今日もキノコ日和

その66:夏虫草カーニバル(1日目)

2017/08/30 23:28 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ガガンボ(東方手描き作者)
  • キノコ
  • 冬虫夏草
  • 虫草祭
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
≪注意≫
このブロマガはキノコ屋見習いの観察をまとめたものです。実際の同定に利用できるものではありません。
記事内容に訂正・補足がある場合はコメント等でご指摘いただければ幸いです。
なおキノコの正確な判別は経験者でも間違えるほど難しいものです。慣れない内はベテランの方に付き添って
もらうなどして、素人判断での採取・喫食は行わないでください。死にます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 8月某日。この日は年に一度行われる日本冬虫夏草の会の合同観察会、「虫草祭」の日です。昨年は現地へ行くまでに色々とありましたが、今年は実にスムーズなものでした。

 夜行バスに揺られて東京駅へたどり着いた私は一つノビをしてから新幹線の乗車口へ向かいました。今までイベントなどで東京まで出てくることは何度もありましたが、そこからさらに遠出するのは初めてのことではないでしょうか。コンビニで買ったサンドイッチを食べながら新幹線で3時間。ようやっと山形駅に到着しました。


 東北新幹線には初めて乗りました。途中の駅で切り離したりとか、これ普通の線路じゃないの?って所を走ってたりとかでけっこう新鮮。

 そう、今回の虫草祭開催地は山形なのです! なのですっつって前に一回書いてたと思いますけど。今思い返してもやはり遠いですね。でも広島から車で参加してる人もいらっしゃいますし、要は気合いの問題ですよ。気合いと、あと交通費と時間と体力の問題。問題多いな。

 しかも山形駅についてからがまた遠い。早めの昼食を食べた後に予約していた駅前のレンタカーを借り(ハイシーズン料金)、2時間かけて目的地に向かいます。自前の東方ボーカルCDをガンガンにかけながら、途中で気分良くなって歌ったり、自分の歌声に気分悪くなって黙ったりしつつ、13時ころに現地へ到着。受け付けは14時からで総会開始は15時なので予定通りの時間です。普段は行き当たりばったりで動く私でもさすがに今回は綿密に計画立ててます。



 会費や宿泊費を支払って受付を済ませるとお土産をいただきました。正真正銘本物の冬虫夏草酒です。いわゆる広義の意味での「冬虫夏草」ではなく、本来の意味であるシネンシストウチュウカソウ(=オフィオコルジセプス・シネンシス)が入っています。今の相場はわかりませんが、これって結構お高いんじゃないの?

 またシネンシストウチュウカソウ以外にも色々漢方が入っているそうです。こいつはすげえ、と思う反面、下戸な私は扱いに困ったりもしました。ためしに一度ふたを開けて臭いを嗅いでみたらいかにも土臭いというか根っこの臭い? みたいな漢方っぽい感じでした。寝る前にちょびちょび舐めてみます。

 


 さて受付も済ませて荷物も部屋に置いて一段落つきました。そしてさっそくの手持無沙汰です。いつもなら一緒に参加しているosoさんやどろんこさんと適当にだべっているところですが、何と今回の私はソロ参加。岡山の私が来ているのに中部地方の人間がいったい何をやっているのでしょうか。予算やスケジュールの兼ね合いで参加を見送るとか大人のすることかよ!
 大人のすることですね。

 それはともかく総会が始まるまでの小一時間を何とか乗り切らねばなりません。しかし周囲の捜索に出るにも部屋で一眠りするにも微妙な時間。かといってあまり面識のない人と会話を弾ませられるほどのコミュ力は持ってない。いい年こいて人見知りする性質なんです。


 仕方がないから受付の周りに置いてあった標本とか関連書籍を読んで過ごしました。書籍の方は海外の文献や古い図鑑など私も持っていないものがたくさんあったので余裕で時間を潰せました。書店で2時間かけて一冊を立ち読みして最終的にその本を買って帰ったことがある私にしてみれば造作もないことです。

 また途中から別の知り合いのAさん(2016年に八丈島に行ったメンバーの一人)とも合流。知ってる人がいた! 最近の成果などを交えつつ話していたら総会の時間となりました。

 総会では収支報告や次回の虫草祭の予定などを話し、それが終わるとゲスト講師による講演が行われました。講演ではアーバスキュラー菌根に関する研究や最新の分類研究などについての話を聞くことができ、とても勉強になりました。ただ途中から長旅の疲れが出てきたのか、がっくんがっくん舟をこぎ始めてしまったのでもっと後ろの席に座ればよかったなぁと思いました。

 総会が終わると懇親会、という名の宴会です。毎回参加者がお土産を持ち寄ったりしてやんややんやと騒がしくなります。ここで私はブロマガのコメントでもお世話になってるるねこさんと合流。虫草の話を肴にすき焼きを食べました。

 さらにるねこさんにはかつて私が惨敗したカンピレームシタケを掘り出したという方を紹介していただきました。ラスボス倒すとか勇者じゃん、この人。しかしその方をしても「ギロチンせずに採取するのに3年かかった」という話でした。じゃあ私は何年かかるんだ……。
 それでもいくつか採取のコツを教えていただいたので話を聞き終わる頃には、

「カンピレーとか一生勝てないわ。分相応に這いつくばって生きよう……」から
「次はもうちょっと善戦できるかも。勇気を出して這いつくばって生きよう!」という

 ポジティブな考えになりました。人って変われるものですね。

 そうして宴も盛り上がってきたところで、私はきょろきょろと周囲を見回していました。今更キョロ充発動したわけではなく、人を探しているのです。というのも今回の虫草祭にはこれまたいつもブロマガにコメントをくださっている錦田さんが初参加されているはずなのです。私自身虫草祭に誘った手前、ぜひ会っておかねばということでこの日は半分は錦田さんに会いに来たようなものでもありました。

 ただここで問題が一つ。
 私、錦田さんの本名知らないんですよね。
 まさか本名で活動してるとかはないだろうし、実際参加者名簿にそんな名前は載ってませんでした。そうだ、確か宮城出身って言っていたな。名簿には出身県までは書いてあるからこれを頼りに――、結構いるね、宮城から来てる人

 ということで完全に手詰まりになった私はそれっぽい人いないかとテキトーに参加者を眺めていました。まあ翌日のフィールドワークまでには理事の人に確認して宮城出身で初参加の人を教えてもらえば絞り込めるっしょ、とか思っていると何やらおしゃれなシャツを着こなす青年に話しかけられました。

 このタイミングで私に話しかける辺り多分そうだろうなぁとは思ってましたが、やっぱりこの人が錦田さんでした。しかし向こうも私の本名は知らないでしょうにどうやって探り当てたのだろうかとその日は訝しんだものでした。多分上記の出身県かな。岡山から来てるの私くらいだったと思うし。

私「いやー、ツイッターとか拝見してますけど見事な収穫ですね」
錦「いえいえ、ガガンボさんもすごいじゃないですか、カンピレー」

 でしょう?(ドヤ顔)
 ぶっちゃけた話、あのタイミングでブロマガまとめたのって虫草祭当日までにカンピレームシタケの報告入れときたかったからなんですよね。今回の虫草祭はこれ一本で乗り切るくらいのつもりでした。ここら辺はいつも仲間内で行っている収穫報告という名の殴り合いによる弊害な気がします。弱い人間は武器を持たねば人前に立てないものなのです。

 錦田さんと無事お話ができた後はAさんが冬虫夏草Tシャツの注文を受け付けていたので申し込んだり、みんなが持ち寄ったお土産配布でトトロのハンドタオルもらったりしました。懇親会が終わると個人の活動報告などを行う二次会が開かれ、西表島の虫草や謎のメタリジウム属など興味深いお話を聞くことができました。二次会は自由参加なのでほどほどのところで切り上げようと思っていましたが、結局最後までいましたね。最後の方は半分睡眠学習になってた気もしますけど。明日に備えて睡眠は大事なことです。

コメント

sasya
No.2 (2017/08/31 17:47)
楽しく読ませてもらってますよw
kameta
No.3 (2017/08/31 17:55)
むしろ何でガンガン増さないのかと小一時間
錦田
No.4 (2017/09/01 06:54)
遠路はるばるお疲れ様でした。

元々某イベントで一方的に人相を把握しており、名簿に岡山ともありましたが、なお自信を持てず。
懇親会でAさんとご一緒した際、あの人だよと教えて頂き、確証を得て話しかけました。
初対面の人に「ガガンボさんですか」と聞くのは勇気がいるものです・・・w

カンピレーのコツ、いいですね。成功報告が楽しみです。
私もまずは探すことから頑張ります。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事