今日もキノコ日和

その52:追培養成功(?)

2017/03/22 02:00 投稿

コメント:11

  • タグ:
  • ガガンボ(東方手描き作者)
  • キノコ
  • 冬虫夏草
  • タンポタケ
  • 追培養

 先日行ったキノコ狩り(記事その51を参照)にて採取したタンポタケ。すぐに胞子が見れたハナヤスリと違い、採取した二個体とも未成熟だったため追培養にかけていました。

※追培養というのは簡単に言えばつぼみの段階の花を持ち帰って、咲くまで植木鉢に入れてるような感じです。細かい説明は記事:その23にて。


 やり始めた当初はこまごま様子を見ていたこいつをしばらく完全に忘れてたんですよね。机の端に置いてたんですけど、春イベントの原稿に忙しくて。その原稿もようやっと一段落着いたんで、ああそういえば追培養してたっけと思い、タッパーの中を覗いてみました。

 あ、やっべぇカビてるわ。




 わざわざ確認するまでもなく、白い菌糸が見えました。見る限り宿主(寄生されてる方)のツチダンゴから発生しているようで、本体のタンポタケはまだ無事のよう。もしかしてこれってタンポタケの菌糸なのでは? と楽観的な考えも浮かびましたが、タンポタケは宿主の周りを菌糸で覆うタイプではないのでまず違うでしょう。そもそも雰囲気が違いすぎる。

 あー、これはコンタミってしまったかと思いつつ、一縷の望みをかけて結実部(先端の丸いとこ。胞子を作る)をルーペで観察すると。





成熟してんじゃん!
 採取時はのっぺりとしていた表面も子嚢殻(胞子を作る器官)が膨らみはっきりとわかるようになっています。何より表面についた糸くずのような白いもの、これはタンポタケの胞子です。ペンライトで光を当てながら見ると、空中に舞う埃のようにちらちらと光を反射して、放出されているのもわかりました。

 よっしゃー! ということでスライドグラスを設置して小一時間ほど放置……するつもりで仮眠して4時間ほど経ちました。果たして胞子は?



 たっぷり取れました。これで40倍の画像。この一本一本が子嚢胞子と呼ばれるもので、胞子一粒一粒が繋がった状態です。















 
100倍
 














200倍
















400倍。

 う~む。無事に胞子を見れたのはいいのですが、どうにもぼやけてますね。ピントをいじってもこれ以上鮮明にならない。こんな時は染色してみましょう。以前青fungiさんと京都の観察をご一緒した時に、いただいたフロキシンを試してみます。
















100倍















200倍















400倍

 こいつはすごい。見違えるようにくっきりはっきり見えます。紡錘型をしたタンポタケの胞子の特徴がよくわかりますね。ちなみにもう一つの個体(色の淡い方)からも同じように胞子を採取し、観察を行うことができました。こちらは先の個体ほど胞子の量がなく、結実の色にもムラがあることから、全体が均一に成熟していないように思われます。

 なんにせよ、こうなったらあとは乾燥させて標本にするだけだし、湧いたカビもクリーニングで洗い落してしまえばいいでしょう。今まで何度か挑戦してきた追培養、初の成功です!





成功です。

コメント

カートン箱
No.9 (2017/03/22 17:11)
>>3
研究室で糸状菌扱ってますけど、レンチンくらいだとやつら死なないんですよね。濾過してオートクレーブかけた後の液体培養液でも、ほっとくと菌糸が再度生育して滅菌しなおしになったりorz
土壌のレンチンだと、水分量にムラがあるので余計加熱滅菌されづらいのかも。
圧力鍋で蒸したら滅菌効率がよさそう…などと考えてしまいました。
ガガンボ (著者)
No.10 (2017/03/22 18:04)
>>m@saさん
簡単なものなら乾燥剤と一緒にタッパーに入れておくだけで十分です。ただこの方法だと時間がかかったり、内部にいる虫が死なずに残る可能性があります。他に一般的なのだと温風乾燥があります。布団乾燥機を利用したりファンヒーターの熱と風を使って乾燥させます。私が行っているのは乾燥剤と一緒にタッパーに入れて冷凍庫に突っ込むフリーズドライです。比較的早く乾燥できるし、虫なども殺せます。あとは標本ケースに入れて湿度に気を付けて保管すれば完了です。乾燥標本以外にも液浸標本がありますが、こちらはやったことないので詳しくないです。
ただどの方法を使ってもしなびたり色が抜けてしまうのは避けられませんね……。キノコの種類によっては見るも無残に縮むものとかもいます。こればかりは悲しいところですが仕方ありません。生の時にしっかり目に焼き付けて、写真などで記録しておきましょう。

>>カートン箱さん
実は... 全文表示
アマニタ!
No.11 (2017/03/22 18:39)
これはまた別の話になるんですがosoさんの動画についてですけど・・・キン○○は次から言わないようにねw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事