いつか君だけの優しい世界。

このブロマガを共有

メール配信: あり

このブロマガについて

自分の根っこはどこにあるのか。 世界へ旅に出ても見つからない。 取り入れた所に帰るしかない。 気づきにくいだけでそこにあるかも?

著者情報

不可視亭芋鶴