紀伊の匠のブロマガ

東方流星群「ドレミー・スイート」

2019/08/17 21:33 投稿

  • タグ:
  • 東方流星群
  • ドレミー・スイート
wikiにも書いてないということなんでとりあえず。
というかぶっちゃけ撮影が面倒、2窓は必須やし。文章なら書けるんですけどね…

●基本性能
HP:840
移動値:80
基本ディレイ:535
射角:10~85
→これといった特徴はない=平均的な性能なので基礎スペックだけ見ると割と初心者向き。
 平面立ち時、真上射角は取れないのでそこだけ留意すればOK。下射角もそれなり。


●通常弾

・弾1:夢弾
(威力280・削岩32・ディレイ130・当たり判定6)
単発の威力弾。判定6は気になる人は気になるけどキャラ判定が5と考えれば普通

・弾2:ドリームエクスプレス
(威力140・削岩46・ディレイ170・当たり判定8)
単発の削岩弾。判定8は他の削岩弾でも多いので慣れやすい

→弾自体の性能も普通。威力も削岩もあるのでとりあえずオールレンジOK。判定も平均的なので覚えやすいでしょう。

●スペルカード

スペル名:夢符「愁永遠の夢」
(威力220、削岩42、ディレイ170、当たり判定6、EXP 200/650)
爆風範囲のキャラが状態異常にかかっていた場合、その状態異常の効果ターンを1ターン延長する。
毒状態の場合のみ、(対象の毒ターン÷3+5)ターン延長する。

→弾自体は単発通常弾で、「何かしらの状態異常(緑字でログが出るものが対象)があると追加効果があるよ」というもの。逆に状態異常が無い場合は撃ってもあまり意味がない。弾の本体性能も1番と2番の中間で近接戦で削岩で落としたいときに《2番じゃ自分も落ちるかも?》と感じたら撃つぐらい。1番で撃墜出来るならそれに越したことはないが…


●キャラ特性

《アイテムエンチャント》
状態異常・吸血アイテムを装填すると、次に発射する通常弾に状態異常やデバフ効果が付与される。
装填した弾によってドレミーの周囲にもやのエフェクトが出て、弾1を撃った場合もやと同じ色の弾が出る。
この能力の仕様上、状態異常・吸血アイテムを直接使うことは出来ません。

《どう違うか?》
直接状態異常を投げた場合(その他のキャラ)は当てると確定で3T分状態異常になります。あと割と広範囲。その代わり削岩は起きません。
ドレミー・スイートの場合、通常弾に乗るのでダメージも削岩も発生します。2番が削岩46なので、当てれば状態異常かかるわ削岩大きいわでリターン大きい。その代わり1T少なくなりますが、2Tでも十分強力なのであまり気にならないでしょう。

アイテム(もやの色):効果
移動不可弾(赤):爆風範囲のキャラに移動不可効果
角度変更不可弾(青):爆風範囲のキャラに角度変更不可効果+HPダメージの半分ディレイを増やす
上下反転弾(緑):爆風範囲のキャラに上下反転効果+HPダメージ分EXPを減らす
暗転弾(黒):爆風範囲のキャラに暗転効果
吸血弾(紫):与えたHPダメージの半分を回復 FEHの太陽やんか!

状態異常弾のターン数は、与えたダメージによって変わる。(200ダメージ以上で3T、それ以下なら2T)
吸血弾の回復量は、パワーアップでダメージを増やすとその分吸収量も増える。
これらのアイテム弾を使用した分のディレイは加算されない。
複数装填した場合は、最後に装填したアイテムの効果のみ適用されるのでご注意を…


●ランダムタイマンだと?
└たまにタイマンでキャラをランダムにする機会もあるので、このキャラが出たらどうなるかというもの

基礎スペックも弾もごく平均的な性能なので、状態異常抜きでもある程度戦えます、むしろ癖がない分やりやすい。
火力も弱くはないので割と当たりキャラ。多弾はないので小細工が出来ないことだけ注意。


●キャラ解説・総評


(エスコン7風スペックチャート。コレガヤリタカッタダケ)

〈キャラタイプ:テクニカルタイプ〉
・アイテム弾を使用することで通常弾に状態異常を付与できるキャラ。
 基礎スペックや弾性能自体は普通かつシンプルなため、アイテム弾を抜きにしても戦いやすい。通常弾だけ見ればレミフラと同等クラス。
 スペカは本体性能は低いが、自身のキャラ特性を活かしたコンボは勿論、他の状態異常キャラ(特にみすちーとか)との連携にも強い。
・反面、単発弾しかないため貫通力に乏しく防御技やシールドに弱い。当然潜りも出来ない。
 また、状態異常を回復できるキャラ(特にえーりん、自身のみだとめーりん・白蓮も含む)が敵にいるとやや特徴を生かし辛くなる。
・ドレミーの特性を活かす場合、連射より状態異常を重視しても良い。(初心者にはお勧めしない、連射を抜くとどうしてもキルを取りにくくなる)
 状態異常では最強の暗転と何かもう一つ二つ持って行くことで本領発揮、敵に嫌がらせをしていこう。
 近接戦の場合はディレイ増加を伴う角度変更不可、中~遠距離戦の場合は上下反転が意外と効く。


え?撮影?8月中にできたらいいな…

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事