ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

小島秀夫監督コナミ退職、さて次はどうなるのか。

2015/12/16 12:11 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • コナミ
  • KONAMI
  • 小島秀夫
  • MGS
  • メタルギア
  • メタルギアソリッド
(12/16 15時頃追記):公式情報で確認したので一部内容を変えました。

※単なる妄想話です。ご立派な分析とか裏情報とかありませんのでご了承あれ。

メタルギアシリーズ等で有名なゲームクリエイター・小島秀夫さんがコナミを退職した。そして自らのスタジオを作り、そこでの作品をプレイステーション4独占タイトルとして出す事も発表された。



元よりコナミはコンシューマゲーム部門などのパワーバランスが弱くなっており、音ゲー関連で有名なNAOKI(前田尚紀)さんがカプコンへ移籍したり、ラブプラスの内田明理さんやミノ☆タロー(箕星太朗)さんも退職したりと、その変調ぶりは多くのネット民からも批判を浴びていた。MGS5が各種ゲームアワードを受賞しても一切小島監督の登場が無いという状況に海外のゲーム関係者もコナミにブーイングを浴びせる始末だった。

そんな中での退職。小島監督は今後どういう展開を見せていくのであろうかと思っていたこの流れである。セガ信者な私としては、以前シェンムー3の開発再開にSCEが助力していたのも覚えているので、まったくもってSCEには頭が上がらない。といっても任天堂も好きなのは変わりませんが。

別会社を作ってゲーム制作に関わるというと、私の知っている所で言えば元カプコンで近年だと「サイコブレイク」を制作した三上真司さんがTango Gameworksという会社を作り、プラチナゲームズとの契約で「VANQUISH」を作ったり、現在はベセスダ・ソフトワークス等を擁するゼニマックス・グループ傘下に入りゲーム開発を行っている。小島監督のケースは個別契約だろうか。

どこかの会社の子会社にならないのであれば、開発会社というのは様々なパブリッシャー(販売会社)からソフト出す可能性がある。前述したプラチナゲームズ等はそれこそコナミ販売の「メタルギアライジング」を開発しているし、「ベヨネッタ」は最初セガの販売で出したが、その後セガの権利も残したまま任天堂の販売で「ベヨネッタ2」が出ている(蛇足だがスマブラ登場おめでとうございます)。この様に様々な可能性がある。

だが、当然ながらゲームソフトには「権利」がある。
バイオハザードを産んだ三上真司さんが、2の制作や「デビルメイクライ」や「大神」を産んだ神谷英樹さんがそれらの続編を作っていないのは、いずれの権利もカプコンが所有しているからである。恐らくご両名とも作りたい等とは言わなそうだが、万が一作りたいと言ってもカプコンが会社としてOKを出さない限りそれが実現する可能性は無い。

コナミはコンシューマゲームへの興味を会社として失いつつあるように感じるが、公式サイトではこんな表現をしている。

ニュースリリースより
>コナミデジタルエンタテインメントは、今後も「メタルギア」シリーズの制作と提供を
>通じて、お客さまに新しい遊びをお届けしていきます。

この表現が小島監督退職を悟られない為の見栄で書かれたのか、本当にそう思っているのかはまだ判別出来ない。だが本当にそう思っているのであれば、今後もメタルギアシリーズの権利はコナミが握り続ける事になる。

もしそういう状況になったとしたら、可能性は4つある。

①もう新作は作られず、各種グッズのロイヤリティ収入や移植・リメイクで稼ぐ
②新作は作られるが小島監督は関わらない、関われない
③権利を売り飛ばす

小島監督が関われるとしたら③になるが、その場合は買い取った先が小島監督と契約するか、もしくは小島監督の会社が買い取るという前提が必要になる。
「④小島監督と個別で契約して新作を作る」というのも一瞬考えたが、「コナミと今後関わることはない」という噂レベルの情報もあったりして、それが事実だとすると可能性は低い。

冒頭にも述べた通り、この記事は妄想でしかものを言っていない。果たしてどうなるかは何の確証もない。正直小島監督であれば、これを機に「メタルギアの小島」という状況から抜けだして新しい作品を生み出したいと考える可能性もゼロでは無い気がする。ただ、メタルギアファンは世界規模で散らばっているので、彼らの存在もまた小島監督は解っている筈だ。それだけに今後の可能性は全く解らない。

いっその事、「スナッチャー」や「ポリスノーツ」で小島監督を知ったおじさんとしては、緻密な世界観のアドベンチャーゲームを再び作って欲しいという気持ちもあったりする。ジャンルとしては別にアドベンチャーゲームは今も廃れていないと思うし、多分アクションゲームよりデバッグ・調整に擁する労力も軽減できると思うので(素人考え)、丁度いいような気がするのだ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事