ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ナッキー(ケーシー高峰)の屁理屈。

とうとうテレビが本気出してゲーム番組を作った(たぶん)~「勇者ああああ」について

2017/04/08 09:57 投稿

  • タグ:
  • テレビ
  • TV
  • ゲーム
  • テレビ東京
  • 勇者ああああ
  • アルコ&ピース
ニコ動が出てきた時、私はネットに「タモリ倶楽部」みたいな程よく自由でだけど楽しい、そんな番組が沢山出てくる事を願っていた。

だが、結果的にそんな番組に溢れる事はなかった。
私はテレビというものを解っていなかった。そうだ、テレビ番組は往々にして「集団」で作り上げるコンテンツなのだという事を。

タモリ倶楽部にしたって、構成作家がいて、撮影スタッフがいて、タモリさんをはじめ演者さんが出て、そして編集され絶妙に気の抜けた番組になる。

ネットで大人気の「どうでしょう」関連もそうだ。一瞬あの番組はあのメンツをカメラの前で泳がせておけば勝手にああいう番組になるんだろうと思ってしまうが、そんな筈はなく、膨大な撮影データの中から使える部分だけを抜き出し、そしてあの絶妙な字幕をつける事で「コントロールされたグダグダ」が生まれる。完全なる即興コンテンツなんてほぼ存在しない。

話をようやく本題に戻そう。テレビ東京がアルコ&ピースをメインMCに「勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~」というゲーム番組を作った。ネットでも見逃し配信してくれている。(4/13まで配信予定)



番組の狙い所は副題の通りである。ゲーム知識がなくてもそれなりにバラエティとして見られる(はず)。冒頭の企画が「波動拳コマンド失敗したら電流」という実にTV的な企画なのだが、みんなが知ってるゲームであること、コマンド技の苦慮した経験がゲーム世代ならそれなりにあること、企画の中で踊らされるのが芸人さんたちであること、そしてTVならではの無慈悲な編集&ナレーションでなんとかする殺法で前述の「コントロールされたグダグダ」を生み出そうとしている。勿論これが面白いかの評価は個人差があるのだろうけど、私には十分楽しいコーナーだった。

この時点でお察しの方もいるだろうが、ゲーム知識がなくてもなんとなく見られる番組とはいえ、実はゲーム知識があった方がもっと楽しめる番組でもあるのだ。この狙い所・匙加減が私にとっては重要で、完全にゲーム知らない勢だけを狙ってゲーム好きには何の楽しみも見いだせない番組にしてしまってない所がいいのだ。テレビ的な、つまり広い層にも楽しみのポイントを用意しておきながら、あえて「僕ら」と言うが僕らゲーム好きならもっと楽しめるツボも配置しておく、この「どっちも捨てないでどっちも楽しませる」という実は恐ろしい事をこの番組はやろうとしているのだ。

そして次のコーナーは最初のコーナーに全く無かった華(冒頭のコーナーゲストはドランクドラゴン鈴木拓&鬼ヶ島アイアム野田)を埋めようと言わんばかりの女性タレント起用。ただしその使い方が憎い。夜にはびこる「自称ゲーム好き」タレントにニワカの烙印を押すべくアルコ&ピースがイジり倒すというもので、これもまたゲーム好きなら「そこを狙うのか」とニヤリと出来る企画であろう。また、こういう企画でありながら何だかんだ女の子とマリオカートやって楽しんでいるという状況になっているのも微笑ましい。僕らネットの評論家勢の様にニワカ扱いでバカにするだけじゃないのも素晴らしい配慮だ。後味を悪くしない毒舌、それもまた重要であろう。

そして最後のコーナーはよりゲーム好き向け度が高くなっている。「新ゲーム芸人公開オーディション」という様々な芸人にゲームをテーマにしたネタを披露して貰うというある意味安上がり&キャラ発掘企画になっている。企画説明でも言われているが、重要度は「ゲーム愛」だそうで、ゲーム好きがニヤリと出来るネタを重視していくようだ。そして実際そうだった。最後はボンバーマンを知らないと楽しめないだろうというネタだった。

ついでに言えば、そのボンバーマンネタをアシストしている別の芸人が高橋名人のモノマネ芸の人だったりする。

さて、この意味がお解りだろうか。
ボンバーマンは元々ハドソンのゲーム、そして高橋名人は元ハドソンである。これはこの番組スタッフなら狙ってやったんじゃなかろうかと思えてしまう。もし狙ってないなかったらそれはそれで奇跡的な偶然だ。

ちなみに次回予告を見る限り、女性ゲストは石田晴香(元AKB、現在声優として活動:「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」 - 入間美兎 役など)である。AKBオタとしては彼女がニワカではない事は断言できる。とどのつまりガチのニワカなのか否かは関係ない、という事だ。

ついでに言えばニコ動のコメントで中川翔子をニワカ扱いするという恐ろしい情弱がいた。たぶんこのコメンテーターにとってゲーム好きを強くアピールするタレントは検証する必要もなくニワカ扱いなのだろう(遠い目)。

番組公式サイト
公式Twitter

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事