kelorin joのブロマガ-楽しいもの作らないと死ぬ病気

古や村 for Unityへの道

2019/01/20 23:22 投稿

  • タグ:
  • Unity
  • Unity3D
  • ゲーム開発
  • 古や村
  • 3DCG
ケロリン町forUnityこと昭和町モデルセットは
まだまだ改良の余地があるとはいえ一段落ついたので、次は古や村です。


全面作り直しです。
今回は建物の内部も作ってるからすごい手間どってます。
地形はまあUnityにはテレインがあるので作らなくていい一方、
開けた構造の日本家屋である以上、室内がある前提で作らないと実用性が低くなると考え、そうなると後から室内を追加で作ろうとしても絶対狭くなると考えて(昭和町モデルの民家がそれ。室内の寸法が相当厳しいです)
あらかじめ室内ありきで作ることになって、まあ大変面倒です

畳を単位として、0.5畳(半間x半間)~8畳(2間x2間)のバリエーションとなると、パーツ数が数えたくない量…



↑戸袋つき押入れ。2畳、1畳、0.5畳
すべてのパーツが揃ってからセットアップしてたら重複と見落としがひどそうなので(途中で手を止めると忘れてしまう)まずは2間・2畳のサイズに絞って書き出して、使えるかどうかを検証してから、短いサイズのパーツを増やしていきます。実用度の低いバリアントを作らず数を絞れれば、それだけ早くリリースできるでしょう。






Blenderのモディファイアを駆使して一応効率アップはできたけど、大まかにしか作れず、細かい手作業が莫大な手間になり。
(有効性を満足いくレベルまで上げるには、Houdini導入+研究しかないのかな…他にもやることいっぱいなのに)

また、テクスチャですが現時点でユニークテクスチャがほぼなしです。
ほとんど木と紙でできてるから…
テクスチャはフリーのPBRテクスチャなど使えばもっと上質にできる余地がある一方、UVの作り的にローレゾにしてモバイル用にも使えそうにもなってます。
(フリーテクスチャまんま使ってストアに出すのはまずいから、テクスチャはSPで自作してます)

Unityアセットストア見ると、PC向けモデルデータはギガ超えの大作が目立ってきてて
一方私のモデルは2kPBRテクスチャ使ってるのに0.2~0.5ギガ止まりなので、ユニークテクスチャ使いまくればギガ超えるんだろうなあと推測されます
超でかいけど超きれいなのと、節約してそこそこキレイ(モバイルにも使えそう)とどちらが正解なんだろうか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事