病弱ゲーマーは日々グラブル三昧。

グラブルの世界に浸りつつ元ネタ探検。(1)島・地名編その3

2015/04/25 23:19 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • グラブル
  • 宗教
  • 雑学
  • ネタ


こんにちは。
前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました(´Д`;)
ちょっと別ゲーに浮気してたり体調を崩してたりいろいろありまして…
そろそろ更新しないとな~と思いつつぐだぐだしてました。すみません。
…サボってる間にイベント3つくらいあった気が……



さて言い訳はこのくらいにして、さくさくっと地名編を進めていこうと思います。
今回は5章から8章までの舞台、フレイメル島バルツ公国について語っていきます。


復習とネタ探しのためマイページを今回の島に設定してますが、すでにBGMを懐かしく感じています(笑)

前回では島の全景をSSで載せていましたが、今回ちょっといい感じの絵がありましたのでそれを拝借。
もわっとしていて暑そうなのがよくわかるイラストです。


フレイメル島、そしてバルツという名の由来ですが、調べてみても出典がよくわからなかったので、恐らく制作側の造語だと思われます。
フレイメルに関しては、炎のフレイム(Frame)からきてるのかな?と推測。

上のイラストでも描かれていますが、バルツは切り立った山が多いのが特徴的です。
それらはバルツでは「アーセナル」と呼ばれているそうです。


アーセナル(Arsenal)、英語で「工廠(こうしょう)」という意味だそうです。
工廠って、普段聞かない言葉ですよね。
工廠は、大まかに言えば「武器などの軍需品を開発、管理する施設」を指すそうです。

ちなみに主人公たちが訪れるアーセナルは番号が「0」になっています。(6章参照)


さて、地名に触れる前にまずは少し宗教について説明したいと思います。
というのも、このバルツの地名や印象などが「ゾロアスター教」という宗教をもとに構成されているからです。

ゾロアスター教とは、「アヴェスター」という聖典をもとに、善悪二元論と終末論を教義とした宗教です。
このゾロアスター教、ちょっと小難しくて私には説明がうまくできない…
(・ω・`)すみませんが私なりにざっくりまとめてみました。
要するにこういうことです。


むかしむかし、あるところに2つの精霊がおりました。
精霊は、あるときお互いの存在に気づきました。
かたほうの精霊は〈生命、真理〉(=善)を選び、もうかたほうの精霊は〈死、虚偽〉(=悪)を選びました。
これによって、精霊は互いに争うようになりました。
やがて善を選んだ精霊はアフラ・マズダー、悪を選んだ精霊はアンラ・マンユと呼ばれるようになり、世界の善悪の争いはさらに激しくなりました。
(このふたつをもとに善神、悪神がたくさん生まれる。いまは省略)
しかし、最後の審判がやってくるとき、善はかならずや勝利し、そして新しい理想の世界へ転生できる日が来るでしょう。


だいたいこんな感じだと思ってください。本当に説明がうまくできない…すみません(泣)
ちなみに、ゾロアスター教では善の象徴として「火」を尊ぶのだそう(拝火教)。
バルツが溶岩やらなんやらで暑かったり、島の星晶獣が火属性であるのはここからきてるのでしょうね。

ここでようやくバルツの地名に話を戻します。
5章、7章の地名にある「サルワ」、「ザリチュ」ともにゾロアスター教における悪サイドの神の名前です。
サルワは「無秩序」を意味し、地上に無政府状態を生み出すのが使命といわれています。
グラブルだとサルワは砂漠なのでたしかに無秩序といえるかもしれませんね。
ザリチュは「渇き」を意味し、毒性の植物を蔓延らせるそうです。ザリチュはタルウィというパートナーの悪神と並び称されることが多いそうです。タルウィは「熱」という意味。
グラブルでは溶岩の湖になっているのでまさに名前の通りといった感じ。

8章のクシャスラ・ワークスの「クシャスラ」、これは善サイドの神様です。
フシャスラ・ワルヤとも呼ばれるこの神は、金属や鉱物の守護神とされ、「天の王権」を象徴するといわれており、また先ほど出てきた悪神サルワを溶鉱によって滅ぼすとされています。

バルツが栄えているのは主に工業や金属業。ドンピシャですね!
こうして見てみると、グラブルを作っている方々は宗教ちゃんと調べているんだな~と感心します。

ちなみに、みなさんおなじみの星晶獣ウォフ・マナフとミスラ、これもゾロアスター教の神様からそのままきています。
ウォフマナフは善サイドで、意味は「善なる意思」。人間の行為を記録し、最後の審判の時にその記録を読み上げるとされています。奥義で本のようなものに触れているシーンがあるのでおそらくこれが最後の審判かと思われます。
ミスラは善か悪かちょっと不明な、いわゆる「その他もろもろの神様」のひとつです。
(もともとはアフラ・マズダーと表裏一体の存在だったようですが現在は不明)
「契約」を意味し、正義の天秤によって死者の魂を天国か地獄どちらに送るか決める神のようです。グラブルのミスラをよく見るとたしかに天秤がたくさんあります。

このようにゾロアスター教にはほんとにたくさんの神様がいますので、一度調べてみると面白いかもしれませんよ!


話があちこち脱線しましたが今回はこのへんで終わりです。
読んでくださった方ありがとうございました!
次回はアウギュステ編を予定しています。
(・・;)今度は大幅な更新停止がないことを祈りつつ… それではまた。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事