kawasemi337のブロマガ

ブロマガ始めましたけど駄文注意

2013/07/02 21:22 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 駄文

どうも、ニコニコ静画の方でアイマスMMDの画像を投稿させていただいている、
kawasemi337と申します。
よくよく考えてみれば私も一応プレ垢だったので、ブロマガ書けるじゃんと思い投稿した次第でございます。正直なところ人との会話は苦手ですが、相手のことを気にせずに一方的に自分が考えていることを喋るのは結構好きです。適当なことしか書かないので、駄文タグがついている記事は別に読んでいただかなくても構いません。

多分、基本は独り言の駄文静画の話と最近見た動画エロ妄想みたいなのを垂れ流していくことになると思います。

文章について
最初は静画の説明文にいろいろ書きたいと思っていたのですが、
1000文字というのは何気に少ない事に気が付きました。
小学生の頃は400時詰めの原稿用紙に毎度頭を悩まされ、それ以降もレポートや書類などで文字数制限の中で、文字数の足りなさに毎度頭を悩まさせられていたのですが、妄想を垂れ流すだけの脊髄反射の文章作成には逆に制限の中に押しとどめることが大変難しい事を最近知りました。また、頭を使わずに文章を書くため、誤字脱字や話の無意味さが目立つと思います。
しかも、唐突に話が変わります。

今回は「喋る」ことについて独り言をだらだらと。
喋るって言っても会話のことではありません。ネット上での発言についてです。
まあ、そんなかしこまった話はしません、自分語りみたいなものです。

静画の説明文とツイッターの口調は自覚できる程にずいぶんと異なります。
そもそも、静画の方は文章も作品の一部だと考えています。
できるだけ万人向けに丁寧な言葉を使おうと心がけています。
しかしどうしても語りたくなる性分なので、反転で妄想を垂れ流したりしています。
反転は配慮であり照れです。あんなふざけた妄想さすがに前面に押し出すことはできません。
気づいてー(チラッチラッくらいが関の山です。
もし私の妄想で気分を害された場合は、これ以降の作品の文章を反転しないことをお勧めします。そんな性分ですのでどうしても長文になってしまうのです。
簡潔な言葉を用いて勝負されている投稿者さんにはいつも感服しています。

私は前述したとおり独り言をつぶやき続けていたいタイプの人間です。
そのため、ネットを用いての発言は惹かれもしますが、抵抗もあります。
特にSNSは大の苦手です。
facebookやmixiも勧められて始めてみたのですが、あれ、すっごくめんどくさいんです。
現実で知ってる上にそこそこ多い頻度で顔を合わせる相手と、全く面識のない相手の両者に分け隔てなく私の文章が公開されるわけです。もちろん公開範囲の設定は両者にありますが、毎度のように設定するのも大変めんどくさいわけです。しかも、赤裸々な話をしたい相手、できる相手、隠したい相手などになってくるともうてんてこまい。挙句の果てには隠したい相手に公開した相手からばれるとか痛々しすぎて…
自分の発言に責任は持ちたいところですが、いちいち目くじらを立てられても困りますし、自分の発言がばれることにおびえるのも情けない。
赤裸々でいたいんです

誰も私の事を知らず、私も相手を知らない関係でいられるなら私は全裸になれます。

で、そもそもニコニコで最近投稿し始めたばかりの私ならば、現実の私を知る人はいないと思ったわけです。だって、ニコニコのアカウントを教えあうことなんてめったにないでしょうし、それができる相手なら裸も見せられます。

ツイッターは長文に向いていません
見る専なのでニコマスの界隈の方たちをフォローさせていただいたりもしていたのですが、ただの見る専の私をフォロー返しをしてくれる方も何名かおられました。そんなある意味やさしい方々に、とりとめのない話でタイムラインを独占するなどという行為はなるべく避けたいのです。面識もなければこっちが一方的にストーキングしているような相手の前に全裸で飛び出すのは本物の変態がやることです。
私は節度のある精神的な変態でありたいと思います。
あとつぶやきとはいえおかしいところがないか確認している内に時間がたつとつぶやく気が失せるときもあります。また、つぶやいたことを後から編集することができません。

独り言のために自分でどこかのブログを開設するのは数年前に試してみました。
昔ブログをやっていたころは、スパムがコメントについてはいつもやるせない思いになっていたうえに、書きたいこともすぐに無くなり最終的に自分がアクセスしなくなりました。
誰かに返事をしてもらいたいわけじゃないけど、見られている実感がないと書く必要性を感じない。そんな感じでブログは辞めました。

でもですねえ、静画を投稿し始めてからありがたいことに現時点で11人もの方にお気に入り登録をしていただいてます。あっ、書いてる間に一人増えた。ありがとうございます。
少なくともこの12人のもとには私が馬鹿な事をしゃべっているということが多分ニコレポで配信されるわけです。
実際に読んでいただけるかは別として書いたことがもしかしたら伝わっているかもという気がするのは結構うれしいものです。むしろ、お気に入り登録をした方々にすら読んでもらえなくても構いません。
だってここまで読んだ方はわかるように文章下手ですから私。
口下手で文章下手…救いようがない

というわけでブロマガを利用することにしました
長々とお付き合いありがとうございます。
最初に書いた通り、駄文タグの記事はあくまで駄文なので、適当に流しちゃってください
他の記事で見てもらいたいことがあるときは、その都度分かりやすい文章にするなり見やすく改行するなりして読んでもらう努力をしますから。


何の身にもならない全裸の私の駄文に時間を割いていただきありがとうございました


コメント

kawasemi337 (著者)
No.2 (2013/07/02 21:36)
知性のかけらもない文章だな、気が付けばだらだらと2350字か…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事