ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

約15年前、セガマニアが失った青春を取り戻すため、「シェンムー」が還ってくる。

2015/06/17 09:29 投稿

  • タグ:
  • シェンムー
  • シェンムー3
  • オープンワールド
  • セガ
  • 鈴木裕
約15年。

私の青春のど真ん中にそのゲームはあり続け、そして世界的なオープンワールドゲームムーブメントの始祖として存在していながら、決して続編が作られる事はなく、今後もそんな事はない、そう思っていたゲームがある。

それが「シェンムー」だった。




失われた青春は、きっと永遠に戻る事はない。


セガマニアがドリームキャストという夢を、青春を失って以降、ソフトメーカーとしてのセガがどれだけ頑張っても、「龍が如く」という魂の継承者が現れても、その夢は実現する事はなかった。

私はかつてセガの名越稔洋さんにニコ生で質問した事があったが、続編は「ない」とはっきり明言された。その時点で私は腹をくくったのだ。もう、セガとしてシェンムーの正統続編が出される事はないと。それはある意味、名越さん自身が手を付けてはいけないゲームなのだと思っていたからなのかもしれない。子(弟子)が親(師匠)の作品に手をつけるなどもってのほかであると。


だが、人はいつしもあの青春の日々を取り戻したいと願うものだ。

そして、もうセガの人ではなくなっていたシェンムーの生みの親、鈴木裕もまた失われた青春の結末にケリを付けたいと願い続けていた。

ある意味、セガが自ら動き出す事はない、そして鈴木裕自身がセガの人ではない。
その2つの事実があったからこそ、この話は実現したのだろう。セガがいずれ動かす予定を立てていたのであれば、こんな動きを許す筈がないからだ。

そしてその夢は動き出した。「クラウドファンディング」といういかにも現代のスタイルで。

とりあえず開発再開のための最低目標は半日すら経たずに達成された。その時点で見えてきた事は、世界中に「シェンムーこそ我が青春」と思っている同志がいたという事だ。その青春の炎は私が想像していた以上に熱く燃えたぎっていた。

海外の方のリアクション動画を見た方ならご存知かもしれないが、泣く者もいれば投資を惜しまない覚悟の者もいた。ただ願うだけでなく、明確な形で「支援」する意思と財力と持ったファンが育っていた。その事実が夢の実現を可能にした。皮肉な話かもしれないが、セガが傾くのではと言われた程に本気で作ったゲームだからこそ、時を経てこれだけのファンが育ったのかもしれない。

もちろん不安は付きまとう。鈴木裕および当時のメインプログラマーらしき方が関わるとは言われているが、ゲームはリーダー格の人間だけで出来が決まるとは限らない。特に圧倒的物量を誇るオープンワールドゲームならば尚更だ。

あと身も蓋もない事を言えば、やたらQTEが多い元の作品自体、ゲームバランスが完璧とは言えなかった。つまり骨子は昔のレベル以上ありながらも、よりブラッシュアップされたゲームにしなければ、シェンムー3は肩透かしなゲームになる危険性すらある。

私は業界人ではないので、これが可能なのかは不明だが、とりあえずセガ自ら腹を痛めるリスクは回避されたのだから、せめて当時のノウハウなど、残っている「資源」があれば是非開発の方々と共有して頂きたい。それこそ鈴木裕さんの弟子(部下)であった名越稔洋さんはいまセガの開発トップなのだから、龍が如くスタジオないしセガのスタッフを送り込むぐらいの助力はしてもらえないものだろうか。いまの国内オープンワールドゲームという意味では、継続して龍が如くスタジオはノウハウを蓄積しているのだから。

何はともあれ、僕らが失った青春が戻ってくる。

僕らはまた、目を輝かせながら芭月涼という青年を操る日々に戻れるのであろうか。
それともむしろ絶望に苛まれながら、「こんなんなら復活しなければよかった」と思うのだろうか( - -)

とりあえず僕らは、未来をこの手の中に掴む事ができた。これで僕らも、失った青春にケリをつける事ができる。

その未来はまだ予想図でしかないが、形になる事は間違いない筈だ。
未来は今、始まったばかりである。



追記:なおまだ支援は受け付けております。一番安いので5ドルからありますが、ゲームそのものが貰える権利で言えば29ドルのが一番お得かと(PCもしくはPS4のダウンロード版が貰えます。今じゃ四捨五入すりゃ1万に近いゲームがある中、この額で買えるなら安いもんかと思いますが)。それ以上のは特典が増えていく感じです。
まあ詳しくはこちらへ、日本語説明もついてるので、私でも支援できました。ただクレジットカードいりますけど。
https://www.kickstarter.com/projects/ysnet/shenmue-3/

【参考動画】

>セガマニアの情熱の深さと熱さをご覧ください


>シェンムー2プレイ動画の始祖

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事