ハナコのブロマガ

結婚相談所のトラブル体験談|退会前の素朴な疑問を解決!

2020/06/24 16:50 投稿

  • タグ:
  • 体験談
  • トラブル
  • 結婚相談所
  • 退会
  • 素朴な疑問

結婚相談所に入会したいけれど、大手から小さなところまでたくさんあり過ぎるので、どんなところなら安心して入会できるのか知りたくありませんか?

実際にどのようなトラブルがあったのかも、事前に知っておきたいですよね。

そこでこのページでは、結婚相談所に入会した人が遭遇したトラブルの事例と、そのようなトラブルを未然に防ぐために知っておくべき注意点や結婚相談所の選び方を詳しくご紹介します。

理想の結婚相手を親身になって探してくれる結婚相談所を見極めるために、ぜひチェックしてくださいね!

このページの要点をざっくりいうと

国民生活センターには結婚相談所に関するトラブルの相談が日々寄せられています。

契約に関して「こんな内容は聞いていない」「話が違う」など、思っていたものと違ったというトラブルが多くあります。

また実際に高額の費用がかかってしまったという事例も。

結婚相談所に入会すれば必ず結婚できるわけではないので、ある程度「こんなはずではなかった」という事態は受け入れなければならないものもあります。

ただ悪質な相談所である場合も考えられるので、トラブルを避けるためには契約内容を細かく確認し、不明な点を残したまま入会してしまわないようにしましょう。

IBJなど信頼できる連盟に加入している相談所を選ぶ、困った場合には消費生活センターに相談するといった対処法も覚えておくことが大切です。

結婚相談所のトラブルは相談件数が増加している

国民生活センターから次のような発表がありました。

「結婚相手紹介サービスに関する相談は、2005年度からの5年間で16,663件寄せられており」

「2004年の特定商取引法改正により結婚相手紹介サービスが規制されるようになった後も、相談件数が増加傾向にある」

引用元:国民生活センター「結婚相手紹介サービスのトラブルが増加」

年間3000件ほど、つまり平均して1日に8件程度も相談が寄せられているということです。

もちろん大半の結婚相談所は信頼できるところなのですが、中には悪質なところもあります。

国民生活センターにはさまざまな相談が寄せられています。

最初からお金をだまし取ることが目的であるような悪質な相談所の被害に遭ってしまうケースもあるのです。

結婚相談所でトラブルに遭った体験談。こんなはずじゃなかった…

実際に結婚相談所で「こんなはずじゃなかった…」という体験をした人の話を見てみましょう。

ここでご紹介する事例は決してレアなケースではなく、誰にでも起こり得るものです。

ご自身が入会したつもりで、どうすれば避けられたのかを考えながらご覧ください。

  • 「必ず結婚できる」と言われて入会したのに…
  • 何でもかんでもオプション料金だった!
  • 担当が毎回変わる相談所
  • 成婚料があまりにも高すぎた
  • 面談のたびに否定されて傷付く
  • 提携サロンや写真館、本当に利用しなきゃダメ?
  • 成婚できないのは私のせい?

「必ず結婚できる」と言われて入会したのに

結婚相談所の無料カウンセリングに何となく行ってみたら、

『キャンペーン中なので、今日入会すれば初期費用を20万安くすることができます

うちに入れば必ず結婚できます!

などと魅力的なことを言われたので、その気になって入会しました。

でもその後はまともなサポートも受けられず、やっと紹介してもらえてもお見合いも一度だけで破談になることがほとんど。

結局1年経っても結婚できず、時間もお金も無駄にしてしまったように思います。

(Mさん/30代前半女性)

相談所は自分の情報も詳しく知られてしまいますし、料金も安くはありません。

そのため信頼できるところなのかどうかを慎重に見極める必要があります。

「キャンペーン中」「今なら」といった言葉には特に注意が必要です。

料金が簡単に変動してしまうところは信用しないほうがいいでしょう。

何でもかんでもオプション料金

あまりたくさんお金をかけたくないと思っていたので、比較的安いところを探していました。

そしたら入会金5万というところを見つけたので、さっそく入会。

でも『あなたにぴったりの相手を紹介』『プロフィール作成』『プロフィール写真撮影』など、とにかく何でもかんでもオプション料金になっていて…。

ちゃんと確認しなかった私も悪いので文句も言えず、結局、数十万円を払うことになってしまいました

(Mさん/30代後半女性)

細かい料金を教えてくれない、料金表を出してくれないところは信用できないと思っておいたほうがいいでしょう。

毎回担当が違う相談所はアリ?

結婚相談所は担当との相性がとても大事と聞いていました。

最初に話を聞いてくれた人が感じのいい人で『この人なら良さそう』と思って入会しました。

サイトにも一人の担当が最後まであなたをサポートと書いてあったので、安心していたんです。

でも実際に活動を始めてみると、毎回担当スタッフが変わってしまって…

最初の人に話していたことも引継ぎされていないので、嫌だと伝えていた条件の人を紹介されてしまったこともありました。

誠実さが全く感じられなくて、最初のいいイメージが完全に崩れました

紹介される男性にまで良くない印象を持ってしまうようになってしまいました。

(Sさん/30代前半女性)

担当のスタッフとの相性はとても重要で、合わないと変更をお願いする人もいるほど。

しかしスタッフが良さそうだからと入会したのに、実際は誠意を持って接してもらえないというのは大きな問題ですね。

相談所の成婚料があまりにも高すぎる

初期費用がかからないという説明があり、魅力を感じました。

しかもお見合い料も何度でも無料だと。

入会後、ふと『本当にこんなに安くて大丈夫?』と不安になってよくパンフレットを見返してみました。

すると成婚退会料として50万円も取られると書いてあったんです。

幸いクーリング・オフの期間内だったのですぐに退会しましたが、気づくことなく過ぎていたら…と思うと怖くなってしまいました。

(Tさん/30代前半男性)

料金に関してはトラブルが多いところです。

「安物買いの銭失い」と昔から言いますよね。

お得な話ほど疑ってかかるようにしましょう。

面談のたびに否定されて傷付く

今の結婚相談所を選んだのは、ホームページや相談所の内装、スタッフさんの対応など様々なところに「温かみ」を感じたからです。

でも、入会してみるとその印象は間違いだったと分かりました。

お見合い後には必ず面談があり、交際成立の有無に関わらずあの服は似合ってない」「あそこはああしないととダメ出しをされます。

交際成立後も「他の人はもっと早く真剣交際してますよ」「あなたの婚活方法は間違っている」などと言われ、メンタルはズタボロに。

そんな状態で交際が上手くいくわけもなく、お断りされてはまた怒られ…の繰り返し。

確かに自分もダメなところはあると思いますが…あんまりにもひどすぎませんか?

担当さんを変えてもらうようお願いしましたが、今は出来ないと言われ退会しようか悩んでいます。

(Hさん/30代女性)

基本的には参考にすべき仲人からのアドバイスですが、中にはこのように本人の婚活の意欲まで無くしてしまうようなものもあります。

「こっちの方がやる気が出る!」という方もいるかもしれません。

それでも、自分自身のことまで否定されたら傷付きますよね

仲人は基本的に「他人の幸せをサポートする」お仕事。

もしこんな担当が付いてしまったのなら、早めに変えて貰うか事情を説明して退会することをおすすめします。

提携サロンや写真館、本当に利用しなきゃダメ?

とにかく費用をかけずに婚活したい!と思い、初期費用が比較的安い結婚相談所に入会しました。

プロフィールの写真や服選びなどは極力自分でやろうと決めていたのですが、いざ面談してみると

ウチで提携している写真館なら、お見合いが100%成立するって言われてるんですよ」

「その髪型じゃモテません。ここのサロンでやって貰えばモテる髪型になれますよ!」

などと営業ばかりかけられてしまい…。

当然、提携先のお店は料金がかなりお高め

イメージ写真を見たりもしたのですが、「他の写真館と何が違うのか分からない」といった有り様。

本当は利用したくないけど、そこを使わないと仲人さんの対応が悪くなりそうで…どうすればいいんでしょうか?

(Rさん/20代女性)

初期費用の安さをアピールしている結婚相談所の一部ではこのような事例もあるようですね。

もし予想よりも高額な料金で勧誘されたら、「もう少し費用を抑えたいんですが、他にいいところを知りませんか?」と聞いてみましょう。

また、結婚相談所の中には初期費用の中に写真撮影代金が入っているところもあります。

一か所だけで決めてしまうのではなく、様々な相談所と比較検討するのも対策の一つですよ。

成婚できないのは私のせい?

結婚相談所に入会して数か月がたちましたが、未だにお見合いが組めていません

自分のプロフィールを見てみると、

  • 写真は相談所の事務所内で何のセッティングもなく撮ったもの
  • 自己PRは数行だけ
  • プロフィールに空き項目が多い

こんな感じで、明らかに手抜きだと思います。

これでは誰からも申し込んで貰えないし、申し込みも通りません。

仲人さんに何とかするようお願いしてみましたが、「他の会員さんはそんなこと言いませんよ」「もう少し条件を緩めてみては?」とだけ言われ、その後の対応も無し。

相手の条件について言われましたが、地域と年代を大まかに設定しているだけで他の人よりかなり緩いと思います。

本当に私のせいでお見合いが成立しないんでしょうか?

(Tさん/30代男性)

結婚相談所に関するトラブルで多く聞かれるのが、仲人の対応が雑というもの。

結婚相談所にとって、本来会員さんはとても大事な存在であり、いかにサポートするかが肝になってきます。

ただ、会員数の多さだけを売りにしているところでは必然的にスタッフの数が足りず、このような対応になる場合もあるのが現実。

「お見合いが成立しない」「仮交際に進めない」「真剣交際を断られる」このような時に何もしてくれない結婚相談所だと、このまま活動し続ける意味はあるの?と思ってしまいますよね。

トラブルを未然に防ぐために。知っておきたい5つのポイント

ご紹介したようなトラブルに遭わないためには、しっかりと知識を持っておくことが大切です。

結婚相談所を選ぶ前に、事前に頭に入れておきたいポイント5つを解説します。

  1. 「今日」入らせようとする所に要注意
  2. クーリング・オフ制度について知っておく
  3. オプション料金はしっかり確認
  4. 迷ったら連盟・団体所属の相談所へ
  5. 改善されない場合は消費者生活センターへ

1.「今日」入らせようとする所に要注意

「今日入会してもらえればお得」などという誘い文句には応じないようにしましょう。

こういった誘い方は、他の結婚相談所に流れてしまう前に入会させることが目的です。

決断を急がせることで他と比較したり細かい点まで確認させたりしないようにしているのです。

さらに「お得」をアピールするのはサービス自体に自信がない証拠。

慌てて入会するのは避けるべきです。

婚活は長期戦なので、今日入会したからといって相手が見つかるということはありませんよね。

大手なら日々新規の会員がたくさん入会してくるため、今日明日で何かが大きく変わるわけではなく、こういった誘い方はしてこないはず。

「今日紹介できる」と勧誘してくる相談所は怪しいと頭に入れておき、心を動かされることのないようにしましょう。

「無料」を誘い文句に強引な勧誘を受けないよう気をつけてくださいね。

2.クーリング・オフ制度について知っておく

入会してしまったからもう何もできないというわけではなく、消費者は「特定商取引法」という法律で守られています

結婚相談所の入会に対するクーリング・オフ期間は次の通りです。

特定継続的役務提供(エステティック、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービス):8日間

引用元:国民生活センター「クーリング・オフ」

申し込みをしてから8日間以内であれば、無条件で申し込みを撤回し支払ったお金も返してもらうことができます。

自分では難しい場合は消費生活センターに相談するのが確実です。

相談員がクーリング・オフの手続きを手伝ってくれることもありますので、早めに相談してみましょう。

3.オプション料金はしっかり確認

結婚相談所の料金体系は細かくて分かりにくいことも多いのが現実です。

「何となく理解したつもり」で入会してしまうことは避けましょう。

特にオプションについては明記されていない場合もあるので、パンフレットや相談所のサイトで細かいところまでしっかり読み込んでおくことが大切です。

注釈で「ただし、○○は別途オプション料金」のように小さく書かれている場合など、自分で全てを把握することは難しいですよね。

お見合い同行など、オプションになりそうなものは細かいところまで料金が発生するのか、いくらなのかを事前に聞いておきましょう。

オプションが悪いわけではなく、ある程度は早く成婚にたどり着くために必要な場合もあるでしょう。

料金を払うことに納得ができないまま進めてしまうことがないようにすることが大切です。

「このオプションはつけたほうがいい」「これは必要ない」とはっきりアドバイスをしてくれるようなスタッフがいるところは信頼できますね。

4.迷ったら連盟・団体所属の相談所へ

結婚相談所は全国にたくさん存在しますが、多くが連盟や団体に所属しています

主な連盟はIBJ、BIU、JBAなどで、会員数も4万人を超えるほど多いため満足のいく婚活を進められることが特徴です。

さらに結婚相談所のオーナーに対する研修制度など、質の向上にも力を入れています。

相談所の活動内容に関して連盟に相談をすることもでき、トラブルを避けるためにも連盟所属の相談所を利用すれば安心です。

連盟所属を掲げている相談所には、質の良い会員も集まってきやすくなります。

複数に加盟している相談所もあるので、相談所選びの一つの基準として考えに入れるのもおすすめです。

5.改善されない場合は消費者生活センターへ

「話が違う」「ちゃんと対応してくれない」など不満な点を相談所のスタッフに訴えて、改善を求めても応じてもらえない、あるいは契約に関して疑問を感じる点がある場合は消費生活センターに相談するのも一つの手段です。

最寄りの消費生活センターがわからない時は、全国共通の「消費者ホットライン」に電話すれば、近くの窓口を案内してくれます。

悪質な場合はすぐに対応してくれることもあります。

ただ、多くの場合は契約前の説明不足で改善は望めないことも。

それを避けるためにはあなた自身が細かいところまで確認しておくことです。

結婚相談所に入会すれば「必ず結婚できる!」と希望を持ってしまいがちですが、実際はそんな保証はどこにもありません。

「成婚率〇%」「理想の相手が見つかる!」といったうたい文句に乗せられて安易に契約してしまうことなく、必ず冷静に契約内容を確認しましょう

おまけ:結婚相談所のカウンセリングで確認しておくべきことまとめ

最後に、これまでのトラブル対策と合わせて「結婚相談所の入会時やカウンセリングで確認しておくべきこと」をまとめます。

【確認しておくべきこと】

  • 結婚相談所と提携しているお店の有無、内容
  • 担当の仲人とはいつでも面談できるのか
  • 初期費用の内訳(内容が明示されているか)
  • オプションの有無とその中身

【聞いておきたいこと】

  • カウンセリングしてくれたスタッフと同じスタッフが担当に付くのか?
  • もしもの時の返金保証はあるか、また保証制度があっても返金されない例は?
  • プロフィール改善や、婚活に関する相談などのサービスを受けられるか?
  • もしも合わないと感じたら、担当を変えられる?
  • 中途解約などのシステムがしっかりしているか?

これらの事項は、しっかりしているところなら聞かなくても説明してくれることがほとんどです。

入会時の面談では、なかなか突っ込んだ話は聞きづらいですよね。

ただ、結婚相談所に入るというのはかなりの金額を相手に支払う、いわば人生の決断の一つ

気になることがあれば、勇気を出して聞いてみるようにしましょう。

まとめ:事前にトラブルを防ぐために、アンテナはしっかり張っておこう

このページでは結婚相談所の利用に関するトラブルの事例や、トラブルを未然に防ぐために知っておきたいことを詳しくご紹介しました。

結婚相談所は利用すれば必ず結婚できるという保証がないため、「こんなはずではなかった」と思ってしまう可能性があることは否定できないサービスです。

ただ料金やサービスについての細かな内容は、契約前にしっかりと確認して資料をもらっておくことでトラブルに発展することを避けられます。

悪質な相談所ほど「今なら」「必ず結婚できる」と甘い言葉をあなたに投げてきます。

「キューピットになってくれるはず!」と理想の結婚を夢見て舞い上がってしまうことなく、「お金がからんだ契約」「サービスの購入」であることを忘れずに冷静に信頼できる相談所なのかを見極めるようにしましょう



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事