映画の歩き方

90年代アニメ『モンタナ・ジョーンズ』のロケ地 探訪(2)日本編

2020/03/15 18:26 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 聖地巡礼
  • 舞台
  • 平泉
  • モンタナ・ジョーンズ
  • 旅行
  • NHK
  • 映画の歩き方
90年代『モンタナ・ジョーンズ』ロケ地 検証(日本舞台回編
日本を舞台にした第50話を、ロケ地から小道具まで検証。
ゼロ卿の言葉を借りると「弁解は罪悪」にならないものを目指します。


f:id:kiyasu:20200315175446j:plain

第一弾の反響、有難うございます。
コメント見るだけでも同じ時代を生きていた人の気持ちを共有できて、嬉しいです。


◆今回の内容
前回、本作は意外と行き先の土地を忠実に再現していることを述べました。
今回は時代考証も頑張っている!という話を、第50話を踏まえて書きます。
何故、モンタナ達は浅草に寄る描写があったのか?何故モンタナが女性に見惚れたのか?という話も。

▼第083号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アニメの歩き方®
モンタナ・ジョーンズ』ロケ地研究2 日本編
KIYASUWALKER
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■そもそもモンタナ・ジョーンズとは?(part1読んだ人は読み飛ばしてください)
物語は、世界の遺跡をめぐり、騒動の末、悪玉から財宝を守る物語というのが基本パターンである。個性的なキャラクターやメカデザインも楽しい。声優も今振り返ると、大塚明夫さん、中尾隆聖さん、岩男潤子さん、滝口順平さん・・・と、思い出すだけで幸せになれる。今も続く『忍たま乱太郎』や、実質後続番組の『飛べ!イサミ』など、NHKの夕方アニメが力を増した時期の作品。niconicoでいうと「NHKの本気」タグが猛威を振るうあたり。



宮崎駿監督が参画した『名探偵ホームズ』と同じイタリアのスタッフがいる為、キャラクターデザインが『名探偵ホームズ』そっくりであることでも有名。ちなみに、残念ながら『モンタナ・ジョーンズ』はDVDやBlu-rayなどのソフト化はされていない。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【第50話 日本へ! 嘆きの戦士・義経の財宝】
アニメシリーズの終盤にて登場した日本を舞台にした回。
共同制作のイタリアは何度も登場してきたことを考えると「ようやく」であった。
源義経の黄金の鎧兜を探す旅。
ここでは、ボストン→東京→平泉 の描写について検証していきたい。

▪️ボストンと浮世絵

▼筆者が歩いたボストンの様子(アニメの描写とは違います)
f:id:kiyasu:20200315001407j:plain

モンタナ達が暮らす、ボストンの街からスタート。
建物の形状からして、ここは「ボストン美術館」である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ボストン美術館

▼Amazon画像より


ここで留意しなければならないのが、記念すべき第一話の冒頭登場の建物である「Christian Science Publishing Society」と異なること。
https://en.wikipedia.org/wiki/Christian_Science_Publishing_Society

▼ボストン美術館の写真がないので、同じくボストンにあるマサチューセッツ大学の写真
f:id:kiyasu:20200315001413j:plain

この違いは思いの外重要。何故なら、ボストン美術館は日本の美術品に強いのだ。
アルフレッドが日本に思いを馳せるのには最適な場所。

これを踏まえると色んな事実が見えてくる。
特に、アルフレッドが眺めている浮世絵は、
実際にボストン美術館に所蔵されているものである点だ。
勝川春潮作の、浅草寺の仁王門の様子。

勝川春潮 Niômon Gate at Sensô-ji Temple in Asakusa
f:id:kiyasu:20200314231518j:plain

お気づきだろうか?
つまり、この後、主人公たちが落ち合う場所と全く同じ場所の絵である

さらに、着物の女性に対して男が一人見とれていると言うことは・・・?
これって、この後のモンタナが同じ行動をするでしょ?

だからこそ、モンタナたちは、
直接中尊寺へ向かわず、日本の東京・浅草の仁王門前に集合する演出がなされたと考えられないだろうか?
こだわり抜いている!
それぞれの演出について本を書きたいくらいだ。
(ちなみにこの絵もアニメでは獣人化されている。鼻が丸い)


東京銀座4丁目
服部時計店が登場。現在で言うと和光。
このブロマガではゴジラシリーズを始め、沢山の検証で登場している。
1932年 6月10日、二代目時計塔竣工。1930年代という舞台に合っている

f:id:kiyasu:20200315175811j:plain


隅田川
一瞬映るだけだが、
両国橋→ 蔵前橋→厩橋→駒形橋
だと思われる。

驚いたのは、橋の形や、地形にも意外とこだわっていること。
道の形状も、特徴を捉えている。一部、1930年代の橋とは違う形のものがありそうだが、これだけ拘れば十分だろう。

▼この写真はアニメと逆向き
f:id:kiyasu:20200315172718j:plain

吾妻橋
ゼロ卿が停泊したのは、形状からしても、おそらく吾妻橋という設定だろう。
この橋は、浅草寺に最も近い橋である。

f:id:kiyasu:20200315172726j:plain

吾妻橋と考える理由は、何と言っても、照明が現代と吾妻橋と同じ形をしている為だ。
1930年代の吾妻橋は、ちょうど現在の形状に切り替わった頃である。

▼この形の照明
f:id:kiyasu:20200315172722j:plain

▼最近色合いが変わったので、ちょっと前まではこれでしたよ、と言う図。『男はつらいよ』で満男が待ち合わせてしていた図からも確認できる。


浅草寺俯瞰
有名な雷門は関東大震災で消失中。
なので、カメラに映さないのは視聴者を混乱させない上で正しい

f:id:kiyasu:20200315172744j:plain

同じく五重塔を映さないのも、視聴者を混乱させないという点では正しい。当時は、宝蔵門からみて西ではなく東にあった。ただ、モンタナが「失礼」と言った場面の奥にあるのが、歴史上とは違う位置にある五重塔に見えなくもない。

f:id:kiyasu:20200315172739j:plain
仁王門
仁王門(宝蔵門)。事前にアルフレッドが眺める浮世絵で登場していた場所だ。
これは、映画と同じ角度を再現できる。
f:id:kiyasu:20200315172736j:plain

アニメでは団子屋があったあたり。
f:id:kiyasu:20200315172733j:plain

なお、筆者も30年代ジャストの資料を見たことがないので勘違いかもしれないが、浅草寺本堂の周りの灯篭・木・露店は、ふた昔前の明治時代の浅草の写真にそっくりである。

浅草を出立
一旦、中尊寺と逆の南へ飛んだのですかね?
f:id:kiyasu:20200315172714j:plain


中尊寺近くの川
モンタナが停泊した川。どの川かは不明だが、近辺には川がある。
写真は中尊寺から眺めた川。

f:id:kiyasu:20200314225139j:plain


中尊寺の坂

注目すべきは、アニメであった竹の柵があること。
f:id:kiyasu:20200314225136j:plain

さらには、石垣もある。
f:id:kiyasu:20200314225140j:plain

二つ合わせるとこのような形で、モンタナたちが歩いた道が、再現できます。
(写真は柵を越えずにうまく撮影できる場所です。念のため)
f:id:kiyasu:20200314225143j:plain

ここで、見習い小僧の九郎(と言う漢字で良いのかな?)が杉の木の枝の上にいた。
ただ、これは高すぎる!これほどまでに高い枝に登り、かつ、飛び降りられるとは思えない(汗)
f:id:kiyasu:20200314225133j:plain

九郎が「先行ってくる」と駆け上がった場所で最も近しい場所はここ。
石垣と竹の柵があり、かつ、上向きの坂になっている。

f:id:kiyasu:20200314225128j:plain

中尊寺
金色堂と勘違いされやすいが、これが「中尊寺」である。
アニメとほぼ同じ角度で撮影。まさにそのまま。

f:id:kiyasu:20200314225148j:plain

アニメで横に映っていた建物はなんだろうと思っていたのですが、売店でした。
f:id:kiyasu:20200314225129j:plain

和尚と話したのはこの辺りかもしれない。が、綺麗には一致しない。
f:id:kiyasu:20200314225126j:plain

アニメの背景にあった紅葉は存在します!
f:id:kiyasu:20200314225114j:plain

金色堂
こちらも、アニメと同じ雰囲気。坂、木、お堂の位置がそのまま。
f:id:kiyasu:20200314225122j:plain

現在は移築されている、当時のお堂はこちら。
アニメだと建物が現在より縦長だったのは、史実に合わせているからかもしれない。
f:id:kiyasu:20200314225119j:plain

金色堂の中の写真は撮影できないので、Amazonの本の表紙を載せます。
柱はアニメほど高くないものの、模様は忠実でした。
鳥の模様もそのまま。




最後に
時たま字幕で出る「1930年代」という設定。
これは元ネタの『インディ・ジョーンズ』に準拠していると思われる。
つまり、モンタナの世界では目立たないが、ナチスがいる世界でもあるのだ。そういう世界情勢を踏まえてみると興味深い。
モンタナが訪れたのが、日本が国連を脱退した前だったのか後だったのか。。。

どんな情勢であれ、お団子含めて日本を満喫してくれたことを祈る。

▼現在、浅草ではお団子を扱う店は少ない。。。

f:id:kiyasu:20200315172742j:plain



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

[このブロマガは?]
チュニジア、ヨルダン、イスラエル、トルコ、マレーシア、中国…
映画のロケ地を中心に廻ってきた旅行について紹介する。

大体、毎週土曜〜月曜のどこかで更新したいと思っていますが・・・。

f:id:kiyasu:20160502130834j:plain

これからロケ地へ行く人の何かしら有益な情報になっていただければ嬉しい。
行かない人も、映画をテーマにした旅の雰囲気を楽しんでいただければと思う。



★ロケ地旅行記シリーズ一覧★

■特選
オススメ5選!リンク集
1. スターウォーズ(完全版)
2. シェルブールの雨傘(中編)
3. ローマの休日(完全版)
4. 尾道三部作・新三部作(さびしんぼう・ふたり編)
5. 去年マリエンバードで

▼スターウォーズ ルークの家
f:id:kiyasu:20150413230524p:plain

最高アクセス5選!リンク集
壱. きっと、うまくいく 編(中編)
弐. ローマの休日(完全版)
参. スターウォーズ(完全版)
肆. バケモノの子(仮編)
伍.『スター・ウォーズ フォースの覚醒』初回上映をアメリカまで観に行ってきた!

▼きっとうまくいく編 ラダック地方で口論する橋
f:id:kiyasu:20150516025141p:plain

地域別 リンク集
▼ヨーロッパ
サウンド・オブ・ミュージック 前編 中編 後編(オーストリア:ザルツブルグ)
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離編 前編 中編 後編(オーストリア:ウィーン)
去年マリエンバードで編 本編(ドイツ: ミュンヘン)
ラン・ローラ・ラン編 前編 中編 後編(ドイツ:ベルリン等)
ミッション:インポッシブル編 完全版(チェコ: プラハ)
アメリ編 前編 後編(フランス:パリ等)
シェルブールの雨傘編 完全版(フランス:シェルブール等)
ローマの休日編 完全版(イタリア:ローマ)

▼中東
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル編 本編(UAEドバイ:ブルジュ・ハリファ)
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦編 完全版(ヨルダン: ペトラ等)
007/ロシアより愛をこめて編 本編(トルコ: イスタンブール)

▼アジア
スラムドッグ$ミリオネア編 前編 後編(インド:アーグラ)
支那の夜編 本編 (中国: 上海)
きっと、うまくいく 編 前編 中編 後編(インド: ラダック地方)
インファナルアフェア編 with 恋する惑星 本編(中国:香港等)

▼北米

猿の惑星 1968年版編 本編(アメリカ:ロサンゼルス ハリウッド)
プリティ・ウーマン編 本編(アメリカ:ロサンゼルス ハリウッド)
バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2 ビフのカジノ編 本編(アメリカ:ラスベガス)
グッド・ウィル・ハンティング編 本編(アメリカ: ボストン)
フォレスト・ガンプ/一期一会編 本編(アメリカ: ワシントンD.C)
キングコング編 本編(アメリカ: ニューヨーク)
ロッキー編 前編 後編(アメリカ:フィラデルフィア)

▼アフリカ
スターウォーズ編 完全版 補足編(チュニジア:トズールなど)

▼日本

幕末太陽傳/幕末太陽伝 本編(日本:品川)
東京物語 本編 (日本:堀切など)
コクリコ坂から with愛染かつら編 前編 後編(日本: 横浜)
野良犬編 本編(日本 : 上野+?)
椿三十郎編 本編(日本: 御殿場 厳島神社)
七人の侍 編 前編 後編(日本: 伊豆など)
海街diary with スラムダンク編 前編 後編(日本: 鎌倉)
バケモノの子編 仮編(日本: 渋谷)
男はつらいよ編 前編 後編(日本:柴又)
菊次郎の夏編 前編 中編 後編(日本: 浅草)
尾道三部作&新三部作編 前編(日本: 尾道)

■その他

▼番外編
映画マニア向けのNetflix?『MUBI』を使ってみた!本編
侍映画マニアのインド人に教えて貰った!おすすめインド映画4本
本編 NEW
僕とアフガニスタン難民の旅 本編
ロケ地探訪シリーズ動画 解説(2) 本編
ロケ地探訪シリーズ動画 解説(1) 本編

▼スターウォーズ
全128ルートに進化!『スターツアーズ』まとめ 本編
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』初回上映をハリウッドまで観に行ってきた!本編

姉妹編。ディズニー全作品?ロケ地探訪
f:id:kiyasu:20200310194908j:plain

姉妹編の黒澤明全作品ロケ地探訪はこちら
f:id:kiyasu:20200127004028j:plain

ゴジラ全作品ロケ地探訪はこちら
f:id:kiyasu:20200209123244p:plain

スターウォーズはこちら
f:id:kiyasu:20200209152916j:plain

NEW 北野武全作品はこちら
f:id:kiyasu:20200308233219j:plain

■著者紹介
KIYASUWALKER(きやすうぉーかー)
好きな映画は、ナチス前のドイツ映画、戦後の日本映画、そして、スターウォーズ。
問い合わせは、コメント欄か、twitterで@kiyasuまで。f:id:kiyasu:20160224222531p:plain

◆宣伝
twitter若しくはブロマガで紹介したら、一覧に載せます。
少しずつ更新となると思うので、フォローやリクエストいただけると嬉しいです。コンテンツを楽しむ一助になれば。

f:id:kiyasu:20200311003849j:plain


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事