちゃ驚きました。なんで?って。
またこういった鬱げーもそのうちやってみたいです。










コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事