kelorin joのブロマガ-楽しいもの作らないと死ぬ病気

安いけどパワフルなセカンドPCを

2016/07/22 11:54 投稿

  • タグ:
  • PC
  • 3DCG
  • ZBrush
  • 3D-coat
  • Unity
セカンドPCを買いました。

私が今使ってるマシン(購入価格20万強はモデリングとデジタル造形には十分なスペックですが、
将来アシさん雇った時のためや、Unityのライトマップのレンダリングなど長時間待たされる作業とかのために、買うことにしました。

3Dゲーム作成やデジタル原型の作業が可能なスペックで、どこまで安くできるのか?

既に安いwinタブなどでメタセコや3D-coatを動かしてある程度の目安がついてたので
3万円台の中古PCを購入しました。
HP Compaq 8200とか。
Core-i7、DDR3-8GB、オンボードのスリムPC。

これだとZBrushは普通に動く(まだ動作確認してないけどまず間違いなく)
3D-coatがどうにか100万ポリで作業できるか、Sketchfabがカクカク、Unity+ケロリン町はまあまあ動く、という重さだったので、グラボを購入することにしました。

電源と寸法が小さいので、スリムPCに対応の省電力モデルがありました。
Geforce GT730

マザーボードの仕様によっては動かない可能性があるとか聞いたので博打でしたが、ちゃんと動きました。※小さいドライバーとペンチでスリムPC用のサイズに換装する必要があります。
安いグラボですが劇的に動作が早くなりました。sketchfabはヌルヌル、3DCは500万ポリで25fps程度だったので、十分ハイポリモデリングもできそうでした。

※PCパーツは相性の問題が大きいので、同程度のスペックと機種でも確実に動く保証はありません。上のリンクは実際に買って試して動いた組み合わせってことです。

現時点ではトータル5万円程度で、問題なく仕事できるスペックが手に入るといっていいでしょうか。
ペンタブつけても+8k円、SSDつけても+7k円程度、スリムPCだしこれぐらいなら、在宅アシ用やPC教室用に複数買って持ち出しするのも、そんなに難しくないかも。
PCも安くなったなー!(ZBrushのライセンス料から目をそらしつつ)

こうなるともっと小さいWinタブやミニPCやノートPCの下限も気になりますが
(7年ほど昔のノートはZBrushで500万ポリ、3DCで30万ポリで音を上げてました)
ノートの時点で高いしハイリスクだし、ノートPCしか持ってない人には外付けグラボという手段もあるかもだけど、流石にそこまでは試せません。



17/07/22:とりあえずUnityのライトマップレンダリングに使ってます。
使い続けて何か異変があったら、追記したいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事