恋と呼ぶには気持ち悪い

ある雨の日、駅で見知らぬ女子高生に助けられた サラリーマンの天草亮は、 その女子高生が妹の親友・有馬一花だと知る。 女癖の悪い亮は一花に対し、 お礼にとキスやデートを提案するが、「気持ち悪い」と一蹴されてしまう。 だが、それは亮の中の新たな扉を開いてしまい、彼女に狂信的な恋をする。 その日以来、直球すぎるアプローチと愛情表現を毎日のように繰り広げる亮。 それをひたすら気持ち悪がる一花は彼を容赦なく罵倒するが、いつも愛情表現の裏返しとして 受け取られてしまう……。
詳細を見る

動画