呟きの補集合

7月22日は円周率近似値の日らしいので、他の数学記念日も調べてみた

2017/07/22 18:19 投稿

  • タグ:
  • 数学
  • 円周率近似値の日
  • 記念日
円周率といえば3.14ですが、
 22÷7=3.142857……
であることから、7月22日は円周率近似値の日らしいです。

んで、「じゃあ他にも数学っぽい記念日はあるのかな」と思って調べてみたら結構いっぱいあったので、リストアップしてみました。
何かに使えるかもしれないので、よろしければどうぞ。


1月23日 算額文化を広める日
日本数学検定協会が制定。江戸時代に流行った算額を現代に復興させて、「数学の学びの文化」を広めるのが目的の日。1月23日に決まったのは、「1・2・3」の数字の並びが、誰もが最初に接する数学文化のひとつであることから。

2月10日 簿記の日
全国経理教育協会が、より多くの人に簿記に触れてほしいという願いを込めて制定。簿記の原点である福沢諭吉の訳本『帳合之法』が1873(明治6)年2月10日に発行されたことから、この日になった。
ちなみに『帳合之法』の原書は、1871年アメリカの商業学校教師ブライアントとスタラットンが書いた『Book-keeping』という本。まだ「簿記」という言葉がなかった当時に、商店などで用いられていた「帳合」の語を当てたとされている。

3月14日 数学の日
言わずと知れた円周率の日。「数学の日」と呼ばれることも多い。2009(平成21)年には、アメリカ下院議員でこの日を「全米円周率の日」とする決議案が採択されたとか。パイを食べて祝うのが習わし。

3月20日 電卓の日
日本事務機械工業会(現JBMIA)が、1974(昭和49)年のこの日に、日本の電卓生産量が世界一になったことを記念して制定。生産量の増加には、1973年にシャープが発売した世界初の液晶表示電卓「エルシーメイト」の量産化が大きく貢献したらしい。

5月1日 コインの日
コインといえば確率、確率といえば数学、ということで数学っぽい日にリストアップ。日本貨幣商協同組合が制定。貨幣は、人類の重要な発明のひとつであり、3000年の歴史を持つ存在。コインを通して、それぞれの国の歴史、文化に対する理解を深めることが目的の日らしい。日付は「コ(5)イ(1)ン」の語呂合わせから。

7月6日 公認会計士の日
日本公認会計士協会が1991(平成3)年に制定。第2次世界大戦後、1948(昭和23)年のこの日、アメリカの制度にならって「公認会計士法」が制定されたことを記念して制定。

8月8日 そろばんの日
全国珠算教育連盟が1968(昭和43)年に制定。そろばんの普及とその優れた機能をアピールする目的の日。8月8日になったのは、そろばんを弾く音が「ぱちぱち」と聞こえることから。この日には毎年、全国日本珠算選手権大会が開かれている。

8月16日 女子大生の日
1913(大正2)年のこの日、東北帝国大学(現東北大学)に三人の女性が合格し、日本初の女子大生が誕生したことから。このうちの一人、牧田らくは数学科への入学だった(ほかの二人は化学科)。日本で初めて、数学科に女子が合格した日。

9月2日 宝くじの日
くじといえば確率、確率といえば数学、ということで数学っぽい日にリストアップ。1967(昭和42)年に第一勧業銀行(現みずほ銀行)が制定。当選しても引き換えられず時効になってしまう宝くじが多いことから、時効防止のPRが目的の日。9月2日なのは、「く(9)じ(2)」の語呂合わせから。

9月9日 九九の日
石川県小松市の西満憲氏(※)が制定。日付の理由は言うまでもなく「99」だから。九九は算数の基礎であり、日常生活でもよく使われる。その意味から九九を物事の基礎、基本ととらえ、多くの人に「もう一度、基礎、基本を見直して、初心に戻って物事に取り込んでもらう日」という願いが込められている。また、9月9日は学校の夏休み明けでもあり、九九を学ぶのに相応しい日でもあることのこと。
※おそらく小松市の小学校の先生だと思われるが、確証なし(この名前で検索したところ、小松市立木場小学校の学校新聞がヒットした)

10月18日 統計の日
1973(昭和48)年7月3日の閣議了解によって制定。日本で初めての近代的生産統計である「府県物産表」に関する太政官布告(明治時代初期の法令の一種)が公布されたのが1870(明治3)年9月24日であり、それを現在の暦に換算して10月18日とした。統計に対する国民の関心と理解を深め、統計調査に対する国民のより一層の協力を推進する日。
ちなみに総務省では、毎年この日に「統計グラフ全国コンクール」や「全国統計大会」などを開催している。誰でも応募できるコンクールなので、興味のある方はどうぞ。

10月20日 世界統計デー(World Statistics Day)
こちらは日本だけの記念日ではなく、2010年に国連統計委員会(UNSC)が制定した国際的な記念日。2015年以降は、5年に一度の記念日とされている(次回は2020年)。
グローバル化時代の今日、国際的に比較が可能な、信頼できる統計データが求められている。このことから、世界各国で統計への理解を深めることを目的として、制定された。



私が調べた限りでは、以上でした。
ちょっと意外だったのですが、「コインの日」と「宝くじの日」はあるのに、
「サイコロの日」ってないんですね。
ボドゲ界隈の方、あるいはTRPG界隈の方、もしくはサイコロメーカーの方、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。今ならあなたが創始者になれますよ。


参考
『世界の祝祭日の事典』中野展子/著、東京堂出版(2016年)
『すぐに役立つ366日記念日事典』日本記念日協会/編、加瀬清志/著、創元社(2009年)
総務省 http://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/kokusai/wsdtop.html
一般社団法人 日本記念日協会 http://www.kinenbi.gr.jp/
東京大学男女共同参画室 http://kyodo-sankaku.u-tokyo.ac.jp/activities/model-program/library/documents/Kyouiku_tsushin6.pdf

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事