サワタリカズマのブロマガ

服が描けねえ!!! というお話。

2019/01/22 18:48 投稿

  • タグ:
  • かぐや様は告らせたい
  • メイキング
  • イラスト
  • 上達
どうもこんにちは、サワタリです。

今回は、失敗作についての紹介です。
先日始まったアニメ、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』が面白かったので描いてみたけど、見事失敗しました、というお話です。

そういえば自分の動画は、成功例だけを紹介するのではなく、失敗から何かを拾おうというのがメインテーマだったことを思い出したのでした。

じゃあ早速ですが、今回の失敗作はこちら。



どこがうまくいかなかったかというと、まず、他者からの評価、すなわちツイッターでのファボRTの伸びですね、はい。

去年動画にした秦良玉さんはこんな感じ。


そして、今回のかぐやさまはこんな感じ。



う~んこの。



次に、ツイッターでの伸びが悪かった原因の分析です。
まず、かなり久しぶりに描いた服が拙かった、ということだと思います。
ファッションの本などに、裾や袖には視線がいくので(丈の長さには)こだわろうね! みたいなことが書かれているのを読んだことがあるのに、上の絵を見るとアウトライン自体かなり適当です。しわとかを描くのに精いっぱいだったからね、しょうがないね。



そもそも、今回なんでちゃんと服を着た絵を描いたのかというと、

1.服の描き方がわからないでござる・・・
2.せや! 水着のちゃんねーだけ描けば問題にならんやん!
3.でも、いつも同じような絵になってきてレパートリーが)ないやん
4.そろそろ服を着たキャラを描くか~、しょうがねぇなぁ

という個人的な事情からでした。
人類全員競泳水着着てればいいんだよ(過激派

実は去年から、少しずつ水着以外のキャラも描こうとしていました。上で紹介した秦良玉さんも、その一環として水着よりもぴっちりスーツのほうがまだ布面積広いやろって思いながら描きました。ご覧になればお分かりいただけると思いますが、しわとかロクに描けてないです。

それでもかなり評価してもらえたのは、服のパーツ数が多かったので、服の出来があまり目立たなかったからでしょう。

というわけで、これからも服を描く機会を増やしていくつもりなので、ワンランク高い服を描くためにやることを述べて今回は終わりにします。

1.デッサン力を磨く。

デッサン力といっても、別に画塾に通ったり、闇雲に模写したりするつもりはありません。
『脳の右側で描け』という本に載っている、デッサンに必要な5つの技能をひとつずつ身に着けていくつもりです。これに関しては次回から紹介する予定です。

2.絵を描き続ける。

みなさん経験がおありかと存じますが、絵をネットに上げても思うような評価が得られないとき、モチベーションが下がって絵を描くのをやめてしまいかねません。しかし、他人は私の欲望をかなえてくれる機械ではありません。他人は他人の価値基準で行動するものなのに自分の願いをかなえてくれというのは非常にエゴイスティックな欲望だということを肝に銘じておくことにします。

それにしても、ツイッターの反応というのは非常に正直なので修正ポイント探しには非常に役に立ちます。描いたときはめちゃくちゃええやろ! どや! と思っていたのに評価されなかった絵は、しばらく間をあけてから見ると、やはり何かしら拙いポイントがあるものです。
それでは、今回はここまで。






最後に、こちらのチャンネル登録を、ぜひお願いします。なんでもしますから。
(https://www.youtube.com/watch?v=AIWh2WHj-U4)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事