ココノツのブロマガ

セガネット麻雀MJ R・SRビンゴの記録⑲ 2014年12月2日(火) +映画寄生獣観てきた

2014/12/02 01:00 投稿

  • タグ:
  • 麻雀
  • ココノツ
  • 寄生獣
  • MJ
■セガネット麻雀MJ R・SRビンゴの記録⑲ 2014年12月2日(火)

四麻東風S・SRビンゴカード3枚消費 24列中6列達成
内訳 金④ 金メダル3個 指定カード1枚
   虹② アバター2個

累計 四麻32枚・三麻29枚(61枚)→488列中217列達成(金128列・虹89列)
チップ40回+33000(18%)        ☝45%の達成率(;´∀`)うぐぐ・・・
金メダル42枚(19%)
ビンゴカード12枚(6%)
指定カード12枚(6%)
アバタ111枚(51%)

(´・ω・`)寄生獣を観てきました。結論から言うと原作を読んでから観たほうがいいです。
この寄生獣は、岩明均さんの漫画作品でSF漫画です。10巻完結で連載が終了してから
20年経つのですが根強いファンが多いです。
原作権をハリウッドのプロダクションがもっていたので映像化ができなかったのですが
去年契約が切れたので激しい争奪戦のすえ東宝が映画化権を獲得しました
 
 宇宙からやってきた正体不明の生物に寄生された平凡な高校生・泉新一の辿る数奇な
運命を描いてる。
 2部作となっていて1部目が2014年11月29日に公開されました。
10巻完結の作品を2部作で終わらせないといけないのでかなり詰めて展開も工夫を凝らして
制作された感じでした。なので漫画のように感情に浸る時間もなくさくさく次の展開へ
進みます。目が離せないって感じになりますので、原作を読み込んでから映画を観たほうが
展開についていきやすいと思います。原作を何故読んだほうがいいかという理由が
展開のはやさ以外に解説・補足の説明が結構省かれているところがあるのでこの作品は
原作で知識をつけた人間を対象に作られてる感じを受けました。
 長く待たされたこともあって実写で観ることが出来て本当に良かったです。配役も適任
で、ミギー役の阿部サダヲさんの無機質で冷静・冷酷な台詞回しに感激しました。
深津絵里さんの田宮良子も素晴らしかったです。元気で可愛くて綺麗ってイメージだったんですけど冷酷な役も巧くできるもんなんですねぇ。流石です(´・ω・`)b
 最後に映画には付き物のエンディングロールなのですが最後まで観たほうがいいです
2部の映像と宣伝が観れるのでエンディングロールで帰るのは少し損すると思います。
 

以上、簡単に感想を書かせていただきました。僕的には満足のいくものでした。
春に公開される予定の2部(後半)もぜひ観たいと思います。でわでわ
 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事