鳳凰のブロマガ

6/14 東京、阪神、函館

2019/06/14 21:44 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 競馬寺子屋
  • 鳳凰
  • 東京
  • 阪神
  • 函館
  • ジャスタウェイ産駒
土曜日は重賞がありません。

そして次走注目馬もいません。

ブロマガもお休みしようと思ったのですが土曜日から始まる函館の種牡馬傾向を書いておこうと思います。

まずはこちらをどうぞ
函館の芝コースでの各種牡馬の過去の成績です。
リーディング上位25位までを表にしました。


わかりやすいように上位25頭の種牡馬の中での函館での順位も入れてあります。
勝率で見ると
1.ジャスタウェイ
2.ロードカナロア
3.ルーラーシップ
4.ハービンジャー
5.マンハッタンカフェ
になってます。
ジャスタウェイとロードカナロア、ルーラーシップは出走数が少ないのですが函館があっているのは間違いないでしょう。
特にジャスタウェイは今年要注目だと言っていいと思います。
逆にディープやステゴ、キンカメ、ダイワメジャーなどは函館がそこまで得意ではないのでこれは頭に入れておいたほうがいいと思います。

ではこの中の主な種牡馬の距離別成績を見てみましょう。
※全場の成績なので函館だけではありません。


ジャスタウェイの特徴は
~1200mの成績がいいということですね少し意外な結果です。
あとは1800~2200の中距離ですね。
長距離は基本的に向かないということがわかりますね。


ロードカナロアの特徴は
非根幹距離の成績と根幹距離の成績の差がはっきりと現れています。
マイル以下の距離、2000mが買い条件だと言っていいと思います。


ルーラーシップの特徴は
1200m、2000m以上の成績がいいですね。
特に2400mのレースではかなり成績がいいですね。
この条件では狙っていいと思います。


ハービンジャーの特徴は
距離よりも馬場状況が大きなウエイトになるので距離だけでは目立った傾向はありません。



マンハッタンカフェの特徴は
非根幹距離(1800.2200)の成績が少しいいですね。
ただ、そこまで大きな特徴はありません。



オルフェーヴルの特徴は
これは、、、、距離云々ではないですね。



ヴィクトワールピサの特徴は
得意距離の幅が非常に狭いですね。
1800~2000の勝率、連対率がいいのに対し、短い距離も長距離も著しく成績が落ちています。


キンシャサノキセキの特徴は
芝では距離が伸びるほど成績が落ちるということですね。

と、いった感じです。

ちなみに、土曜日のジャスタウェイ産駒の出走予定は

1R芝1200m
 5 ティレニア
14 ヤマカツルビー

の2頭です。
狙ってみるのも面白いかもしれません。

ほかでは
4R芝2000m
 9 ノアキセキ
10R2600m
 9 プルクラ

と、全部で4頭出てきますので注目して見ていきたいと思います。

では今日はこのあたりで失礼します。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事