こんこんの棚

雨と聖歌

2019/10/29 20:38 投稿

  • タグ:
  • やってみた
  • ソルジェラ
  • ジョジョ5部「MMD」二次創作





フリーだの石仮面パードレ仕えならまだしも。
ギャング組織の中の人となるとやはり組織人。
大ペリーコロみたいな常人幹部が上で仕切る。
下克上を防ぐために上は押さえるのだろうし、
人間不信のピンクパパは数字管理しそうだし。
する側はラクでもされる側は杓子定規で苦労。
人を超えた力あるのにどうにもしんどい立場。
五部は短いけどいろいろ考えさせられるなあ。

彼らが組んだ理由は互助しかなさそうですし。
寄り添うからには寄り添う実利が絶対に必要。
「あの」彼らをチームとして連動させるには、
リーダーとの間に接着剤が要る気がするなと。
参謀兼ヒーラーというのは取り回し良き良き。

そして処刑人というのはいついかなる世でも。








雨と聖歌








雨はやだね、髪が重い。
ろくでもないことは大抵雨の日に。




最近は腹空かすことも無くなったな、と思う。
預金残高が二桁三桁になることもついぞなくなった。
オレ様の場合なんとかしようと思や出来る筈ではあるが。
自分で言うのもナンだけどオレ様の能力ってチートだからよ。
ひょいと手を突っ込む、こういう店って鏡だらけだもんなあ。
チャラと指先で掬い上げるでかい氷色の石のチョーカー。
これいいねなんか似合いそうじゃね?持って帰るか。
地味なカッコしてるが磨けば光ると思うのな。

「なーんてな。」
見るだけ見たら飾り台に置き直し引っ返した。
ドア開けて洗面所に向かい洗面台の鏡から出る。
明らかな冷やかし客を店員も怪しげな目で見送る。
すかさずウインク、女店員のフリーズ尻目に退去。
宝石なんざ買わねーよ能力チートでも庶民でね。
盗品贈るとかだっせえし、喜ぶわけもねーし。
そもそもの話、

…そこは考えねえ決まり、てことで。

雨をよけ別の店へ足早に。
あいつの眼と同じ色の石で興味湧いたそんだけの話。
軽くいこうぜ、か~るく。



「おーいジェラート!」

紙袋持ちアジトへ戻る。
今回のオーダーのオレのパート無事終了。
戻ってる筈なんだよなもう追加指令いらねえから。
地球の裏側から帰ってきて二日だ、働きモンの女将な。
頭使うんだから甘い物がいいだろ気が利くオレ様。
「バッチのチョコ買ってきてやった…ぜ、」
定位置覗いたが居ねえ。
なんだよとカウチ見たら気に入りのペン。
出がけ胸ポケに挿してたな…やっぱ戻ってる。
トイレも風呂も気配ナシ、…ってことは。

口笛吹き吹き階段昇る、アメリカンポップスさいこー。
あいつ体力は難アリだがガチ巧え、踊りに誘うか?
ツレとしか行かねえがいいだろオレにだって護れるぜ?
アンタの場合単体でも充分身は護れるんだろうが。
しかしまあアンタら二人して高えトコが好きだよねえ。
ツレは給水筒やら手すりの上へ立ってる、鳥かよ。
アンタもよく屋上から街や海を眺めてる、背伸びして。
前住んでたトコだだっ広いド田舎だったらしいな。
たまに高えトコから見渡さねえと落ち着かねえとかで。
なんだっけ動物園のアレ、スリカータ?窓覗く猫?
んな感じでミョーに切実でカワイイんだな絵面がさあ。
くつくつ思い出し笑いしながらひたすら階段昇る。
エレベーターなんざクソだね故障してて幸いってもん。
地道な努力続けてこそのこの美腹筋ってワケだよ。



しかしまあツイてたさすがオレ様。
組んだのがここのヤツらで良かった、楽しー。
ホルマジオの野郎もいい大将見っけてきたもんだ。
仕事の間が開くとマジで飢えるからなー冗談さておき。
飲んだばっかの三人組おっ死んだの聞いて危機感あった。
組織の上と掛け合うとか言ってたがほんとにやるとはね。
胸から上だけ胸像みたく並んでただとかカビてたとか。
幹部のツテもカネもねーのに話が通るかよアホめ。
発見現場で鉢合わせたヤツに誘われて来たが。
大当たり、やっと息つけた感じだ。
大将がイイよなー怖えが威張んねーし公平で。
若えのにあのトーチャン感は何なんだよ惚れるわ。
ホルマジオはカネがらみだけは信用出来る腕利きだし。
プロシュートも口悪ぃが安定のってやつ…気も回るしよ。
ソルベの旦那は…速ぇって実もフタもねえ事なんだなと。
ヒーロー変身する最中で攻撃みてえなモンよ反則だろ。
ボコられるとかマジ初めてだぜ痛えモンなんだな。
あれからとにかく先制・速攻を心がけてんよ。

「VS旦那は別の意味な早く済む、痛えのが。」
『その速攻が出来ない「状況」作んないこと。』

腫れを引かせてくれながらくすぐるような耳打ち。
ああそうだなアンタの判断はいつも誰よりも正しい。
アンタのアドバイスきちんと聞いてりゃオレは無敵。
自分で言うのもナンだけどオレの能力ってチート。
ふう…移動距離長ぇさすがにちょい疲れたわ。
一緒にチョコ食って一服しよーや。


窓から見える空は灰色だ雨足が強まってる。
おやおや…ほんとに居るかね濡れちまう。
屋上に出るドアをそっと開けて覗いた。

んーやっぱ居たわ雨ん中に一人で。

ちっちぇーなおい!と毎度の第一印象。
いやタッパはそこそこあるんだが何故か。
骨格が細えんだわそれがオレらと並ぶから。


護ってやりたくもなるわなあ…壊れそうじゃね。
こないだ寝てるとき顔イタズラしてマジごめん。
やめろっつったのにホルマジオがやらかすから。
オレはいつだってアンタの味方だ忘れんな?
サインくれねーか枕の下入れっから。
アタマ良くなる絶対。


何してんだろうねつか何見てるんだろうね。
立ってるトコはだいたい同じ方向も同じ。
ん?そういやツレも方向は。
どっちだっけあれ?
方角は…東か。
東には何が見える?
街と遠くの海しかねえけど。
二人して別々に同じ方向をなんで見てる?
不思議だなちょいと様子を伺ってみようか。

ドアを閉めタタタと階段降りて。
二階下の踊り場の鏡へダイブ。
左右逆の階段タタタと登り屋上。
ダッシュで手すりの鳥よけへ。
モザイクに鏡が紛れてたぜ確か。
こっからだとアンタのすぐ横。
曇りを拭いて片目で覗き込んだ。

細い足がまず見えたから上へ上へ。
肝心なトコ必ず隠れる服着てんだよな。
ナニとか咽喉仏ついてる?はっきりしねえ。



…歌?



横顔を見上げたと同時そう思った。
親指の爪ほどの鏡からじゃよく見えん。
ちょい曇った小さな覗き窓に密着。
口の動き息の長さ…やっぱ…歌ってた。
声出せねえジェラートが歌ってた。

また意外な…
けど考えてみりゃ能力者になる前は普通に喋れた筈。
スタンド経由でしか聴けんが超イイ声。
聴こえねーけど巧いんだろうな。
円を描きゆっくり周る白いスタンド達。
読唇は覚えかけだし視界悪くて歌詞は判らなかった。
何の歌かね…

おっと風邪でもひいたら。
気にはなったが戻ってドアから普通に呼んだ。
ずぶ濡れ魔法使いは戻ってフロ入り喜んでチョコ食った。
バカ話して笑い転げたが歌の話はしなかった。
鳥よけの鏡は後で磨こう。






「だからどーゆーこったよ!」
癇癪もちがテーブル叩くと室内なのに霜が降る。
興奮すんな冷気が漏れてるただでさえエアコン古ぃのに。
つかうるっせえないちいち腹から声出すなって。
「座ってろ。説明するから。」
大将がドス効かして下を指すかなり苛立ってる。
「何が気に入らねえ!なんで懲罰金差っ引かれたんだよ!」
組織と折り合わねえ社長すげ替えが依頼だった。
不自然ねえようにとの厳命。
愛人のアスリートのドーピング発覚させ騒ぎに。
セックススキャンダルと脱税に飛火させ無事辞めさせた。
期限も後釜もオーダーどおりにやれてたんだよ。
なのに懲罰金で手取り四割?
証拠は残してねえ愛人はもともとズルやってた。
摂取量をほんの少し間違えさせ発覚を確実にしただけだ。
オレが増量しギアッチョが弁護士を遅刻させた。
愛車の「偶然の」故障でな!
凍らせたエンジンが溶けりゃ何の細工跡もねえ!
こんなイイ仕事オレらの他の誰に出来るふざけやがって!
「使ってた興奮剤がウチの組織の商品だったと。」
はぁ?そこ?知るかよボケ!

薬の商標名が知れ渡り売りにくくなったって?
売り上げ落ちた割合を差っ引くのが規則?
組織に損害与えた場合の罰則だと?
大量に売れるモンでもねえ…
もともと流行り廃りの早えクスリ…
計算方法オカシイあんまりってもんだぜ…
な情報無かったし新社長の上納金で潤ったろ…

分け前に期待して揃ったメンツが静まり返る。
誰も言い出せねえが半分以下はさすがに…

「今回の分け前は辞退する。」

静まり返った室内に低いイケボが唐突に。
振り向くと旦那に凭れジェラートが俯いてた。



本体が元気ねえからスタンドたちもじいっと止まってた。
「皆すまなかった、それで我慢してくれと。」
作戦中は大抵だが長身のツレの膝に乗って手に触れてる。
読解スタンドの通信速度&精度の為の接触。
自分のスタンドに声取られてるからツレに発声任せてる。
筆談も囁きも出来るが会議には向いてねえ。
こんな時にナンだがアンタそうしてる時が一番映えるわ。
並びがイイんだよすげー小さく白く見える。
アンタと並ぶためにデザインされたよーなツレだもんな。
絵面見てると何か落ち着く…変な話だがよ。
「こちらのリサーチ不足で迷惑かけた。以後徹底すると。」
「いやジェラートちゃんは悪くないだろう!」
オレほか何人かが反論するより先にメローネが怒鳴った。
会議中だ大音量でその呼び方やめろや変態。
「誰がジェラティーナだボケがジェラティーノって言え!」
「ギアッチョよ静かにしなそこじゃあねえ。」
冷静になぎ倒すプロシュート強えダテに小姑やってねえ。
「リストすらねえのにチェックしきれるか。」
「そうだぜ気にすんな、アンタの着想には助けられてる。」
何だかんだでホルマジオもアンタびいきだ。
「オレらじゃあ脅す殺すの話になるトコ大したもんだぜ?」
「俺も死人を出さず片付くから気が楽だぞ。」
自動追跡で愛人突き止めたメローネはもう機嫌直してた。
「俺は四割でいい、なんならキスするかい?」
「オレも四割でいい!事務のクソどもブチ割っていいか?」
「良くない。…振り込んどくから先に帰れ。」
大人の話があるからと話にならんクソガキ二人放り出す。
大将がデコ押さえてる大変だよなアンタも。



小姑と伊達男が並んで葉巻ふかしたちまち部屋が煙る。
ペース速ぇな機嫌激悪だわまあ無理もねえけどよ。
「その規約は知ってるが無縁だと思ってたぜ。」
「適用されたこと無かったしな、今まで?」
振られた大将が運ばれたコーヒー一口。
「偶々だと思っている。今回だけは。」
「そう偶々。該当する品を見つけた。」
軽く乗り出し青い眼が剣呑に大将睨む。
「で報酬を削る判断をした。前例はねえ。」
「問題はその判断をどこがしたかって話だよ。」
そっちはグラッパ、ペッシはミルク、オレは黒茶。
旦那どこのカメリエーレだよ給仕が板につき過ぎだぜ。

いつもなら一緒に飲み物運ぶジェラートが元気ねえ。
リゾットが立って傍へ寄るとその額に掌を当てた。
いつもなら阻止するソルベの旦那が黙ってた。
「休めジェラート。…だが、一つだけ。」
熱があるんだな濡れたせいかな。
「どう思う?」

細い人差し指が上を指し、魔法使いは退室した。
黒い使い魔も付き添い大将のヤサに引き上げた。


「カネ持たせたくねえ…って事ですよね。」
どう思うか訊かれたペッシが上目遣いで核心を突く。
黙り込んでたが若手の中じゃあ飛びぬけてマトモだ。
そう思ってても誰も口に出来なかったが。
やっぱそうだよな…そうとしか見えねえ。
「ムカツクよな。仕事が軌道に乗ってるってのによ。」
「逆だぜイルーゾォ。軌道に乗ってるからこそだよ。」
と半眼で葉巻を突きつけるプロシュート。
「ちょい目立ち過ぎちまったってことか?」
「だろーよ。無理難題なんでもクリアするだろウチ。」
二人して交互にきれーーに灰皿に灰を並べてやがる。
「仕事頼んどいて巧くやり過ぎるなって…」
隣のペッシが気の毒だぜ一旦消しとけよ。
ツテもねえ野良犬の群れが頼られてチヤホヤされて。
上から見りゃあ調子乗んなとクギ刺したくもなると。
「こんなもんスかね。儲けさせてんのに。」


切なげに愚痴るヒヨコ見たらイラッときて立ち上がった。
頬骨に指当てて黙ってる大将にもなんかイラついた。
充満した葉巻の匂いの濃い煙にもイライラした。
「悪ぃ今日もう帰るわ、ヤボ用あるんでね。」
リアクションはアンタらに白紙委任な。
雨の日は嫌いなんだよ髪が重てえ。        ち…
四割でも独りの頃よりマシだ。        腹立つ…
当分困らねえからいいさ。        暗ぇなおい…
頭いいだろアンタら。        いやそれもだが…
どうにかしなよ。        見損なったぜ大将よ…
茶を呷った。        なんで謝らせたまま帰す…
外は雨。        あんな顔してんの見た事ねえ…
寒…        アンタも下に痛みを投げるだけの…



乱暴に髪を解く。
葉巻の匂いが鼻についた。
熱いシャワーで頭洗って夜の街へ。
どこ行くってんでもないただイラついた。
暗がりに浮くカジノやリストランテの灯りより、
入り組んだ暗い路地が馴染みの生い立ち。
どこも幹部どもの入り組んだシマ。
オレのものなんて何もねえ。
あんだけカネ稼がせても。
これほど力があっても。
マシだと思ってたのに。
見下されがんじがらめ。
なんにも変わってねえ。
今日は…どうかしてる。
ああヤだな思い出した。
雨の日ってのは…嫌だ。


(出来るんだろ、芸を見せな)


「るっせ…っ!!」
濡れたステンドグラスに振り上げた手を、
横から誰かに停められた。
「怪我をするな。」
穏やかな鷹の眼。
ウチのヒーラー…だった。
「居てくれて助かった。…頼まれてくれ。」
「え、…ああ…。」

大通りに見かけて追いかけたと。
甘口の赤ワインと果物と骨付きの子羊肉。
商店は閉まってるが馴染みの露店主から買う。
ツレの熱が高いんで食材が欲しかったと。
人目につけねえから困ってたと。
「すまんな。助かった。」
盗る発想は…アンタはねえよな。
「遠出から帰ったらリゾットが飲んでた。」
そうだろうな酒豪ってよりはありゃ酒が主食。
大将は今夜は帰んねえらしい、後始末か。
土産の礼に飯食いに来いと言う。
そういや腹も減ってる…
「実はツレは少し落ち込んでる。」

そりゃあ一大事と思ったからついてった。





匙をふーふー。
葛湯飲んでる口が猫々しい。
お互いチョコから後は食ってねえ。
大皿にクスクスと子羊の煮込みと野菜。
ジェラートには子羊のスープのコメの粥。
食後のホットワインもうめえ…あったまる。
「リゾットからだ。懲罰金は二割で済んだ。」
メール見せる旦那はスタンドを解除してる。
落ち込んでるときは心読まねえいい相棒だ。
「助かるな。車がそろそろ限界きててよ。」
『運転慎重だから長もちしたでしょー。』
「日本車の耐久性も狂ってるしな。」
『最後に乗っけてくんない?』
お安い御用よ。

ちびちび飲みながら話した。
反発もマズいが放置も不利になる。
言い返さねえと見られて次もやられる。
押さえに来たのはたぶんボスじゃあない。
幹部たちや親衛隊だ、唐突で不用意過ぎる。
『下が目立ちすぎるとロクなことないから。』
気をつけなくちゃなと細い手で頬杖をつく。

「…落ち込んでる理由ってそんだけなのか。」
もうちょい深刻な気がしたからツッコむ。
ツレとちょっと顔を合わせて目を伏せ。
『騒いだら俺たちのことがバレる。』

ああ…それ気にしてたのか。
なるほどなあ。

否定はしねーよそれはある。
アンタらに気休め通用しねえよな。
「それ「騒げねえ」んじゃあねーから。」
え?と四個の眼が見る、勘違いすんなよ?
「「騒ぎたくねえ」んだからな。間違うな?」
でかい猫目と鷹の目が黙ってオレ見つめる。
「こっちの都合だ。アンタらには関係ねえ。」
うるうるすんなよな実際そうなんだからよ。
イルーゾォ、と、涙目の魔法使いが笑う。
『髪ほどくとイケてるね。かっこいい。』
「オレ様はいつだってイケてるわ!」
何故か旦那に吹き出された。
ツボ変じゃね?




騒げねえと大将に言わせねえために泥を被った。
恥はかかせず奮わせてオレらの不利も不満も散らした。
やっぱたまんねえわアンタらまとめて嫁に来な?




礼の礼をさせてほしいと言われた。
ありがたくお受けして半分酔った頭で白状した。
「メンタルケアとかアリかアンタ?」
身体の不調は毎度診てもらってるが心はどうだ。
『ナシじゃあないよ、話してみる?』
囁く息が熱くてエロいんだがツレは席外すしよ。
「チーム来るかなり前のことだが…」
あの時も冷たい不快な雨が続いて髪が重かった。
「成金BBAにレンタルされてよ…」

表向きはオモチャ屋の未亡人だったがいわゆる死の商人。
係争地に地雷やトラップ流して儲けてた。
気ままに取引を繰り返してたら大勢に現場を目撃された。
それをリストアップし全員殺してこいと。
中には目撃したかどうか定かでない者も何人かいたんだ。
後回しにし最後に確認したら札束で顔を…

どんな密室にも入れるイヌだろ出来るんだろ芸を見せな!

固い札束とヘドが出る言葉とにボコられて殺しに行った。
善良そうな若い娘…妹はクララ姉さまと。
見せしめだから惨く、と…仕方ねえからナイフでハデに。
言われたとおり密室で…即死はさせたが…
札束投げつけたBBAの爆笑と遺族の妹の泣き叫ぶ声が。
すげえ腹が立って惨めで、忘れられねえ。
「同じなんだよオレも娘も、オモチャにされたって点で。」
返り血と雨で髪が…身体が心が重かった…


気が付いたら寝転んでてジェラートが膝枕してくれてた。
熱でめちゃくちゃ熱くて痩せっぽちだが気持ちよかった。
「ムカついて、ムカついてよ…こういうこと、ある度に、」
こんなん他の誰にも言えねーみんなどう処理してんだよ?
『辛いね。…忘れたい?』
囁かれて考える、どうなんだろうなオレは忘れたいのか?
『記憶から消すことは出来るけど。…改ざんすることも。』
目の端にアンタの真っ白なスタンドがふわふわと飛んだ。
ドリーム・シアターの暗示…脳に働きかける忘却の魔法。
「…いや…」
ラクだろうが…それをやったら自分じゃあなくなる気が。
うんそう言うと思った、と魔法使いは涙目のまま笑った。
『思い出した時は、何度でもキレにおいでよ。待ってる。』









    …忘れてたまるかと思うキミの強さを忘れるな。
    …人たる所以を手放すなそうしていればいつか。


















あれから…前ほど雨は嫌でなくなった。
やりきれなさにキレても我慢強く聞いてくれるヤツがいる。
雨の日の悪くねえ思い出も出来たしな。
あの日アンタが歌っていたのはレクイエムだったんだろう?
減給の話はアンタが最初に聞いたんだ。
目立ったこと仲間を巻き込んだことそれが悲しかったんだ。
だから東に向かって鎮魂歌を歌ってた。
巻き込んで死なせたと思い込んでる前の家族に詫びながら。
東の遠くは、彼らが眠るアンタの故郷。
なんでそれに気付くかって?アンタが熱出すタイミングだ。
仲間を困らせたそう思った時だろうが。
思い出して怯えるんだろまた亡くしちまうかもしれねえと!

あいにくだな無力な前の家族とは違う。
こんな生業だがアンタ残して死ぬ気なんざねえ強ぇからよ!
言ってやりたいが…言えねーもんだな。
おっかなびっくり気にしてんのも、案外悪くはねえんだが。
ツレが口出さねえ何が地雷か判んねえ。
感謝するとか慣れてねえからどうしたもんだかわかんねえ。


ファン心理ってのはよこんな感じだろ?


そこでオレのチート能力の出番てわけ。
目の細かい耐水サンドペーパーで石膏の曇りをはぎ取って。
銀磨き布で磨く便利な物があるもんだ。
宝石屋なんぞ無縁だと思ったが役に立つこともあるんだな。
聖歌でも歌ってたことあるだろアンタ。
そのとびきりの「発声」は、素人さんじゃあねえもんなあ。
「おっし。ま、こんなもんでいいだろ。」

屋上の鳥よけの鏡がピカピカになってる事には気づくなよ?
疚しかねえぞこれは必要な見守り窓さ。






次は笑って歌いなよ、特等の観覧席、誰にも絶対教えねえ。







(完)







本編その六の最後で触れたオサゲさん話を。
ワーキングプアの悲哀と、恥パ設定いじり。
暗殺屋らしからぬ人間臭さが際立ってた彼。
一番メンタルケアが要りそうなんですよね。
親衛隊の姫との折り合いもつかないかなと。
描かれなかった二人は優秀な触媒になれる。

あと二人…ガチガチの耽美方面もアリかな…
とはいえあの場面は触ったら駄目って気も…



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事