木原ンド通信

バカ提督が夏イベにリベンジしていた記録 ~E6「反攻作戦!FS方面進出」編~

2015/11/20 01:46 投稿

  • タグ:
  • 艦隊これくしょん


↑本当は一番下に持って来たかったのに・・・


というわけでこの記事からがほんへ。

E6と言えばやはり目玉報酬の試製甲板用カタパルトが印象深いですよねえ。
私はそういった知識に疎かった(今でも疎い)ので報酬にカタパルトと聞いても

("´_ゝ`)フーンナンカカッコイイ
程度の感想しか持ちませんでしたが、知る人が知れば
「あ、これ五航戦改二フラグだ」とすぐに察するような、そんなアイテムでした。

もちろんそんな重要そうな代物が丙作戦で手に入るわけもなく、私は必然的に乙作戦を選択せざるを得ませんでした。

そこでwiki先生を頼りに編成したのがこちら
<第一艦隊>



<第二艦隊>


第一艦隊は正規空母4隻に戦艦を二隻加えたガチガチの機動部隊。(一航戦と五航戦同時編成ってすごくギスギスしそう)

第二艦隊は期待の新星として華々しく改二が実装された阿武隈ちゃん旗艦の
高速戦艦を加えた構成にしました。

第二艦隊に戦艦を入れると資材消費はかさみますが、その装甲を活かし
ヘイトを稼いでしまう探照灯を積むことで夜戦の花形重巡洋艦を被弾から
守ってくれる、・・・はずです。

その他にも運未改修の妙高さんやプリンツといった艦の装備枠を
「魚雷×3+見張り員」という攻撃的な構成にできる余裕が生まれますので
戦略にもよりますが資材が余っているなら積極的に戦艦は組み込んでいきたい所です。

難易度は前述したとおり乙を選択。


で、一回目の結果は・・・



雪風が敵旗艦にカットインを叩き込み大破させ





妙高さんが連撃で空母おばさんを撃沈し見事S勝利。


二回目は両軍の艦攻艦爆が全滅するという状態でしたが問題なくS勝利。
三回目は旗艦を司令部なしの空母で、装備もメチャア!クチャア!の状態で出撃させるという大ミスをやらかしたにもかかわらずS勝利。
四回目はA勝利旗艦撃沈というギリギリの戦いでした。

五回目から七回目までは特に見どころもなかったので録画してません。
ここまで大破撤退もなくストレートに攻略できたのはかなりラッキーだったのかな?


--------------------------------

そしてカタパルトをかけた戦いは最終局面へ――

最終編成は赤城さんを旗艦に据えた艦種は同じままの機動部隊に。
<第一艦隊>


第二艦隊も並びをちょこっと変えた以外はそのまま。運の高い子は全員カットイン装備です。
<第二艦隊>


支援は道中決戦両方に戦艦二隻空母二隻駆逐二隻のガチ艦隊を送り込みました。
雲龍型はかわいいし綺麗だし燃費も良くていい連中ですよね。
<支援艦隊>



そして大した損害もなく無事にボスマスへ到着。

決戦支援が駆逐後期型を屠り、阿武隈がツ級を一隻沈め同航戦へ




結果は―







なんと翔鶴が昼戦の内に空母おばさんを撃破するというミラコー

そのまま残った戦艦棲姫を夜戦で屠りS勝利!お見事でした。

<イベント産カタパルトのキャプチャ>


このカタパルトは現在瑞鶴改二に使われ勝活躍しています。(翔鶴はなんとなくまだ改のままでいます


ーーーーーーーーーーーーーーーー
はい、というわけでだらーっと書き綴って見ましたが・・・どうでしたか?
個人的には文章で表現するという行為は好きな部類ですので、暇を見つけ次第(この記事を書いているのは深夜1時過ぎと言う無計画さよ・・・)もっとなにか書いていきたいとは考えています。
でもネタがないですね。アニメのニコ生を見た後に感想書くとか?
それなら続けられそうかな?なんにしてもやる気の問題ですね。


夏イベリベンジシリーズもあとはE7編を残すだけですね・・・慣れない編集作業で
ここまでいろいろ苦労したんですよ、これでも。
PC買い換えれば編集ソフトとか入れられるんだけどなあ。ああいうの面白そうですよね。
動画投稿は楽しいですから、趣味の一つとして再生数とか気にせずどんどん投稿していければいいなと言うのが今の木原の方針です。


それではこの辺で。ここまで読んでくださりありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

戦いは次のステージへ・・・!






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事