piyopiyo のコメント

piyopiyo
No.1 (2015/11/23 00:07)
第三回将棋電王トーナメントのソフト紹介ページから来ました。

将棋ソフトプラグラミングは、とても興味があるのにわからないというもどかしさを感じていました。
きふわらべ」の紹介文を読んで、とてもその点すっきりしました。
レベルの低い人のための場があってよい」。すっきりするしなかったことの気づきとその解です。
ちなみに、解説は最後の例え(貴族100人)あたりからわかりませんでした。
また2回目読みしてみます。
その点、紹介文はとてもありがたく読ませていただきました。また、その観点から賞賛を送りたいです。


低レベルグループのためのもの(ブログ、メディア、コミュニティ)が欲しいですね。もっと。
理解はある程度できると思うので。速度を落とせば。

トップの人に追いつくことは叶わないだろうし、ソフトを強くすることにも理解が及ばず限界がくるでしょうが(トップの人より比較的早くに)。けど、少しは理解したいですしね。

なんだか、できるひとできないひと」のテーマになってしまいました。

今後も低レベル向けにお願いしたいですね。

低レベル向けの本も、十分需要あると思いますね。
低レベルのほうが多いわけですから。できるひとよりも。


このコメントは以下の記事についています