こまたくのブロマガ

ヘッドフォンアンプとしてのD45の実力

2013/04/27 01:45 投稿

  • タグ:
  • オーディオ
  • D45
  • AKG
  • K240MKⅡ
  • アレン&ヒース
  • Xone:62
  • ヘッドフォン
  • MacBookPro
先日スピーカーのアンプをD45からS-75に変更しました。
そこでS-75には無いD45の価値を確認してみようという企画です。

D45にはヘッドフォン端子があります。こいつの実力が非常に高いのですがスピーカーをつないでいると両方から音が出てしまうので今までは使ってなかったのです。

そこで実験。iPadmini(非圧縮)→D45→K240MKⅡというシンプルなヘッドフォンシステムを構築。



凄いです!圧倒的なドライブ能力です。これ以上何を望むの?って音を奏でています。
これはガチでオススメできますね〜
ただ欠点もあります。ボリューム調整で欲しい音量を得るのが難しい事とバランスの悪いヘッドフォンで聴いた時にイコライジング出来ないことです。音源で弄ってもいいのですがデジタルボリュームとデジタルイコライザーは音が劣化しやすいですから。

ちなみに…普段使用しているシステムはこちら



アレン&ヒースのXone:62です。世界のDJのプロ達がコレがないとプレイが出来ないといっていたとうDJミキサーです。音源はMacBook Pro。D45に比べると若干ドライブ能力が落ちる感じはありますがほとんど遜色ありません。入力数や調整も加味するとやはりこちらがメインですね。
現在はヘッドフォン戦国時代。何を選んだらいいかわからない、高いだけのボッタクリ製品も大量に存在します。わけのわからない見た目だけの製品を買うくらいなら安めのAKGと安いミキサーという選択肢もありかと。もちろん音質重視でD45という選択肢もオススメです。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事