病弱ゲーマーは日々グラブル三昧。

グラブルの世界に浸りつつ元ネタ探検。 (1)島・地名編その4

2015/07/10 02:05 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゲーム
  • グランブルーファンタジー
  • 雑学
  • 小ネタ
  • 元ネタ
  • 神話


…最近マグナやら武器やら集めるものが多すぎて目が回っております…


どうもこんにちは。だいぶお久しぶりです。
更新しようしようと思いつつかな~りサボってしまいました(;´Д`)


今回はアウギュステ列島について書きたいと思います。

みなさんもう察してるかもしれませんが、島名アウギュステの元になっているのは
「8月」の英語表記であるAugustだと思われます。
Augustの語源は初代ローマ皇帝のアウグストゥス=Augustus
(正式名称→ガイウス=ユリウス=カエサル=オクタウィアヌス=アウグストゥス)
から取られています。本名が長い…!

このアウグストゥスがなぜ8月の語源になったかというと、この方なかなかすごい偉業を成し遂げた人物なんです。
当時のローマ帝国は様々な戦争や内乱があったそうなのですが、アウグストゥスはその様々な戦いを勝ち抜き、地中海を統一し「ローマの平和(パクス・ロマーナ)」を実現しました。
彼の皇帝としての業績は数え切れないほど多数に及び、その功績が讃えられアウグストゥスは神格化されました。

この業績の中に、暦の修正(ユリウス暦という暦を使用していたが変更した)が入っており、彼は自らの名前を8月の名称に変更しました。
これによって現在の8月の呼ばれ方が決まったわけなんですね。
ちなみにこのアウグストゥスという名前はラテン語で「尊厳ある者」という意味だそうです。

ちなみにこれは豆知識なのですが、このアウグストゥスの他にも現在のカレンダーに使われている名称には古代に神として崇められた人物の名前が使われています(1月~8月に限る)。
せっかくなので軽く紹介だけしておきます。

1月(january)=ヤヌス(出入り口の神=年の初めの意味合い) 
2月(february)=フェブルウス(慰霊祭の神?)
3月(March)=マルス(戦と農耕の神)
4月(April)=ウェヌス(=ヴィーナス、愛と美の女神)
5月(May)=マイア(豊穣の女神)
6月(June)=ユピテル(=ジュピター・天空の神)の妻ユノー(結婚生活の守護神)
↑ジューンブライドの由来
7月(July)=ユリウス・カエサル(共和制ローマ末期の政治家)


ところで、アウグストゥスについて調べていたところ意外なつながりを発見しました。
アウグストゥスは青年時代、友人らとともにあちこちに遊学していたそうなのですが、その遊学先の地名が「アポロニア」だったのです。
アポロニア…黒騎士の本名、そしてオイゲンの娘。
アウギュステでオイゲンが仲間になりますが、この時点で既に設定として繋がっていたんですね…すごいです。


さて、アウギュステの説明だけでだいぶ長くなってしまいました(;´Д`)
あまり長くなりすぎると書いてる私もみなさんも読みにくくなるので、ここからはなるべくさっくりと説明していこうと思います。

アウギュステの街で気になったのは「願いの橋」と「水上都市ミザレア」ですね。
まず水上都市ミザレア。




水上都市、と聞いて真っ先に思い浮かぶのはヴェネツィアでした。
島の外形も雰囲気も、なんとなくヴェネツィアに似ているような気がします。
ミザレアという地名については色々と調べたのですがこれといった元ネタらしきものは見つからず…おそらくゲームオリジナルの地名なのかな、と思います。


続いては願いの橋。




願いが叶う橋、というと私はフランスの橋を連想しますね。
カップルが南京錠を箸にくくりつけて、鍵を川に落として願い事をする
(合ってるかな?)というアレです。

そしてこれ、そのままググってみたところディ○ニーの記事が出てきました。
どうやらテーマパーク内の橋のひとつに「願いが叶う橋」が存在するようです。

このあたりの知識を取り入れたのかなーと思われます。


さてさて、どんどんいきましょう。
9章のバルハビーチの「バルハ」ですが、正しくは「バルハン」らしく、調べてみたところこのような地形のことを言うそうです。




続いて10章の「ラヤの水辺」。
ラヤという言葉が東南アジアの言葉で「手拍子」やお祝いを指す言葉のようなので、たぶん
楽しい、賑やかな場所をいう意味合いで使っているのかな?
ゲームの説明にも「様々な景色で人々を楽しませる」とありますし。

11章の「ザニス高地」のザニスは「てっぺん、天頂」という意味があります。
ザニスはゼニスとも呼ぶので、現在実装されているジョブのゼニスパーク、これのゼニスも同じ意味です。

12章のアウギュステ大瀑布については特に触れる要素はないのですが、個人的に気になったことが(普通の「滝」と「大瀑布」って何が違うんだろう?)という疑問でした。
調べてみたところ、大抵は両者に意味の違いはあまりないのですが、厳密に言うと

滝=急な傾斜を勢いよく走り抜ける水流
瀑布=高所から白い布を垂らしたように直下する水流

だそうです。日本語って難しいですね…。



さて、かなり長くなってしまいましたがこれでアウギュステ編は終了です!
次回はルーマシー群島について語りたいと思います。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!
それではまた。























コメント

チョコ
No.1 (2015/11/25 15:54)
毎回面白い記事ありがとうございました!今更新停止してるみたいですが、またの更新待ってます!
アシタカ (著者)
No.2 (2015/11/26 00:56)
コメントありがとうございます!とても嬉しいです!
最近やっと更新できそうな気配なので、お楽しみに(・∀・)b
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事