ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

【マリオメーカー問題】ようつべ式サムネが乱立するのは大した問題ではない。

2015/10/10 12:44 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • マリオメーカー
  • スーパーマリオメーカー
  • マリオメーカー問題
  • ゲーム実況
やはりというか、もはや歌い手じゃなくゆっくり動画クリエイターになっている鋼兵さんがいわゆる「マリオメーカー問題」について論じた動画が上がっている。

気になった点は一点。「ようつべ特有のクソサムネが乱立する」という事を問題視している点である。

一応説明すると、ようつべ(YouTube)では往々にして実況者の顔/ゲーム画像/大文字テキスト等を組み合わせて構成されるサムネイルがテンプレ化している。ようつべのゲーム実況動画界隈を除けば一発で解るだろう。

このテンプレ乱立状態が結果的に悪影響をもたらすと鋼兵さんは考えているようだ。そしてご本人もこのテンプレ状態に対してうんざりしているのかもしれない。

だが、果たしてこのテンプレ状態が悪影響をもたらすのか?

そもそも「最近ようつべのテンプレが流入している」という状況判断を行える時点で、私はそのゲーム実況ファン(自称)は違うゾーンに入っているような気がする。概ね現状、応援している実況者を持っているゲーム実況ファンは「ゲーム実況業界」という概念でコンテンツに触れていない。だからこそサムネにもテキストが入るのだ。「サムネもネタの一種」と考える古参勢とはそもそも意識が違う。そしてそれは結局「お前の好き嫌いじゃねーか」って片付いてしまう。

そもそも論が続くが、そもそも(←しつこい)サムネのテンプレ化に気づけるようなレベルの人間の多くは「実況してみた」とか「遊んでみた」というタイトルの時点で「ああまた実況動画か(遠い目)」という反応をする筈だ。そう、「~してみた」という文末表現こそ遥か昔から続く「凡庸なテンプレ」の代表格ではないか。

鋼兵さんは「サムネ」というより解りやすい「絵」が出てきた事でよりテンプレ化へのヘイトが貯まってしまったのだろうが、私の感覚ではサムネのテンプレ化は追加攻撃みたいなものだ。とっくに動画タイトルの時点でテンプレ化は起きていたのだ。

というかそもそも、ようつべテンプレが流入する以前のゲーム実況界隈に「サムネだけで面白い」動画なんて実況界隈の全体から言えばほんの僅かではなかろうか。それなりにゲーム実況界隈に対して屁理屈をこねている私でも「このサムネ面白え」っていう動画の記憶がない(単に脳が老化しているだけという説)。そう考えると「ようつべテンプレによりサムネが凡庸になった」のではなく、「元々凡庸なサムネしか作れない人の動画がようつべテンプレを導入した」と考えた方がいいような気もするのだが。

この「テンプレ」という概念も正直好き嫌いでしかない。それこそ鋼兵さんの主戦場になっている(いいのか?)ゆっくり動画なんぞ、あの頭部2つが並び立つサムネばかりで、それこそテンプレでしかない。鋼兵さんの近年の活動からああこれ鋼兵さんの動画だろうなと推測できる人はいるだろうが(実際私もそうだったし)、鋼兵さんを知らなくてゆっくりだけ知ってる人からすれば彼の動画も「ああどこにでもあるゆっくり動画のサムネだな」で終了してしまう。しかもサムネ内テキストで動画の内容を匂わせるという意味じゃこれこそようつべテンプレと同じ穴のムジナであろう。

という事で、やっぱりこれも結局好き嫌いの話じゃない?というのが私の分析である。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事