ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

タレント/アイドルから声優に転身・進出した人を適当に集めてみた。

2014/07/04 03:11 投稿

コメント:79

  • タグ:
  • タレント
  • アイドル
  • 声優
  • 転身
  • 進出
  • 地方競馬
  • 障害競走
単なる気まぐれでググっていたら、それなりにいたのでまとめて記録してみました。

但しざっくりグーグル先生とウィキペディア先生で調べた程度なので完全網羅はしてません。そのへんはあしからず。なお元々役者で、その後声優に活動範囲を広げたケース(宮野真守、朴璐美など)を含めると膨大になるので省きました(それを言ったら黎明期の声優は全員転身した人になるので)。あと「ゆいかおり」の二人は「転身」なのか判断に困ったので省きました。可能な限り参考動画をつけてみましたが、なかなかいいのが見つからない人のは断念しました。


>柚木涼香

1990年、「永椎あゆみ」として映画「櫻の園」で映画女優デビュー。1992年より「角松かのり」としてヌードも濡れ場もグロ映画でもOKな女優として活動。あまりの残虐描写で映倫に審査拒否された一部では伝説の映画「オールナイトロング」に出演している(蛇足だがその3作目の主演は「ゆず」活動前の北川悠仁だったりする)。また、ヘア露出のないヌード写真集も出している。

1997年、永椎あゆみ名義で「ビーストウォーズ」に出演し声優業に進出、その後現在の「柚木涼香」に改名し現在に至る。



>MAKO

スペースクラフトに所属し、Nansho Kidsというグループの一員として活動、後にガールズバンド「BON-BON BLANCO」のメンバーとしてデビュー。アニメ「ワンピース」とのタイアップとなった「BON VOYAGE!」がスマッシュヒットしたが、後にグループは活動休止した。なおグループ活動中に個人でアニメ「かみちゅ!」に声優およびED曲アーティストとして参加している。

グループ活動休止の後、本格的に声優業へ転向、2011年にはスペースクラフトを退所し、アイムエンタープライズへ移籍した。


>ゆりん

タレントとしてホリプロに所属、芸名はネットの公募で決まった。2003年「王様のブランチ」にてタレントデビュー。2006年末でホリプロとの契約を終了。

以降ホーリーピーク、アーツビジョンを経て現在はアクセント所属。最近では「スペース☆ダンディ」のハニー役を演じた。


>佐武宇綺

2005年、パフォーマンスガールズユニット「9nine」にオリジナルメンバーとして参加、現在も活動は継続中。2009年「ミスマガジン」の読者特別賞を受賞して以降、グラビア活動も活発になる。9nineとしては「スタードライバー」など、アニソンタイアップの作品もリリースしている。

近年声優業にも進出、最近では「スペース☆ダンディ」のQT役を務めた。

※参考動画は同上

>後藤友香里

幼いころは新体操をやっており、全日本ジュニア代表選手に選ばれ、全日本大会優勝、世界大会4位という成績を残している。

2005年、パフォーマンスグループ「AAA」の追加メンバーオーディションに合格、メンバーとなる。
2007年、機能性不正出血で倒れ、出演舞台を降板。その後、治療のためにAAAを脱退した。2009年にはグラビア写真集、DVDをリリースしている。

その後、アミューズメントメディア総合学院声優タレント学科へ入学、2013年卒業し、青二プロダクション所属となる。4月には声優ユニット「Trefle」のメンバーに選ばれている。


>久保ユリカ

2002年、新垣結衣や能年里奈を輩出した「ニコラモデルオーディション」のグランプリを獲得、その後彼女らと同じ事務所であるレプロエンタテインメント所属のタレントとして活動。かなりエロ度数の高いグラビアをやっていて、二度の事務所移籍と改名(本名→楢原ゆりか→本名→現在の表記)を経て現在フリーランスで活動中。

2010年に「ラブライブ!」の小泉花陽役で声優デビュー、以降声優業がメインとなる。また、持ち前の適応力とキャラでラジオ、ネット配信関連の番組でも評判となり、特にその画力がネタにされる事が多い。


>飯田里穂

小さいころからタレント活動をしており、NHKの「天才てれびくん」のてれび戦士として4年間活動した。ジュニアアイドルとしてグラビア活動も開始、これまでリリースした写真集と映像作品は共に10作以上、グラビア歴は10年を超えている。

彼女もまた久保ユリカと同じくラブライブ!の星空凛役で声優業に進出している。


>山本彩乃

2003年、井上和香、紗栄子(当時の芸名は「サエコ」)と共に日テレジェニックに選出され、グラビアアイドルとして活動。その後、高梨臨らとアイドルユニット「ピンクジャムプリンセス」として活動しリーダーを務めるも、活動は短期で終了してしまう。

2009年より声優業へ進出、一時期は声優業のみマウスプロモーション預かり契約という形だったが、2011年8月より完全にマウスプロモーション所属声優として移籍、現在に至る。


>仲谷明香

2006年、AKB48の3期生オーディションに合格。それ以前に中学2年から声優養成所に通っていたが、母子家庭という家庭の事情もあり、学費が払えず途中で辞めている。

2010年、岩崎夏海の「もしドラ」オーディオブック版の朗読を担当。元々は女子高生のセリフのみ担当する予定だったが、筆者が彼女の声を気に入り、全編彼女の朗読に出来ないかと出版社へ打診、結果全編朗読となった。なお本作品は同年の「オーディオブックオブザイヤー」にて優秀作品賞に選ばれている。なおアニメ版でも北条文乃役で出演している。その後アニメ「AKB0048」、「ちとせげっちゅ!!」等にも出演。

2013年、AKBを卒業。同年7月よりアミュレート所属となる。更に同年末『ハピネスチャージプリキュア!』のオープニングテーマ「ハピネスチャージプリキュア!WOW!」を歌う事が発表された。


>佐藤亜美菜

2000年頃に芸能プロダクションに所属し、「アイドルビーム」というアイドル番組などに出演していた。

2007年、AKB48の4期生オーディションに合格。後に開催された第一回の選抜総選挙では柏木由紀を抑え8位入賞、中間発表から最終結果までの間の得票数が1位の前田敦子すら超えていたという脅威の伸び率で、一部ファンの間では語り草となっている。

2011年末、アニメ「AKB0048」の声優選抜に選ばれているが、声優としての活動自体は2009年から行なっている。「夢色パティシエール」「森田さんは無口」「坂道のアポロン」などに端役ではあるが出演している。ラジオで冠番組も持っており、2011年4月開始以降現在も続いている。

2013年末にAKB卒業を発表。その後、2014年6月に声優事務所の「大沢事務所」所属となった。


>秦佐和子

2009年、SKE48の3期生オーディションに合格しデビュー。なおSKE加入以前に、既に声優養成所に1年半ほど通っていた。

2011年末、「AKB0048」の声優選抜に選ばれ、声優に初挑戦。

2013年、SKE卒業と、4月より再び声優養成所に入学する事を発表。
同年、在学中のままアニメ「境界の彼方」や「恋愛ラボ」の端役で出演。
2014年には「とある飛空士への恋歌」のノエル・アルバス役で役名付きの声優デビューを果たした。
現在養成所は卒業した事が解っているが、どこかの事務所に所属しているのかは不明。


>能登有沙

2002年、ジュニアアイドルとして写真集に出演、翌年NHKドラマに出演。
2004年、ハロプロエッグオーディションに合格し、ハロプロエッグの一員となる。その後「音楽ガッタス」への参加、動画チャンネル「ドガドガ7」へ石川梨華、嗣永桃子と共に出演などを経験。

2011年、事務所をスタイルキューブに移籍、同年StylipSの一員として活動開始。振付も担当している。
近年は振付師、モーションアクターとしての活動も多く、「アイカツ!」「THE IDOLM@STER ONE FOR ALL」への振付協力、765PRO ALLSTARSの「M@STERPIECE」の振付、モーションアクター、初音ミクの音ゲー関連のモーションアクターなど多数担当している。

声優としては2010年、「怪盗レーニャ」という作品でデビュー。最近では「マンガ家さんとアシスタントさんと」の音砂みはり役を担当した。


>上坂すみれ

8歳の時、英検受験の帰りに現在の事務所であるスペースクラフトのジュニア部にスカウトされ芸能界入り。日本人として始めて「ヴィダル・サスーン」のCMに起用されたらしい(一応調べてみたが動画は見つからず)。その他幾つかのCMに出演している。

2011年、同事務所のアニメセクションに所属変更。同年、「パパのいうことを聞きなさい!」の小鳥遊空役で声優デビューした。

※過去動画はニコ動では見つからなかったのでようつべから探しました。
・CM 大正製薬 ヴィックス メディケイテッド ドロップ『学校篇』
・CM GBA「真・女神転生 デビルチルドレン」

コメント

ALTO
No.81 (2014/08/20 04:56)
ええと・・・岩男潤子さんや櫻井智さんがいないのはなぜ?
飛駆鳥
No.82 (2015/08/04 18:53)
こういう状況を「競馬」で例えるとしたら「障害競走・地方競馬」みたいな感じかな?
ひかりびっと
No.83 (2016/12/30 20:50)
声優として大成している人って大抵が転身組だったりするんだよなあ・・・
アイドルとか子役とか舞台とかでやっていた人の方が声優として成功するし演技も優れているというのがね
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事