「いつの日もこの胸に流れてるメロディー」

『Suga Shikao Hitori Sugar Tour 2018 in高松festhalle』(前編・ネタバレ有り)

2018/04/09 22:20 投稿

  • タグ:
  • スガシカオ
  • LIVE
  • レポ
  • ヒトリシュガー
  • 高松
3月22日、行ってきました!
『Suga Shikao Hitori Sugar Tour 2018 in高松festhalle』exclamation ×2

スガシカオさんが記念すべき20周年yearを終え、21年目最初に選んだ活動が、自ら楽器や機材を抱え新幹線や電車で移動しながら全国33カ所を回るアコースティックツアー“Hitori Sugar”。
もうホント、生き方がカッコ良すぎるでしょ!ぴかぴか(新しい)

中野、広島に続いての3公演目の参戦。
どんどん進化し続けてる今回のツアーを観られるのもこの日が最後。
地元高松にスガさんが来てくれた感謝を胸に、参戦してきました!

危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告注意危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告
ネタバレ全開の日記です。今後の公演に参戦される方の閲覧は、自己責任でよろしくお願いいたします。


この日記は、ほぼ全て俺の脳内メモリーによって構成されています。
Liveを録音等の違反行為は、もちろんしておりません。
なので記憶違い、間違い等多々有るとは思いますが、笑って読み飛ばしてやってくだされば幸いです(^_^;)

更に、超長文になります。読み疲れた等々ご不満は有るとは思いますが、苦情は一切受け付けておりません(>_<)
♪めんどくさいから話し合いとかしないよ~♪・・・(笑)

今回の俺の整理番号は何と34番。
上手く行けば最前列狙えるかもぴかぴか(新しい)と、ドキドキしながら会場へ。
いつものように、入場と同時に前へ前へ。
残念ながら最前列は一番端しか既に空いてなくあせあせ(飛び散る汗)椅子席2列目のステージに向かってやや左寄りの席を確保。
近すぎてヤバい右斜め上右斜め上
ステージに既にセットアップされたギターとエフェクターとマイクにワクワク度はMAXぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

客電が落ち、ステージに照明が当たり、さぁいよいよ開演!
大歓声に包まれながら天才スガシカオ、高松festhalleのステージに2年ぶりに見参!ぴかぴか(新しい)

銀のスカル柄が入った黒Tシャツに細身のジーンズが、よくお似合いです(^^)

1.ヒットチャートをかけぬけろ

21年目のリスタートであるツアーの1曲目に相応しく、デビュー曲からスタート!
場内は、いきなり手拍子とヒューヒューの声の嵐で大盛り上がり!
俺は立ち上がって踊りたくなる欲望を、必死に抑えながら手拍子してました(笑)。

『ぼくのいやしき魂よ ヒットチャートをかけぬけて ヤミの向こうをてらして欲しい 誰かのために歌って欲しい』

大きな拍手に包まれながら、間髪入れず次の曲へ。。
Hitori Sugarの盛り上げ曲としてすっかり定着した、あのアッパーチューンの前奏に、あちらこちらから「イェーーイ!」と歓喜の声が上がる☆

2.Party People

スガさん(以下“スガ”)「♪君だったっけ?譜面読めないくせに やってるんだって?“20年”もミュージシャン♪」

いつもの歌詞変えに、待ってましたとばかりに凄い数のヒューヒューの声(^^)
ニヤリと笑ったスガさんが叫ぶ。
スガ「♪ボリュームもっともっと あげろexclamation ×2♪」

もちろん大音量の声で返すオーディエンスぴかぴか(新しい)
序盤から、これは間違いなく凄いLiveになるって確信させてくれる場内の盛り上がりだ☆

『100万回の“なぜ?”で答が出ないなら Party People 今それをぶち壊そうぜ Party People もし今だとおもうなら Party People 高く ためらわずに飛ぼうぜ』

–MC–

スガ「Hitori Sugar高松公演にようこそ!スガシカオですexclamation ×2この会場は俺は2年前に使ってて2回目なんだけど、前回はバンドで来たんだよね。今日はアコースティックLiveという事でね。ご覧の通り、文字通りヒトリで、俺の歌とアコースティックギターのみで、最後までお送りいたします!」

観客拍手!いや、何度経験してもHitori Sugarは贅沢な時間ですわほっとした顔ぴかぴか(新しい)

スガ「あっ、だから途中ちょっと退屈で眠くなっちゃうような時間帯が有るかも知れませんが・・・。」

場内から「ならないよ!」って声が飛び、そちらに向かって笑うスガさん。
スガ「いやいや。連れて来られた系の2、3曲しか俺の曲知らないって人には退屈だって!だからまぁ、なるべくみんなが退屈しないように、突然叫んだりとか、急に大きな音出したりするからね(笑)。」

力技ですね。。ww

ローディーさんが持ってきた黒いギターを手に取るスガさん。
スガ「さて、ここでギターが変わりました。このギターを使って何をするかと言うと、、これからギターを叩きます!叩くって、こんな感じね。」
ギターのボディを軽く叩いてみせるスガさん。

スガ「まっ、元来ギターってのは弾くもんであって叩くものじゃないから、良い子は真似をしないようにwwあっ、一応このギターは叩く用のギターだから。このギターに辿り着くまでに、4本ぐらいギター駄目にしてるからね(苦笑)。では、スラム奏法というのをご覧いただきたいと思います。」

3.Festival

手首をムチのようにしならせながら、弦を叩き始めるスガさん。
弾いてないのに、何でこんな音がするのか。
まさに目の前数メートル先で魔法のようにギターを鳴らすスガさんの手元をジッと凝視しながら聴いていました。
そして、Liveでは久々のこの曲は、インディーズ時代の思い出がいっぱい詰まった曲。
やっぱり名曲だ。。

『大きく息をすったら全開までボリュームあげて あなたがここにいなくても きっと届くとだけ信じて』

続いて、またもスラム奏法で始まったのは、音楽雑誌MUSICAとのコラボレーションから産まれた、夢を追う人への応援歌。

4.見る前に跳べ.com

広島公演の時と違い、椅子席組も♪ドットコ~ム!♪で腕を突き上げノリノリな人多数顔(笑)
もちろん俺も元気いっぱいに腕を突き上げました☆

スガ「(ジッと指を見ながら)いや、もうこーんな激しく(ギターを)叩いても、全っ然痛く無いわ。全っ然痛く無いww」

痛いんですね。。( ̄▽ ̄;)
そう言えば広島のMCで、ツアーの間ずっと腰痛に悩まされてて、仙台の“神の手を持つ”整体師さんに診てもらったところ、「スガさん・・・最近右手で何か変な事してません?」って言われたっていうの、思い出しました(笑)。
スラム奏法超絶カッコいいんですけど、スガさんの身体がファイナルまで無事で有りますように!

スガさんがステージ先端まで出てきて、フラメンコ調にギターを爪弾く。
一斉に飛び交うヒューヒューの掛け声に応えるように、更にカッコ良くポーズを決めながらの演奏(^^)
カッコ良くマイクの前に戻ったスガさんが、カッコ良くつぶやく。
スガ「・・・全然弾けてないよねww」

観客「(笑)。」

このフラメンコ調のギターもHitori Sugarの定番。そして、これが出たという事は、次はこの曲☆

5.アシンメトリー

俺に『スガシカオの凄いと思う歌詞ベスト10』的なものを選ばせたら、間違いなく10曲の中に食い込んでくるであろう名曲。

『手に入れたものは自由じゃなく 自由のまがい物ばかり 失くしたものは いちいち憶えちゃいない』

今夜も、この歌詞にやられてしまう。。

中編に続きます。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事