ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

のっくだうん99のアレ

モーパイの映画見てきたよ

2014/02/25 03:03 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 劇場版
  • モーレツ宇宙海賊

TVスペシャルかな?



http://www.starchild.co.jp/special/mo-retsu/gekijo/

いささかレトロでノスタルジックなSFアニメ、モーレツ宇宙海賊の劇場版、abyss of hyperspace -亜空の深淵-です。若干古風ではありますが、奇抜な演出に頼らず地味ではありますが手堅い描写をの積み重ねで支持されているアニメだと思います。ストーリーの導入はこんな感じ、

折からの亜空間航路事故により顧客からの依頼を断られ手持ち無沙汰の宇宙海賊船・弁天丸。そんな中、星間運輸会社創業者にして先輩のジェニー・ドリトルからの海賊行為仕事が舞い込み弁天丸は渡りに船とばかりに快諾する。そんな中主人公加藤茉莉香は顧客の乗客員名簿に銀河パス所持者、無限彼方の名前を発見します。茉莉香は先代ゴンザエモンの受けた依頼に従い、謎の組織から追われる少年銀河彼方を無事救出、保護しますが、今度はミラ星系軍を名乗る宇宙船に追われる羽目になり…
                                (紹介文:俺)


なんというか、昔のドラえもん映画とかルパン三世のTVスペシャルみたいなノリですね。基本的にはファン向けのムービーでありますが、あまり不快感の無い展開になっていたと思います。何かの間違いで劇場に足を運んだご新規さんの中には、もしかしたら「TV版も見てみようかな」なんて考える方も居らっしゃるかもしれません。そう思わせるほどよく出来ているということです。ファンしか眼中に無いその辺のアニメの映画化と一緒にしてはいけない(戒め)



  • キャラクターについての所感

    その辺少し解説しますと、例えばTV版ではジェニー・ドリトルとリン・ラブレッタはレズカップルですが、そんな描写は一切盛り込まれていません。またグリューエル・セレニティは主人公茉莉香に慕情を抱いているような描写がなされていましたが、映画本編中は一切ナシ。我々からすれば匂わせる程度、ご新規さんなら気付かないでしょう。逆に銀河彼方と茉莉香、某王女様と銀河と言った所謂ノーマルな交遊と言いますか恋心の萌芽みたいなものがキャラクター描写のメインとなります。

    この辺りもう少し言及すると、TVから入った視聴者が「飛影はそんなこと言わない!」的な言動に走らないよう絶妙な味付けがなされており(この辺りは撮り方が本当に上手い)、主要人物に関しても、またゲストキャラの銀河きゅんにおいてもストレス無く受け入れられるキャラだと思いますその辺りは保証します。ごあんしんください。


  • シナリオに関して

    次は大まかなプロットに関してですが、ストーリーの大枠は銀河くんの持ってきた謎を軸に展開されます。この辺りも結構気を使っていて、このテの映画にありがちなとりあえず世界の危機だ!的な路線ではなく、あくまで弁天丸の通常営業スケールでのお話となります。この辺り監督が「茉莉香の成長を描きたい」とコメントしていた覚えがありますが、銀河きゅん視点で物語を描くことで我々ファンには成長を、ご新規さんには自分と同じ視点をそれぞれ提供しており、この辺りもユーザーフレンドリーならぬ視聴者フレンドリーな作品に仕上がった一因だと思います。

    特にお姉さんとして描かれる茉莉香の破壊力は素晴らしく、僕の中で鳳翔さんを抜いて結婚して欲しいキャラランキング一位に見事ランクインしました。不束者ですがよろしくお願いします(照)。

  • その他ツッコミなど

    少し細かいところでツッコミを入れると、お馴染み電子戦の描写が若干退化しているように感じられました。劇場版ということで作画リソースに結構余裕があるのは理解しますが、可愛らしさを意識するあまり映像が雑音になっている点はいただけません。現代人の、とりわけアラサーアラフォー人類のネットワークに関する知識はもっと豊かだと思います。それより下の年代に至っては言わずもがな、です。この部分が本編のほんのり本格SF志向と妙に食い違っているように見えました。

    後はまぁ、終盤出てくるメカのデザインがカッコイイのに納得が行かなかったくらいですかねぇ。「おめぇソコは風呂釜みたいなガテン系のデザインでいいんだよ!なんでイケメンにしたんだ?!言え!」みたいなw

    ちょっとお酒も入っていたので烈火の如く怒りましたね(心の中で)。



まぁそれでも全体として見ると、映画として、というか90分間のTV派生の映像作品として及第点以上の作品であることに疑いは無く、お金を払って見に行く価値は十分にあるのではないかなと思うのです。ちなみに都内ならレイトショーだとチケット取りやすい模様です。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事