ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ブロマガ唯一のシーシャブログ(多分)byキルロイ

緑あふれるえっぐいミックス〔アルファーケル・樹液ガム&アルワハ(⌒∇⌒)・キュウリフレーバー〕(GWカブロングツーリングレポ・6日目)

2014/06/07 10:12 投稿

  • タグ:
  • 水たばこ
  • 旅行
  • カブ
  • ツーリング




 朝っぱらから、青味のどきついシーシャを吸っています。結果的にアルファーケル・マスティックガムフレーバーの在庫処理的な感じになりましたが、キュウリフレーバーの青みが手伝ってわりと美味しくいただけます。しかしシーシャマニアが求める甘味とは全く無縁の味わい。

 ずいぶん途切れてしまいましたが、GWのカブツーリングのレポートを続けていきたいと思います。



 富山の宿泊先であるビジネスホテルでサービスについてきた朝食。コメダのモーニングサービスよりも豪華です。特に野菜があるのがでかい。つってもエッグサラダなので、量はそれほどでもないのですが、それでも食事に緑があるのはありがたい。
 この日の旅程はとにかく能登半島を北に行く感じで走って行きました。しかしそれだけでは味気ないので、ちょこちょこ寄り道をしながら。
 で、早速やってきました、富山の渡し船。



 乗り場にやってきた時、既に船はやってきてたのですが、あえて次の便に乗ることにします。30分近くあるので、その間周辺の写真を撮りまくってました。



実はここに来たのはこれで二回目だったりします。最初来た時は建設中だった橋も完成して、バスや車が往来しています。歩行者や自転車も通れるようになっているのですが、けっこう高さがあるために行き来が不便という理由からか、まだ渡し船は運行されています。



 大きな貨物船が通過できるように、橋はけっこう高いです。神戸の人工島に架かっているどの橋よりも高いですね。
 そうこうしているうちに30分が過ぎ、渡し船がやってきたので乗り込みます。





 渡し船で渡った先には、万葉線の駅があり、ちょうど電車がやってきていました。なんとドラえもん仕様です。







 こちらのトラムも、富山地鉄やライトレールに負けず劣らずの車両です。さすが富山は路面電車天国やでぇ。
 万葉線でも乗り鉄しかたったのですが、この日は日没までに能登半島の輪島へ行ってしまいたかったのでパス。港の道をうねうね走り、国道に合流してがんがん走っていきます。と、そこで雨が降り出してきました。しかも結構強かった。そのため、氷見の道の駅に避難して雨宿り。



 足湯でのんびり雨が収まるのを待っていました。
 結局この日は輪島まで降ったりやんだり。それでも止んでいるときはレインコートを脱いで波打ち際のツーリングを楽しんできましたよ。



 前来た時は台風が来てたので波が荒れがちだったのですが、この日の海は本当に穏やかでした。
 淡々と走って、和倉温泉で昼食。



 なまこのこのわた丼を食べてきました。なかなか美味しかったです。キュッと日本酒が飲みたくなる御膳定食ですが、バイクに乗ってる身なのでそれは叶わず。
 


 能登島に迂回したりしつつ、さらに穴水まで走っていきます。
 穴水駅では、のと鉄道を撮ってきました。当初は能登半島の北と東に路線があったのですが、次々に廃止されて、今では和倉温泉~穴水の短い区間しか走っていません。









 地方出身の永井豪仕様や、「花咲くいろは」のラッピング列車もあるんですが、個人的にはパノラマカーがすごく気になりました。



 これ、このまま「ニートレイン」させておくのはもったいない気がします。今度糸魚川~直江津の区間が第三セクター化するようなんですが、いっそそこに売却すればいいのに……とか思うんですが、そこんところどうなんでしょうか。
 ひととおり写真を撮ったところで、今度は能登半島の北東方面を走っていきます。途中雨が強くなったり晴れてきたりと天気が不安定でした。



 スローライフぼら待ちやぐら好き。





 鳥居のロケーションがきれいな須須神社。天気が良ければもっと映えるんですが、生憎の天気なので仕方ないね。
 ここらへんまでやってくると、国道沿いの町もかなりひなびた感じで、結構な辺境感があります。のんびり走るには心地いい道ですね。
 能登半島の先端にあたる狼煙という集落まで行き、そこからはまた海岸沿いの道を走っていきます。
 塩田を見学できる施設があったので、見学してきました。







 このあたりは昔塩作りが盛んだったようなのですが、今では数えるほどの事業所でしか作っていないそうです。時代の流れですかね。





 そして、千枚田。今日これを見に来たといっても過言ではありません。
 しかしここに来た時点で時間は5時近くになっていました。あんまりゆっくりもしてられません。輪島まで結構距離があるので、キリキリ走ります。ガソリンも少なくなっていたので輪島まで走りきれるかどうか不安だったのですが、そこは高燃費に定評のあるカブ、なんとか輪島のガソリンスタンドまで持ちこたえてくれました。
 この日の宿は街中のペンション。人生初のペンション……のはずだったのですが、スタッフの人に「前に泊まられてましたっけ?」と聞かれてちょっと自信がなくなってしまいました。あれ? 前来た時ここ泊まったっけか?





 周辺に飲むところがなくて、結局近くの酒屋で原酒を買い、そのまた近くに新しくオープンしていたお寿司屋さんでちらし寿司を買って、簡単に晩飯と晩酌を済ませて、この日はぐっすり眠りました。

 続く。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事