ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

Abemaの「ウルトラゲームス」はゲーム実況史の分岐点になり得るのか?

2018/01/21 16:20 投稿

  • タグ:
  • Abema
  • AbemaTV
  • ウルトラゲームス
  • ゲーム実況
  • ゲーム実況者
  • タレント
  • 芸能人
既にチャンネル枠自体は存在しているが、本日1月20日の20時より、AbemaTVのゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」が開局する。

ネットメディアではあるが、そもそもがテレビ朝日とサイバーエージェントの出資なのでテレビに構造は近いと言われている。
となると、出演者はどうなるのか?niconico界隈はそれなりに「ゲーム実況者」が出演する番組が多いが、Abemaはどうなのか。

以下ウルトラゲームスの番組を並べてみた。


モンスターハンター:ワールド4時間生放送で一狩り行こうぜSP!

<キャスト>
井上聡(次長課長)/川島明(麒麟)/夏菜/堂珍嘉邦(ケミストリー)
パンサー/ザ・たっち/鈴木Q太郎/ゴー☆ジャス/カプコン辻本良三プロデューサーほか

「ウルトラゲームスpresents エンドレス・マリオメーカー」

<キャスト>
平成ノブシコブシ/アンガールズ/スギちゃん/小嶋真子/宮澤佐江
ボビー・オロゴン/流れ星/まっくす/猫マグロ

RAGEvol.4シャドバ 決勝

<キャスト>
■出演
総合司会:武井壮/アシスタントMC:荒井レイラ
ゲスト実況:森 慶太(株式会社Cygames プロダクトマネージャー)
解説:kuroebi/ゲスト解説:石上静香、佐倉薫、植田佳奈、優木かな
■コスプレイヤー:みゃこ、渚、成賀くるみ、るしゃ、なっこ、Carry

EVO Japan 2018配信記念!「シンデレラゲーマーズ」

<キャスト>
インパルス板倉/ときど/たぬかな 他

Abema Game 9 アゲナイッ! マンデー(マンデー~フライデー)

<キャスト>
【月】岩井勇気(ハライチ)/杉山紀彰/小野友樹/沢城千春/永塚拓馬
【火】佐藤哲夫&黒瀬純(パンクブーブ)/飯田里穂/佳村はるか/大橋彩香
【水】田村裕&川島明(麒麟)他
【木】中川翔子、石田ニコル 他
【金】ケンドーコバヤシ、吉木りさ 他

プンプン丸の部屋

<キャスト>
プンプン丸(OPENREC公式キャラクター)/竹達彩奈

P-Sports〜目指せ、ポケモンバトルマスター!〜

<キャスト>
木本武宏&木下隆行(TKO)/はじめしゃちょー/ロバート山本

モンスト1000万個オーブ山分け! 土田ヒカキン軍団VSダチョウ倶楽部!

<キャスト>
ダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)/土田晃之/HIKAKIN
東海オンエア(てつや、虫眼鏡、としみつ)/デンジャラス安田和博
新宿カウボーイかねきよ勝則/タイムマシーン3号(関太、山本浩司)
野上慎平/ぺんぺん/ぎこちゃん/ナウ・ピロ/しろ/パンク町田ほか


とまぁある意味予想通りだった。芸能人が主軸となっているキャスティングである。ネットタレント系はユーチューバー勢の方が呼ばれやすいのだろうか。

この状況から考えてみると、Abemaは

①芸能人の「ゲームタレント力訓練所」になる?

芸能人と言えども最初からゲーム実況/ゲーム番組に適した能力を持っているとは限らない。だからこそ非芸能人なゲーム実況者などがゲーム番組に呼ばれる可能性を持っていたのだが、Abemaという芸能界とのコネクションが太いメディアがゲーム番組を大量に持った事で、半ば強制的に「ゲームタレント経験値」を稼げる機会を得る事が出来る。芸能界とゲーム業界とのWIN-WINな関係(?)が成立するかもしれない。

②ネットタレント勢の「テレビタレント訓練所」になる?

前述の通りAbemaはテレビに制作システムが近く、あるグラビアアイドルが同じネット番組に出るならAbemaの方がテレビ出演に向けての訓練になる、と言った程である。
となるとAbemaに進出する事は、テレビタレントとして活動していく為に求められる経験値を得られるのかもしれない。ならば現状ネット番組には慣れているがそれ以外のメディアにはアウェーな彼らの訓練所として機能する可能性もあるのではないか?

③プロゲーマー&ガチ勢のタレント化・知名度が促進する?

前述の通り、番組にはいわゆる「プロゲーマー」「ガチ勢」が登場するゲーム大会の中継・実況番組も存在している。Abemaは将棋チャンネルの例を見る限り、独立したチャンネルを立てたらどんどん放送枠を埋めていく可能性が高い。
そうなるとバラエティ番組的に作るコンテンツの他に「ガチ勢」方面もフォローできるゲーム大会中継も適度に配分しておいた方が様々なゲームファンを取り込める。そのゲームを売る側にとっても良い宣伝になる。そして大会を主戦場とするプロゲーマーはプロとしての価値と知名度が高まるのでゲーマー本人にも契約する側にも嬉しい効果がある。これまたWIN-WINの関係である。更に言えば、「ゲーム解説役」という役割は恐らく芸能人でも難しいので、様々なゲーム番組においてそのパズルのピースを埋めるキャストとしてプロゲーマー&ガチ勢が呼ばれる可能性もある。

以上、こうした可能性を私は適当に妄想している。
何はともあれ、ゲーム実況の世界・歴史において大きな分岐点が今日・2018年1月20日に訪れる事は間違いないのではなかろうか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事