コバチのブロマガ

<EMO特別編>今週の3枚+α(2013/10/2)

2013/10/02 04:57 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • ロキノン
  • ポストロック
  • ポスト
  • ハードコア
  • シューゲイザー
  • エレクトロニカ
  • エモ
俗に言うエモと呼ばれるジャンル。

その定義は非常に曖昧で、
ハードコアやパンク、ロックなど様々なフォーマットから派生を続け、
それぞれの時代背景においても音の表現としての扱われ方が異なるように、
ほぼ聞き手の感性に依存したジャンルであろうと私は思います。
(きっと皆様によってはそれぞれの主義・主張はあるでしょうが^^;)

その中でも、90S MID EMOや初期エモと称されるような、
取り分け90年代から00年代前半を中心に活躍したバンド達の音源を何枚かご紹介します。

これらのバンドの中には物によって高値取引されるような盤も多々ありますが、
なるべく現在でも入手可能な音源を選んでみます。

なお、CD/LP、国内盤/輸入盤、オリジナル盤/再発盤によって、
表記と多少リリース年が前後しますが、細かい部分はご容赦ください。


Jimmy Eat World/BLEED AMERICAN (2001)
Best Track:Sweetness(#5)



The Get Up Kids/Four Minute Mile(1997)
Best Track:Coming Clean(#1)



Mineral/EndSerenading (1999)
Best Track:ALetter(#7)



American Football/American Football(1999)
Best Track:Never Meant(#1)



Joshua/A Whole New Theory(2000)
Best Track:Just Can't Change(#2)



Sunny Day Real Estate/Diary(1998)
Best Track:Grendel(#10)



elliott/U.S. Songs(1998)
Best Track:The Conversation(#3)



The Promise Ring/30 Degrees Everywhere(1996)
Best Track:Red Paint(#2)



Jejune/R.I.P.(2000)
Best Track:Early Stars(#7)



A Last Days Of April/12 Years With LastDaysOfApril(2008)
Best Track:Playerin(#8)



Christie Front Drive/Christie Front Drive(2nd)(1996)
Best Track:Radio(#2)



Braid/Frame & Canvas(1998)
Best Track:Consolation Prize Fighter(#9)



Penfold/Amateurs And Professionals(1999)
Best Track:I'll Take You Everywhere(#3)



Rainer Maria/A Better Version Of Me(2001)
Best Track:Save My Skin(#5)



Cap'n Jazz/Analphabetapolothology(1998)
Best Track:Little League(#1)



Hey Mercedes/Do You Know Who You Are?(1996)
Best Track:What You're Up Against(#9)



Further Seems Forever/The Moon Is Down(2001)
Best Track:The Bradley(#2)



Sense Field/Building(1996)
Best Track:Leia(#4)



Starmarket/Sunday's Worst Enemy(1997)
Best Track:Endless(#14)



Texas Is The Reason/Do You Know Who You Are?(1996)
Best Track:Nickel Wound(#3)



The Appleseed Cast/Two Conversations(2003)
Best Track:Hanging Marionette(#2)









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事