けったのブロマガ

DQ7 カジノ

2013/05/22 00:45 投稿

  • タグ:
  • DQ7
  • カジノ
  • カジノ法使用
ポーカー用の乱数ツールを使用した、RTAにおいてカジノで当てる枚数について

基本的なパターン ()内は1回ダブルアップが少ない場合
2ペア    40960(20480)枚
3カード   40960(20480)枚 
フルハウス 204800(102400)枚  最もでやすい
フラッシュ 163840(81920)枚  でやすい
ストレート 81920(40960)枚   でやすい
4カード  409600(204800)枚
ストフラ  819200(409600)枚
5カード  512000(256000)枚
ロイヤル  1024000(512000)枚
5スライム 知らんがな(笑)

金策とかメタキンヘルムとかいろいろ考えて315000枚欲しいなーと思っていたわけですけど、ざっと眺めてみて、基本的に204800+102400=307200枚稼ぐのがいいと思いました。はやぶさの剣1本分の金策はDisc2の道中にある高い装備品で対応。
204800+81920=286720枚になった時は最後の鍵をとって、王者の剣をとって金策リカバリー&炎の精霊加速する予定です。それ以外の300000枚に近い組み合わせは確率が低いので引かないでしょう(笑)

予定より多くなった(主に409600枚)場合は、順次こおりの盾を水鏡の盾にグレードアップする予定です。

チャートは思いついたけど、今週から忙しくなるので通しはいつになるのやら・・・



ポーカー用の乱数ツールを作成した方(名前を出してよいか分からないので伏せますが)には頭が上がりません。便利なツールを作成していただきありがとうございます。これでDQ7がRTAに限らず活発になればよいですね!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事