霊地王生路のブロマガ

文化保存に関する基礎知識 商品価値との関連

2019/02/15 16:58 投稿

  • タグ:
  • 任天堂
  • バーチャルコンソール
  • ゲームアーカイブス
  • Jコミ
  • アリスソフト
  • 割れ厨
  • 文化保存
  • 漫画図書館Z
  • 著作権
  • 漫画

バーチャルコンソールなどのDL販売や、Jコミなどの電子書籍が浸透する前の頃は、主に旧作が割れのターゲットにされていた
あの当時、株主やユーザーに需要・流通面、文化保存面の信用をゲームメーカーは疑われてしまうことによって、企業価値・商品価値を毀損されてしまった。

世代が進んだことによる型落ちも理由ではあるが、バーチャルコンソール・ゲームアーカイブスが大幅に安く、アリスソフトフリー配布やJコミが無料なのはそれも理由の一因な側面もあると言える。

もっと早く需要側が求める「保存・流通」面を改善していれば避けられた悲劇。
能動的に保存面や流通面を改善する事を求めていたのは、生路自身も加わっていた逃した魚を諦める事をしなかった側。
つまり…この件に関しての任天堂やアリスソフトに対する加害者は、「文化保存・流通面の改善の嘆願」を軽々しく介入していると捉えるような人達か、それを望みもせず我慢した人達。


つまり、実はあの当時、ゲームメーカーに迷惑をかけていたのは割れ厨だけではなかった。
激安や無料にさぜるを得ない程、企業価値・商品価値を毀損した要因は……

本当…あの当時の任天堂や漫画業界やアリスソフトに対する最大の加害者は、逃した魚を諦める・いつかまた相まみえるかもしれないとその時まで我慢した人達の方だよッ…!!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事