ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ブロマガ唯一のシーシャブログ(多分)byキルロイ

ローマン・サワーキス(僕がカブを選んでいるわけ)

2014/04/21 22:52 投稿

  • タグ:
  • カブ

 最近は、仕事の休憩のたびにiPhoneのアプリでツーリングマップルを見てます。今週末に迫ったツーリングのルート策定です。
 いかんせんカブでは高速が乗れないので(インドネシアだと150ccのカブがあるとかないとか)オール下道での移動になるのですが、高速では味わえない楽しみがあって病みつきになってしまいます。それがために、もうかれこれ15年近くカブでのツーリングを飽きもせずに続けてます。
 ……カブでツーリングをする一番の理由は、僕が原付の免許しか持っていないからなんですが、上り坂に弱い、そもそもエンジンのパワーが弱い、スピードを出せば法的にネズミ捕りのカモにされるなどなど、カブの難点に嫌気も差さず今なお遠くに出かけているのは、何より僕がカブを信頼しているからなのかもしれません。
 信頼している、というより「助けられている」とでもいいましょうか。
 何より、今や伝説になっている高燃費は、乗り始めた頃から今まで本当に助けられています。日雇いで食いつないでいたフリーター時代は、交通費を浮かせるのにうってつけでした。実際のツーリングでも、名古屋で置き引きに遭って手元に数百円しかなかった時、途中一度の給油で家に帰ることが出来ました。
 事故の時も、少々ばかりの修理ですぐ自分の手元に帰ってきてくれました。一度車に思いっきりぶつけられて後輪のシャフトが曲がってしまったことがあったのですが、エンジンは全くの無事で、少々ばかりのパーツの交換で3,4日後にはピンピンな姿で戻ってきてくれました。事故ばかりでなく、無茶な運転にもしっかりついて来てくれました。一度北海道へツーリングした時、マフラーが浸かってしまうほどの深い水たまりに突っ込んでも、難なく走ってくれました。
 カブといえば、人によっては「イラネ」とディスられるレッグシールドですが、あれにも助けられています。多分あれがなかったら、僕の両足はなかったかもしれません。今まで二度、路傍の深い溝にずっぽりハマってしまったことがあるのですが、一切足を怪我していません。
 あと、積載能力にも随分助けられました。引っ越しにおいても、冷蔵庫以外のものをカブ一台で運びました。ドラム缶や洗濯機をリアキャリアに乗せて運んだこともありましたが、カブは難なくやってのけてくれました。
 そういったこともあって、僕はカブを信用して堂々とツーリングに出かけています。

 僕がカブに乗りたいと思ったきっかけは、ヴィレッジヴァンガードで立ち読みしたカブのムックでした。正直乗れたらなんでもいいやと思っていた自分に、そのムックはカブの魅力をとくとくと僕に教えてくれました。堅牢性、高燃費、カスタム性などなど。その魅力を自分も体験してみたいとバイク屋に行き、購入したのが茶銀カラーのリトルカブでした。
 整備不良でオイル漏れに悩まされたりしましたが、それでも10年近くそのリトルカブに乗り続けました。今乗っている50周年記念モデルのスーパーカブは二代目になります。
 本当のところ、フューエルインジェクション化したエンジンを搭載した今のカブには不満もあったりします。一台目のリトルカブと比べて乗り心地がどうもしっくりこないんです。カブに乗っているというより、昔あったヤマハのメイトみたいな「身体がもっていかれる」ようなゼロ発進、いろいろ乗せて坂道を登るときに感じるトルクのなさ、本来のエンジンパワーを不必要にセーブしているような非力さ……。しかしそれでも今ではそろそろオドメーターも8万キロにさしかかろうとしています。なんだかんだで乗りつぶしてますね。
 FI化したエンジンで感じた利点は、猛暑でも熱ダレしないのと、寒い冬にエンジンをかけるのに苦労しないことでしょうか。気温を察知して燃料の消費をコントロールしてくれているのは実感できます。でもそのためのポンプをつけるために、それまでのガソリンタンクの設計を変えずに1リッター分を犠牲にしているのはどうにもいただけません。……それでも一回の給油で一台目のリトルカブ同等の走行距離を叩き出せているのは確かにすごいんだけど。

 今のホンダはバイクのほとんどを中国で生産しているらしいのですが、品質的な問題が多いみたいです。カブに限っても二回ほどリコール出してるみたいですし。
 そういった経緯もあるので、他人にカブを勧めにくかったりもするのですが、それでも僕は、もし三代目を購入するとしたらやっぱりカブになるんだろうなぁと思っています。でもいい加減原付免許に甘んじていないで普通二輪の免許を取るべきなんでしょうけどね('A`)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事