kelorin joのブロマガ-楽しいもの作らないと死ぬ病気

レビューサイトにアプリの紹介記事を書いていただきました

2021/02/19 20:49 投稿

  • タグ:
  • ゲーム開発
  • スマホアプリ
  • レビュー
  • 宣伝
先日アップデートしたゲーム宣伝のため、
いくつかのアプリレビューサイトに申請したところ、
Appliv様がレビューを書いてくださいました。ありがとうございます。

【Appliv】カモメ町ビーチボールフェス
https://app-liv.jp/5340665/

スクショのほかに、動くとこを載せてくださったのがありがたいです。



レビューサイトに依頼するための定型文がわからず情報を探した結果、以下の記事がヒットしたので参考にさせてもらいました。
https://www.antique-app.com/entry/2019/04/17/app-review
https://www.antique-app.com/entry/2019/5/5/review-result


もっと多くのレビューサイトに申請することも考えましたが、そこまで頑張るにはプレイ動画を撮れる仕様にできてからだな…ということで今回は見送りました。
文字より画像、画像より動画。

加えて、宣伝に必要なのは拡散力…!
可能な限り各種メディアに打診して、かつ世に出るタイミングが同じになるように狙う、アプリにシェア機能を実装する、
そうやって瞬間火力を高めてTwitterのトレンド入りを狙う。
(よっぽど大量のアクティブなフォロワーがいるなら口コミ拡散も信頼できるでしょうが、一人でロビー活動しながらゲーム開発なんて、ね)
そうしない限り、普通の人はゲームが世に出たことすら気づくことはないと考えられます。

が。
うまく知れ渡ったとしても、もし摘みそこねた致命的な不具合がまだ残ってたら?
デザインやゲームバランスが一般受けから大きく外れてしまってたら?
せっかくの拡散力がまるごとダメージになってしまう。
そのアプリだけでなく、後々の自分アーティスト・の開発者としての信頼性にスリップダメージがつきかねない… とも考えられました。

開発が完了してデバッグから先の工程は、一人では無理ゲー
プレイ中の不具合の洗い出し、ゲームバランス調整、
ゲームやり続けてないとゲームの腕は衰えていくから当然開発中は下手になっていく、
集中力は有限だからヒューマンエラーは一人では絶対に不可避。
デバッガー・テストプレイヤー探しが重要になります。
純粋に人手が、人のあてが足りないです。どこで募集したらいいんだろうね?


重ねてAppliv様、アプリのレビューありがとうございます。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事