ニコニコチャンネルメニュー

孤独のグルメ

再生時間
29:34
再生数
277
コメント数
43

孤独のグルメ Season7 第06話「千葉県浦安市の真っ黒な銀だらの煮付定食」

焦げてるとか? 真っ黒w またガン見してるw ゴロちゃん雨男? スプンどうした・・・ 大勝利パート2 今日も大勝利 本日1回目の勝利 オーバーキルwwwwww 勝ちすぎて困る 孤独のグルメって雨が 完全勝利 勝ちBGM 勝った これも時事...

動画を単品購入する
関連動画とまとめてパック購入できます

この動画は国内にのみ公開されています。
海外からのご購入はできません。

利用規約と視聴デバイスをご確認の上ご視聴ください。

視聴可能なデバイス
  • PC/Mac
  • iPhone・iPad・iPod Android・その他

タグ

この日の商談先は浦安にあるペットギャラリー。予定より少し早く着いてしまった井之頭五郎(松重豊)。店には誰もおらず時間を潰しがてら、あまりの可愛さに思わず手を伸ばし、小型犬を愛でていた。とその時、店長の奥田(ふかわりょう)が店に戻り、五郎は不審者の如く怪しまれてしまう。 なんとか誤解は晴れ商談は速やかに成立し、ひと仕事終え空腹になった五郎は、ランチを求めて浦安の街へ繰り出す。だが昼営業をやっていない店ばかり。そんな折、視線の先に“魚や”と書かれた食事処の看板を発見。特に“魚や”の文字に期待値があがった五郎は店内へ。 大将(日野陽仁)と女将(阿知波悟美)に出迎えられ、早速メニューに目をやると、焼き魚、煮魚、刺身、フライなどさまざまな魚定食が。さらに壁には“ご飯3杯目より有料”と書かれた張り紙を見つけ、おかわり率が尋常じゃなく高いと読んだ五郎の期待度は、さらに高まっていく。迷いに迷って五郎が選んだものとは?動画一覧はこちら第05話 watch/1525860809第07話 watch/1527232048

配信期間

2018年05月19日 00:00 から

2038年01月01日 00:00 まで