鳳凰のブロマガ

5/25 葵S 他

2019/05/25 01:00 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 競馬寺子屋
  • 鳳凰
  • 葵S
  • 重賞
  • 京都
  • 東京
  • 次走注目馬
  • 日本ダービー
日曜日はいよいよ東京優駿こと日本ダービーですね
競馬の世界ではダービーが中心に番組が組まれます
それは日本に限った事ではありません
本場英国でも・・・
いや、本場は日本以上だと言ってもいいと思います
全てのホースマンの夢それがダービーなのです
いや、ファンにとってもそれは同じですね

昔、ウィンストン・チャーチルという英国首相が
「ダービーオーナーになるのは一国の宰相になるよりも難しい」
と、言ったとかなんとか・・・

ほかの人の言葉が回り回ってチャーチルが言ったというふうになったという説もありますが・・・

では日本のダービーがいつから行われているかご存知ですか?

1932年(昭和7年)から行われています
最初は目黒競馬場で行われ第3回から東京競馬場で行われるようになりました
他の3冠レースの皐月賞(1939年)菊花賞(1938年)と比べても歴史は古く他の八大競争と言われるレース桜花賞(1939年)優駿牝馬<オークス>(1938年)天皇賞(1905年※1)有馬記念(1956年)と、比較しても如何に歴史があるレースかがわかっていただけると思います。
※1 第一回天皇賞とされる帝室御賞典は1937年ですが前身とされる「The Emperor's Cup」エンペラーズカップは1905年(明治39年)とされています。

また
皐月賞 「最も速い馬が勝つ」
菊花賞 「最も強い馬が勝つ」

に対して
ダービー 「最も運のある馬が勝つ」
と言われます。

ただ、実際は馬場の違い、施行時期の違い、競馬場の特性から現在では最もスピードを求められるのはダービーだと言っても過言ではないでしょう。

それほどまでにこの時期の東京競馬場は雨でも降らない限り高速馬場となりスピード不足の馬では勝てません。

さて、ダービーに関する話の続きはあすにして土曜日の競馬の予想にいきましょうか


まずは重賞予想から

葵S <重賞 京都 芝1200m>

3歳のスプリンターの頂上決戦と言っていいレースです
マイルの頂上決戦NHKマイルC(G1)、中距離の皐月賞(G1)、そして日曜日行われる3歳の頂上決戦日本ダービー(G1)と比べレースの格こそ通常重賞(Gの格付け前)ですが短距離馬にとってはやっとできた短距離路線の目標レースです。

昨年から重賞に格付けされたためほとんどデータはありません
もちろんそれ以前のOP開催時代もありますが重賞だからこそ狙ってくる馬もいるのであまり参考にしすぎるべきではないでしょう。

ちなみに昨年の結果は

1着 2枠 3番 ゴールドクイーン 古川吉洋 
シニスターミニスター 母父タイキシャトル    逃げ
2着 1枠 1番 ラブカンプー   和田竜二 
父ショウナンカンプ   母父マイネルラヴ     先行
2着 7枠14番 トゥラヴェスーラ 福永祐一 
ドリームジャーニー  母父アドマイヤコジーン  追込
2着は同着でした。
で、9番人気、6番人気、2番人気の決着でした。

勝ちタイムは1:08.0
ラップタイムは12.1-10.8-11.0-11.0-11.2-11.9
スタート3Fは33.9
ラスト3Fは34.1
ペース判定はミドルペース

でした。

先週の京都1200mは2レースが行われました

土曜日
4R 1:09.2 ミドル 先行 差し 差し
1着 メイショウボーラー 母父オペラハウス
2着 ロードカナロア   母父サンデーサイレンス
3着 ダノンシャンティ  母父フレンチデピュティ

日曜日
9R 1:08.1 ミドル 差し 差し 差し
1着 キンシャサノキセキ 母父Storm Cat
2着 ロードカナロア   母父クロフネ
3着 ハービンジャー   母父サンデーサイレンス

種牡馬名の色分けはいつもどおりのルールでやってます
 Halo系
ピンク サンデサイレンス系
黄色 ノーザンダンサー系
水色 ミスタプロスペクター系
紫色 シアトルスルー系

では印にいきましょう

◎ 7 アウィルアウェイ
ジャスタウェイ 母父キングカメハメハ
1200mのレースは新馬戦以来
1400mでも1.1.0.1の結果は出しています
2走前のフィリーズレビューは稍重の馬場で7着も0.3秒差
前走は1600mの桜花賞でスタート後不利があり1.3秒差の10着
2走前は馬場、前走は距離が長く不利もあり、、、
ここでの距離短縮はプラス

○ 1 ケイアイサクソニー
ロードカナロア 母父タイキシャトル
京都1200mは1.0.0.0
距離短縮は過去3度あり1.1.0.1
直線に坂のあるコースでは14.7.2.8.12着で0.1.0.4
直線平坦コースでは5.1.2.1着で2.1.0.1
京都1200mはこの馬にあったレース

▲ 6 ディアンドル
ルーラーシップ 母父スペシャルウィーク
過去5走全て1200mで4.1.0.0
前走はリステッドのマーガレットSを完勝
休み明けになるが前回の休み明けでも問題なく勝利
京都は初めてだが平坦コースの小倉でも勝っているように問題ない
過去に2度1分8秒台で勝っているように速い流れにも対応できる

ここから先は簡単に

△ 10 エイティーンガール
ヨハネスブルグ 母父アグネスタキオン
京都1200mで1.0.0.0で京都向き、2走前の勝ち方も優秀

△ 11 ディープダイバー
ブラックタイド 母父レイヴンズパス
朝日杯FS5着、前走はリステッドの橘Sでも勝利

△ 15 マリアズハート
シャンハイボビー 母父マリアズモン(レイズアネイティヴ系)
前走は初の芝レースで出遅れながら1200m1:08.8の好時計で勝利。

馬券
3連複
7-1.6.10.11.15 各1割


「次走注目馬」

東京6R 3歳500万下
9 ダノンラスター

今回ブリンカー装着
前走の敗戦が不可解ではあるものの相手のレベルも低いのでここで勝ち負けできないようでは・・・
ここで連に絡めない場合次走注目馬取消

馬券
馬連
6-9 10割


京都11R 葵S
6 ディアンドル
7 アウィルアウェイ

ともに上記参照

馬券
ワイド
6-7 10割


東京12R 4歳上1000万下
3 レッドフレイ
8 ダイワエトワール

3は2走前が優秀。休みを開けながらしか使えないのが辛いが持ってる能力はここでも上位
8は東京D1600mで2.1.0.0と高適性のコース設定で1000万下でも2着あり

馬券
ワイド
3-8 10割


では土曜日も競馬を楽しみましょう ⊂・^ミ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事