病弱ゲーマーは日々グラブル三昧。

番外編:イベント「リペイント・ザ・メモリー」についてダラダラ語る。

2016/09/10 18:28 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 雑学
  • 神話
  • グランブルーファンタジー
  • 小ネタ

こんにちは。すごく久しぶりすぎてブログの書き方を完全に忘れてしまいました…。
とりあえず私は生きてます。相変わらずグラブルも他のゲームもやりまくっております。
長らくブログをお休みしていましたが、元ネタ探しや調べ物はこそこそとやったりしておりましたのでネタの貯蓄はわんさかあります。…全部ブログに書けるかはわかりませんが…

さて、今回の記事なのですが
以前から下書きして保存していた未公開分を加筆修正したものになります。
内容は~~~~ずばり!!!!
初回開催時にプレイヤーから大きな反響があり、つい最近復刻を果たしたイベント、「リペイント・ザ・メモリー」について!
どうしても語りたかったので、個人的な感想も交えながら勝手につらつら書いていきたいと思います。



このイベントのネタはギリシャ神話からとられています。
イベントの最終ボスのオネイロス、ゲーム内では女性として出てきましたが、ギリシャ神話では男性として伝えられています。
※オネイロスという呼称は単数形。複数だとオネイロイに変化




↑戦闘画面をスクショしたもの。(初回開催時のときの画像なので1年以上前。SRキャラを入れてるあたりに時代を感じますね…)

オネイロスは夢の神あるいは支配者とされており、名前自体の意味もギリシャ語で「夢」。
調べたのが随分前なので情報が定かではありませんが、オネイロスはニュクス(夜の神)の息子であり、さらにオネイロスはヒュプノス(眠りの神)とタナトス(死の神)の兄弟であるといわれています。

…いつも各地の神話を調べるたびに思いますが、神々の人間関係と言うか家系図というか、そういうものが非常にややこしくて相関図がごっちゃになります…。


話を戻しましょう!
オネイロスには兄弟がおりまして、それぞれ
・ポベートール/別名イケロス(恐れさせるもの、の意。悪夢を生み出す)
・パンタソス(非現実的またはややこしい夢を生み出す)
・モルペウス(語源は「形つくるもの」人の夢の中に宿るものに形を与える)
といいます。全員が夢を司る神です。うーん、夢の神様多くない…?
そしてモルフェとヴェトルの名前はこれらオネイロスの兄弟から取られています。
モルフェはモルペウスの語源であるギリシャ語のmorphe(夢)から。
ヴェトルはポベートール(phobetor=)から変形させてbetor→ヴェトル。

あ、ポベートールの別名のイケロスはイベント召喚石として出てくれましたよね!
夢を食べると言われているバクという動物の形をしており、たいへん愛らしい見た目なのですが、いざ召喚してみると敵めがけて思いっきり枕をぶん投げるのでちょっと怖いです。


オネイロスについての話は現在伝わっているものとして「オデュッセイア」、「変身物語」の二つの物語がありますが、調べてみたところ今回は「変身物語」から名前や構成が使われているようです。
ちなみに「オデュッセイア」は古代ギリシャの長編叙事詩、「変身物語」は古代ローマのとある詩人によるラテン文学の名作(神話原典)です。興味のある方はウィキペディアを覗いてみると大まかな概要を知ることができますよ。





上限解放後のイラストの「モルフェ」(右)と「ヴェトル」(左)。かわいい!!!!
プレイアブルキャラクターでは今回初めての’’二人一組’’のキャラになってます。
奥義ゲージ20%消費で交代できるというシステムになっており、今でもなかなか使い勝手が難しいキャラです(・・;)いつか上手く使いこなしたい…。

ところで’’なぜ二人一組なのか’’というところですが、ストーリー内では
星晶獣であるヴェトル(=オネイロス)の分身がモルフェであること、モルフェが彼女と分離したり自我があるとしても本質的には同一のものであるためにあえて二人を切り離さずにペアキャラという形にしたのだと思います。





↑ルリアノートからオネイロス再掲。先程のスクショ画像だと全体像が見えにくく小さいので改めて拡大してみました。
初回開催時、ストーリーを読みすすめて、この姿になった彼女を見たとき「なんて悲しい姿をしているんだろう」と思わず泣いてしまいそうになりました。
ドレスの足部分は小さいベッドと天蓋になっています。本来ならば、そのベッドの中には誰かが眠っているはず。でもベッドには誰もいない。
おもちゃのガラガラを手に持っています。そこからはイケロスの姿も見えます。だけど彼女の顔はぽっかり穴が空いている。

こう…うまく言えなくてもどかしいのですが…この姿は、もしかしたらヴェトル(とモルフェ)が長い間抱いてきた感情そのものの具現化なのかもしれない、と思いました。

このへんの自分の当時の考察だとかプレイ時の感情はもうほとんど忘れてしまったのですが、とにかく切ない気持ちと悲しい気持ちが強く残ったことだけは覚えてるんです…

それで「これはブログに書いておきたい!!」と思い、ようやくこうして記事にすることができました。



そんなわけで久々にごちゃごちゃ書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
本当に長い間文章から離れていたので語彙力のなさを痛感しました…
読みにくかったら申し訳ありません!

更新止まってばかりのこのブログですが、まだまだ書きたいことはたくさんあるので
今後もマイペースに小ネタを書き出していきたいと思っています\(^o^)/

それではまたいつか!



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事