Navel Magazine

#9【カービィのエアライド】スリックスターよりソープと侮る不埒な魔獣へ

2013/07/21 10:40 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゲーム
  • カービィのエアライド
  • 星のカービィ
  • アニメカービィ
  • 10周年
  • ゲームキューブ
  • スリックスター


お友達と一緒に楽しく遊べる著名ゲーム勢揃いなゲームキューブのソフトの中でも
随一の遊びやすさ・奥深さを誇る……

カービィのエアライド

レースを飾るオリジナル曲はもちろんかっこよく、どこか聞いたことのある曲や、
発売当時放送していたアニメ 星のカービィのサウンドまで流れ、子ども心をくすぐってきます。

なにより左手だけでも操作できる簡単ながら独特な操作性個性豊かなエアライドマシン
勝ち負けだけではない遊び要素が友達と過ごす時間を一層楽しいものにしてくれますよね。



さて、発売からちょうど10(……ということはアニメカービィ終了からも10年)経ってなお愛され、記録更新もされ続けているこの名作。さっそく思い出してみようではありませんか。






是非マシンを選択する画面を想像してみてください。さて、どのマシンを選びましょうか?

おっとお待ちください。こっちのマシンはいかがです?可愛いでしょう?

そうでしょうとも。こちらは最強で最狂にキュートな最高のマシン……



スリックスターです。



本日はこのスリックスターの魅力を存分に感じていただきましょう……。




「スリックスター」

3つの球が本体の周りをくるくると回る、

個性的なデザインのエアライドマシン。

操作感も個性的で、普通に走るとほとんど曲がれず、

プッシュしてもツルツル滑ってしまいますが、

チャージダッシュによる独特のドリフト走行が楽しめます。


※公式ページ エアライドマシンカタログより




滑る曲がらない、いざドリフトしようとすると勢い余って180度回転しちゃう
カメラが暴走しちゃうあんまり速くない……

そんな理由で私の周りには誰もスリックスターを使う人はいませんでした。

でも当時私は思いました。
スリックスターこそ、カービィのエアライドというゲームを象徴している素晴らしいマシンだと。



カービィのエアライドの基本は


カーブがせまってきたら、プッシュして、
地面を横すべりしながらチャージをためて……チャージダッシュ! 以上。


……と、たったこれだけです。※ゲーム内や公式ページで再生できる”あそびかた”参照。


私は他レースゲームでも、ドリフトするのが好きでした。”横すべり”走法なんて私にとっては快感そのものです。

そして……

スリックスターというのは、横すべりするために存在しているようなマシンでした。

進行方向に速度を維持しながら横すべり時には壁を滑るように時には直線を縫うようにして。これまたはやいことはやいこと。

ゲームのカメラ(画面)操作が得意な私にとって、スリックスターが持つ特徴というのは利点しかありませんでした。

もはやマシンを走らせるのではなく、滑らせるのです。

スリックスターを高速で滑らせる快感……そしてその時のスリックスターの芸術性は他のマシンとは比較になりません。

ああ、スリックスターのなんと美しい事か!

おはじきを思わせるなめらかなフォルム!それにちょこんと乗るカービィ!

そのボディを文字通り弾くように加速させカメラを乱れさせながらも横にすべらせていくのです。プッシュしてすべらせていると、いやでもチャージがたまっていく!

スピードを増すごとにきゅるきゅると回転する三つの球の回転速度もぐんぐん加速。

そしてきらきらと輝き、
狂おしいまでにぎゅんぎゅんと上り詰め、

きゅんきゅんと喘ぐのです!!

下手糞なプレイヤーはたまらず暴発して果ててしまうんですって。やーねー。

はぁ、なんて愛おしい……。

ゴールした暁にはそれはもう恍惚としてしまうこと間違いなしでございます。

貴方様もスリックスター指名し、ゴールへといってしまわれてはいかがでしょう。

え、うまくいかず暴発するって?
はしたない人ですねぇ。星の戦士なら醜態をさらす前にゴールしてみなさい!


今となっては横すべり含め特殊走法なるものが確立されているらしく、スリックスターの愛らしい姿とその実力を動画で簡単に眺めることができます。いい時代になったものですね。


カービィのエアライド 公式ページ

http://www.nintendo.co.jp/ngc/gkyj/





-編集後記-

どうもたまらず暴発して果てた者です(
エアライドはカービィゲーム初のレースゲームですが、
実はワープスターに乗ってレースをするというのは、これが初ではありません。

「星のカービィ 夢の泉デラックス」というゲームのミニゲームに、
「カービィのエアグラインド」というものがあります。
線のようなレールに沿って、障害物や波などを越えてレースするというもの。
ワープスター以外の機体は選べず、コピー能力や敵も無い純粋なレースミニゲームでしたが
これがなかなか中毒性の高い、面白いゲームだったのです。

そしてゲームキューブで出た「カービィのエアライド」
実はその情報が雑誌などで出た際に、そのゲーム名が
「カービィのエアグラインド」
になっていた事がある。という"個人的な"記憶があります、
はたしてただの雑誌の記載ミスだったのか、それとも……

しかし、エアグラインドの名残はゲーム中に登場しています。
コース内に設置されている「線のようなレール」です。
これはまた個人の考えですが、エアグラインドから継承した部分なのではないでしょうか……


ちなみに編集者はウィリースクーター乗りでした。
一輪という個性があり、且つバイクのように重くなく、コーナリングが非常に効く。
チャージができない・そんなに早くない・飛行能力が乏しいという
よくよく考えるとデメリットだらけな機体ですが、
その強い個性とハンドリングの気持ちよさから、とにかく乗りまくってました。


結局、腕前が上達することはありませんでしたが……


7月21日  
筆 者:労人形
編集者:小馬谷


コメント

りぺる
No.1 (2013/07/21 19:55)
ワープスターでたいりょくをとってハイドラ並にするのが楽しかったわーww
小馬谷優介 (著者)
No.3 (2013/07/22 18:23)
>>1
シティトライアルは好きな機体を存分に強くできるのが魅力ですよね!
しかし飛ばないスクーター(ぇ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事