ブロマガ唯一のシーシャブログ(多分)byキルロイ

アルワハ(⌒∇⌒)ざくろフレーバー(野々村竜太郎議員に対する不信)

2014/07/04 01:37 投稿

  • タグ:
  • 水たばこ
  • 時事ネタ



 ザクロは一度だけ、アメリカ産のものを食べたことがあるのですが、甘酸っぱさこそあれどことなく薬っぽいエグみがあって、好きにはなれなかったです。
 ただ、水タバコの中でザクロのフレーバーはわりとポピュラーなようで、いろんなブランドからリリースされているようです。
 今回入手したので早速吸ってみたのですが……あれ、この味、どこかで覚えがあるぞ……。
 何度か吸った後、少し考えた後にはっと思い出しました。



 アルファーケルのバブルガムフレーバー。これとかなり味が酷似していました。
 煙の持続時間など、細かい部分ではやはり違いはありますが、味自体はまさしくアルファーケルのバブルガム。
 なかなか興味深く吸わせてもらいました。


 時事ネタながら、取り上げさせてもらいます。兵庫県議のお話。



 絶叫ぶりを楽しみたいだけの人たちならこれだけで充分かもしれませんが、この動画だと一体なぜ彼がこうまで取り乱したのかといった経緯がわからず仕舞いなので、そこらへんもうちょっと知りたい人は、下の動画を……



 ……見てもわかんないですね、すみませんでした。
 多少憔悴している感はあっても、絶叫する前後はまるで普通に対応しているんですよね……普通に核心に迫らんとする質問をのらりくらりかわしている。
 が、突然一体何が引き金になったのか、突然こらえていたものが大爆発でもしたかのような絶叫釈明。しかし内容は、会見の本題である政務調査費とは全く関係ない事柄。自身が議員を目指した経緯をまくし立てているだけにすぎません。
 しかしひと通り叫んで気が済んだのか、その後取り乱したことに謝罪し、打って変わったようにケロリとした表情で質疑応答していく姿に、議員である前に人としての異常性を強く感じざるを得ません。

 県議というのは、人によりけれなのかもしれませんが、かなり強い立場なんですよ。少なからず、その気になれば人一人の仕事を奪うことができるくらいには。

 これは仕事を奪われた職人さんに直に聞いた話です。
 ある時、ガードマン一人を同乗させて軽トラで現場に向かっている途中、駅前のコンビニで買い物をするべく職人さんがガードマンを車内に残して路駐をしました。ところが、その路駐をしたところが、不動産屋の目の前だったのです。
 物件案内する際に、店前に車をつけられないことが許せなかったのか、それとも元から店前に車を停められることに不快感を持っていたのかはわかりません。不動産屋が店から飛んで出てきて、軽トラの中にいるガードマンに車を移動させろと怒鳴り散らしたのです。しかし車のキーは職人さんが持ちだしていたので車を動かすことができず、ガードマンはただ平謝りするばかり。
 そこに職人さんが帰ってきました。で、ガードマンに激しくくってかかる不動産屋の様子を目の当たりにしました。あまりに言葉汚く罵っているのに腹を立てた職人さんは、「そこまで言わんでええやないか」と間に入っていきました。
 そこで、軽トラの主が職人さんであることがわかった不動産屋はこう言いました。
「わかった……このことは県議の先生に言ってどうにかしてやるから、覚えてろよ……」
 その後職人さんは、所属していた会社をクビになってしまいました。それは明らかに不動産屋の働きかけによる県議の口添えのせいでした。

 そもそも職人さんが路駐しなければ避けられたトラブルだったのかもしれません。しかし路駐で仕事を失うというのも釣り合わない話です。
 しかしこのエピソードは、県議会議員という立場であってもやはり彼らは「議員先生」であって、マクロレベルの動きを操って、人の生活を左右できる立場にある人達なのだということを知るには充分すぎるくらいでした。

 で、今回の件。
 先ほどの「議員先生」パワーを授かる者として、果たしてふさわしい人物像でしょうか?
 おまけに、絶叫している内容の中で、「縁もゆかりもない西宮に来て、やっと議員担ったんです」と言っているのですが、その口ぶりからは、自分を当選させてくれた地元に恩返しをする、いい方向に報いようとする姿勢は全く感じられません。やもすれば、議員になってしまえばあとは私利私欲に走ってもかまわないとすらとれてしまいます。
 そんなこと、人の票一枚で生かされている身が言うべき言葉ではありません。取り乱していようが気が触れていようが、こんなことを言おうものならリコール必至ですよ。ていうか、自分の選挙区だったら本当にリコール活動を模索するところです。
 そういった発言に加え、冷静さと品位を著しく欠いたみっともない奇声、不正に対して厳しく追求しなければならないと言っておいて、自身が不正をおかす側となってしまったブーメランの状況下での内省・内観に乏しい言動……力ある立場にあることの自覚がないんじゃないかと疑わざるをえません。
 こんな人間が議員をやっていることが、非常に腹立たしくもあり、怖くもあり、許しがたいんですよ。
 正直「もうやめろ」以外に言葉が出ないのですが、それでも居留まって議員の任期を全うしたいのであれば、今回のことを重々に反省して、そこから自分ができることは何なのかをよく考えて行動してほしいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事