ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

例の「チャンネル詐欺(?)問題」は「ユーザーチャンネル」のあり方に影響を及ぼすか?

2015/06/09 01:21 投稿

  • タグ:
  • niconico
  • ニコニコチャンネル
  • ユーザーチャンネル
随分と遅れて知ったのだが、有料チャンネル持ちのゲーム実況者・まおさんが知人と遊びに行った際のブロマガ記事で、無料部分の終わりに「集合写真と共にどうぞ」と書いてしまったが、実は有料会員になって全文読んでも集合写真なんてありゃしないという事をやってしまったが為に炎上してしまったそうだ。

まぁ本当に言葉のあやで意図的に騙すつもりが無かったとしても、結果的に嘘なので、こればかりは弁護のしようがない。先程調べてみると、アマゾンのギフトコードなどで返金対応するとの事だ。念の為に言っておくが、会員履歴はチャンネル所有者がチェックできる筈なので、これに乗じてギフトコードを騙し取ろうとしても無駄である。というか無駄どころか逮捕レベルの話だが。

何はともあれ、今回の事件は「一個人が有料チャンネルを所有する」という事の問題点を考えさせてくれた部分もある。かつてニコニコチャンネルは法人・団体しか持てないのが当たり前だったが、ある時期から段階的に「ユーザーチャンネル」として希望を出した人の中から、活動実績などを考慮して、運営がチャンネルの所有を認める形になっていった。運営が認定するのは今も変わらないのだが、これまでは数回に分けてキャンペーン的に第●弾ユーザーチャンネルみたいな感じで発表していたものを現在は随時認定を出す方式に変わったようだ。その為、気がついたらあの人がチャンネルを始めていた、という事が増えた。

だがこの「実績」という概念は解りづらい。コミュレベルどんだけ行けばいいとか、そういう明確な数値は公表されていない。つまりユーザーチャンネル持ちへと転職したくても、転職可能なレベルが解らないという仕様なのだ。まぁ明確にしたらしたで不都合もあるのだろう。例えば違法行為で炎上的にコミュレベルを上げるとか、そういうのは運営的にも勘弁してほしいのだろう。

とはいえ、運営がユーザーチャンネルを与えるユーザーに「法的な清廉潔白さ」を求めているかと言われれば、現実問題としてそんな状況になっていない。多くのゲーム実況者は未だ権利問題の曖昧な動画を残したまま活動を続けている。ゲーム実況のパイオニアとも言われる「GODSGARDEN」すら番組にスポンサーのロゴは記載しても実況しているゲームの権利表記を記載しない状況であり、割と有名どころでも権利問題に関しては曖昧な部分が多い。さすがに有料放送で違法実況をやるなんて人は見たことがないが。今後も有料チャンネル持ちの実況者が増えるのであれば、そういう人が出ないという保証はない。

結果的に有名実況者の多くは有料コンテンツが権利許諾を要さないプライベート動画やブログ記事になりやすい。冒頭のまおさんのブロマガ記事だって元々はそういう事だった筈だ。一部の実況者は代理店とエージェント契約みたいなものを交わしているみたいだが、それでもニコニコゲーム実況チャンネルみたいな平日全部実況番組で埋まっているという状況は作れていないので、彼らおよび代理店ですらそんなにゲーム会社とのコネクションは強くないのだろう。

だから彼らは必然的に「タレント売り」にならざるを得ないのだ。今後もこの「ゲーム実況者として有名になる→ネットタレント化する」という流れは変わらない可能性が高い。この点に関してはファンが価値を感じているのであれば何の問題もない。もちろんその価値が永遠に続くのかという問題は別にあるが。

何はともあれ、こういう騒動が起きる事でネットタレント勢に良い事なんて一つもない。風評被害を被る一部の真っ当な人には気の毒な話だが、個人で他のネットタレントに注意喚起するのは限界がある。やはりここは彼らと共犯関係でメディアを拡大させてきたドワンゴなどがチャンネル認定の際、様々な指導を行っていくべきなのではなかろうか。そうしないと結果的にタレントが育たなくなり、ドワンゴも不利益を被る気がする。

極端な事を言えば「ユーザーチャンネルって必要か?」という事も言えなくはない。そもそもニコニコチャンネルでは「海燕」さんというブロガーがユーザーチャンネル施行前にチャンネル開設できていて、現在も活動している。つまり自ら積極的に「私はこれで何とか生計を立てていく」という意思のある人なら、運営はチャンネル開設にOKを出しているのだ。また、ゲーム実況者でも個人ではなく代理店などの提供を受けて法人でチャンネルを開設してもらうケースが「ガッチマン」さんなど多数存在する。何なら自分で法人を立ち上げてしまえばいいのだ。

なので意識的に活動している人にとってユーザーチャンネルは別にあってもなくてもいい仕組みだとも言える。どちらかと言うと、自分たちのメディア独自のタレントを擁したい運営側の都合で作ったのではという気がする。となると、この事件もある意味運営側が招いた必然だったのかもしれない(強引な結論)。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事