megaflickzのブロマガ

自分がコンテンツホルダーになった途端狭量になるという不合理さ

2017/12/16 18:26 投稿

コメント:17

  • タグ:
  • MMD
  • 利用規約
  • 二次創作
下記、『【東方ボイスドラマ】魔理沙さんのスペルカードを探せ!』に登場する霊夢の3DCGモデルの作者、Sheep3Dさんが『例のアレ』での使用を禁じると表明したことについて、賛否両論巻き起こっています。
禁じる理由は「私はそれがあまり好きではない」からだそうな。



このように作者の個人的な考えで制限を設けている例は特段珍しくありません。これでもSheep3Dさんはまだ制限が少ないほうだと思います。

予め例のアレでの使用について禁じている者は他にもいますし、(例①例②

また、「公式設定にない恋愛表現の禁止」(例①例②)や

「別作者の同じキャラクターと同時に登場させることの禁止(クッキー☆で言うRIM一家やALC一派の表現)」(

果ては、「特定キャラクターとの共演禁止」()や

特定作者の素材と一緒に使用することの禁止」(理由:私にとっての大の地雷だから)までキメている者までいます。

うーん、奥が深いですねぇ・・・

もちろん、たとえ二次創作であっても著作者人格権は二次創作の作者にありますから、望まない使われ方を制限することができます。

ただ、いまいち腑に落ちません。
自身が著作権者の寛容さや未認知のもとで創作しておいて、いざ自分がコンテンツホルダーになったら強硬な態度を見せるという不合理さを感じるからです
「自分は人にちょっかい出すけど、自分にちょっかい出されるのはNG」という横柄な人間を想像してしまい、正直いけ好かない印象を持ちます。

上記例に挙げたような人たちは自分の作品の使用先をすべて掌握したがります。そこで自分の趣向と合わないものがあったところで見なかったことにすればいいのに仕切りたがるわけです。大元の著作権者を差し置いて。
だったらそもそも信頼している仲間の間だけでやりとりするなり、あるいは公開しなければいいわけですが、そうはしません。
やっぱり不特定多数に公開してできるだけ多くのフィードバックがほしい。だけど個人的に気に食わないものは存在すら許せない。その考えの結果、頓珍漢な条件をつけて公開するという行動に至るのです。
ツイッターで例えるなら「FF外から絡まれたくないけどRTやファボはたくさんほしいから鍵垢にしない」という人たち。まあ同情はできますが実に都合のよい、ずうずうしい考え方です。

このブログ記事は100%感情論です。
私はずうずうしい人間が嫌いです。さらに言うなら、ずうずうしい人間の主張を受け入れて付け上がらせる人間も嫌い。ただそれだけです。

ですが、社会的正しさは感情論を100%封じ込めることはできません。死刑制度、ジャスラック、違法動画のストリーミング視聴など、社会的には問題ないとされていることでも「それってどうよ?」と議論されている事象が無数にあります。今回の件でSheep3Dさんが非難されることは特段おかしなことではないのです。

感情論を封じ込めるには、感情で説明する必要があります。
Sheep3Dさんは皆にひとこと言ってやればいいのです。
「俺のズリネタを穢すな」と。

いつ起きるんですかね・・・

コメント

ろっちゃんだよー
No.16 (2017/12/18 20:19)
淫夢みたいな人を馬鹿にして笑う側がいまさらこんなこと言うのか…
良心に訴えかける感情論かざす前に淫夢がどういうジャンルなのかを認識すべきじゃないですかね
いす
No.17 (2018/01/21 11:48)
前半の禁止リンク先読むだけでもう顔じゅう草まみれや
つか腐向けジャンルばっかじゃねえかお前ん家ぃ!
ビーム理論
No.18 (2018/01/31 07:54)
公式に黙認されてるような二次創作なら分かるけど
東方に関してはZUNが二次創作に対してルールを決めた上で認めてるんだから、そこに関してsheep3Dはダブスタとは言えないし図々しいと言われる所以もないと思う
>>7の行動にはたしかに問題があるけど
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事