「いつの日もこの胸に流れてるメロディー」

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 inナゴヤドーム2日目』(中編②・ネタバレ有り)

2017/07/04 20:07 投稿

  • タグ:
  • Mr.Children
  • LIVE
  • レポ
  • Thanksgiving
  • ナゴヤドーム
中編②です。


危険・警告危険・警告危険・警告注意危険・警告危険・警告危険・警告


ネタバレ全開の日記です。今後の公演に参戦される方の閲覧は、自己責任でよろしくお願いいたします。




桜井「さぁ、まだまだこれからいっぱい歌いたいと思うんですが、大丈夫ですか?(笑)次の曲はね、歌詞がエロティックと言うか、やらしい曲です(笑)。自分でも、何でこんな歌詞を書いてしまったのか解らないんですけど、、恐らく今日みたいに、“こんな風にひどく蒸し暑い夏の日”のせいだと思います。」

17.こんな風にひどく蒸し暑い日

レア曲来た!
田原さん、昔この曲趣味じゃないって言ってたので、それがLiveで演らない理由なのかと思ってましたが、田原さん・・・もういいんですかね?(笑)
スクリーンに、でっかい手のアニメーションが映し出され、“エビバデ、クラップ・ユアー・ハンズ”に合わせて手拍子を煽る☆

『流れ出したモノでシーツが濡れてしまって 君はゴミでも捨てるように洗濯機に入れた』

スクリーンの手の周りを白いオタマジャクシ的なモノがクルクル回って飛び回る。
こっ、これは、、精子ダンサーズ!?爆笑!!(爆)

桜井さんが叫ぶ。
桜井「さぁ名古屋!まだまだ終わんねーぞ!行くよ!!」

18.ランニングハイ

ハイテンションでステージ・花道を駆け回り歌う桜井さんに、こちらもテンション更に上昇!右斜め上右斜め上
毎回思うが、これだけ走って息を切らさず歌う桜井さんは、超人的。

『退きどきだと言うなかれ素人!まだ走れるんだ 息絶えるまで駆けてみよう恥をまき散らして 胸に纏う玉虫色の衣装を見せびらかして行こう』

まさにランニングハイ状態になった場内に、あのたまらなく印象的なギターリフが流れ始める。。
こ、、これは!Liveで聴きたいと俺が長年切望してた、あの曲!
思わず「おおおお!!」と叫んでしまったあせあせ(飛び散る汗)

19.掌

観客みんな、掌を高く掲げ、桜井さんの熱い歌声に惹き込まれていく。

『夢見てるから儚くて 探すから見つからなくて 欲しがるから手に入んなくて途方に暮れる』

個人的に、日本一深い歌詞だと思う涙

曲がCメロに突入し、コーラスの「るんるんALL FOR ONE FOR ALL BUT I AM ONEるんるん」に合わせて、桜井さんがLiveバージョンの歌詞を歌い始める。

桜井「るんるん1人ずつ!1人ずつ!それぞれ1つずつのONE!!るんるん

約4万5千人が一斉に人差し指を天に突き上げる!
それは、まさに圧巻の光景。

SUNNYが桜井さんの歌のバトンを受け取り、Liveでしか聴けないあの掛け合いが始まる。。

SUNNY「るんるんそれぞれが夢見てる事 それぞれが信じてるモノるんるん

桜井「るんるんひとつにならなくていいよ 認め合うことができるからるんるん

SUNNY「るんるんそれぞれが暮らしていたい場所 それぞれが愛してる人るんるん

桜井「るんるんひとつにならなくていいよ 価値観も理念も宗教もさるんるん

桜井さんはもちろんですが、SUNNYの歌声に聴き惚れてしまいました。
前のツアーで桜井さんが「ヴォーカル!SUNNY!!」ってメンバー紹介してたのを思い出し、納得した。

最後は桜井さん渾身の「るんるんそれで素晴らしいーーー!!!るんるん」でフィニッシュ。

やっと聴けた、念願の『掌』。最高でした!

20.ニシエヒガシエ

特効の火花ドーン!
ミスチルのドームツアーと言えば、この曲を演らないわけにいかないでしょ!\(^o^)/
サビはもちろん、観客みんなで安定の横振り☆

『張り付けの刑になったって明日に向かって生きてくんだって さぁAh~ さぁAh~ ただじゃ転びやしませんぜって非常事態ってやつも歓迎です ニシエヒガシエ』

桜井「どうもありがとう!先程は、“知らない人が多い曲”って言って演奏したら、予想外に知ってる人が多かったようなので(笑)、今度こそ!誰にも知られてない曲を演ります。だって、まだ世に出てない曲だから(笑)。」

観客拍手!!

桜井「優しくて、でも激しくて、キレイなんだけどドロドロに汚れてる。。大切な人を想う真っ直ぐな想いなんだけど、歪んでて。・・・そんな曲です(笑)。『himawari』聴いてください。」

21.himawari

7月末公開の映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌。
観客みんな、待望の新曲を少しでもしっかり聴き取ろうと、微動だにせずに曲に集中してたのが、面白かった(^^)

切なさと清々しさ、そしてヒリヒリする感覚が同居した、ロックバラード。
歌詞が全部は解らなかったので、早く歌詞全文を知りたい!
いい曲です。乞うご期待。

桜井さんが、ギターをかき鳴らし、歌い始める。。

桜井「るんるん時には灯りのない寂しい夜が来たって~イェヘヘイ!この足音を聞いている誰かがきっといるーーー!!るんるん

22.足音~Be Strong

桜井さん独唱に続いてのあのドラマチックな前奏!鳥肌立ちました!!
新生Mr.Childrenのテーマソングと言っていい名曲。
懐かしいあの曲や色褪せない名曲もいいけど、REFLECTIONの曲からは4人の生の息遣いや感情が感じられ、やっぱり好きだ。
終始、ウルウルしながら聴いていました涙

『夢見てた未来はそれほど離れちゃいない また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ! 例えば雨雲が目の前を覆ったって また日差しを探して歩き出そう 時には灯りのない孤独な夜が来たって この足音を聞いてる誰かがきっといる』


後編に続きます。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事