置き忘れの傘お化け

幽霊と珈琲の放課後.41.あとがき

2014/07/19 15:22 投稿

  • タグ:
  • 小説
  • あとがき
あとがき

 これを持って一応、幽霊と珈琲の放課後完結となります。
 はい、はっきり言ってただの行き当たりばったりな話となりました。ただ、これくらいの長編を最後まで書き上げたのは初めてだったので、それなりに満足してます。
 ほとんど仕事のストレスのはけ口みたいなものだったのですが、かなり楽しんで書いてました。基本的にお酒を飲みながら書いてることが多かったので、そのあたりも含め、ノリノリで書いて投稿した挙句、翌日読んで顔を赤くすることが多かったのですが、それもまた一興……かな?
 とにかく、楽しかったです。まぁ、私一人、何も気にせず書いていたので、そもそも読んでくれた人がいたのかもわかりませんが、とりあえず書いておきます。ありがとうございました。
 最初は昔懐かしキャラ対談風のあとがきにしようかと思いましたが、あまりにこっ恥ずかしかったためやめました。当たり前ですね。

 ネタの解説をすると、まず塩コーヒーの辺りでしょうか。
 これ自体は結構有名なネタ?で、ゾイドなんかで知った人もいるかもしれません。調べたら、ちゃんとあるんですよね、塩コーヒー。
 で、私も実際にやってみました。
 ええ、塩を入れすぎましたとも。
 そのあと、慎重に塩を入れ過ぎないようにしてもう一度飲んだら、今度は割りとイケる味でした。砂糖を入れるより、酸味がマイルドになって良いですね。まぁ、基本ブラックでしか飲みませんが。
 次に狐の嫁入り祭りですが、幽霊→魂→狐火→狐の嫁入り祭りと連想していった結果、あの祭りを書くことにしました。
 このお祭り、実際はそれほど歴史があるわけでもなく、二十年くらい前に町おこしの一環で始められたようです。私は一回だけ行ったことが有りますが、その時はまだ子供で背が低かったせいで、あまり良く見えなかったのを覚えています……。なんのために行ったんだ。
 あと、エジソンが晩年研究していたと言われる心霊研究に関しては、本当のところどうだったんですかね。私、気になります。
 その辺りの心霊研究と、ダンカン・マクドゥーガルの魂の重さやらの俗説を混ぜてお話を作っていたわけですが、なんか、やり過ぎるとどんどん宗教臭くなるというか、隠し切れないカルト臭がするというか、その辺を調整するのが面倒でした。結局、隠しきれていたかは謎です。
 最初なんて、幽霊と珈琲の科学っていうタイトルでしたからね。どこぞの宗教団体まんまな感じになってしまって、どうしたものかと悩みました。
 結局ラノベによくある「放課後」という単語をくっつけてそれらしく見せることになったのですが、ちゃんとラノベに見えたのか不安な感じ。私は間違ってもどこかの宗教組織の回し者では無いので、そのことを信じてもらえれば幸いです。

 お話作りの大本というか、影響を受けたラノベはだいたい電撃初期の作品が多かったりします。
 イリヤの空とか、僕の血を吸わないでとか、天国に涙はいらないとか、ラストビジョンとか、Missingとか、そのあたりでしょうか。
 挙げた作品を読んだことがある人には、なんとなくそれから受けた影響を感じ取ってもらえるかも知れません。圧倒的に技量が足りてないですが……。
 他にも、これまで色々な作品を読んでいますが、やっぱりこれらの作品のイメージを未だに拭えてなかったりします。特に、イリヤなんか本当にまんまな気がします。あ、パクリとかそういうんじゃないですオマージュです叩かないで。
 そんなこんなで、自分の中の浪漫を詰め込んだ作品となりました。詰め込みすぎて闇鍋みたいになってますが。
 キャラクターで書いていて楽しかったのはダントツで朱音です。次点で部長。主人公は……。
 いやほんと、朱音は好き勝手動いてくれるので書いてて楽でした。
 というか、当初の予定としては朱音と秀理の物語になるはずでした。部長は最後まで出てこない役回りだったりします。冒頭の辺りで、その辺の名残がちょっと残ってたりするのですが、結局修正しないまま最後まで来てしまいました。仕方ないね。
 そんなわけで、ツッコミどころの多い物語となりましたが、個人的に楽しんで書けたので良しとします。
 ニコブロに投稿したのは、なんだかんだ昔から入り浸っているところだし、他に小説投稿したいと思えるような場所もなかったので。連載、という形式だと、中途半端なところでやめることにもならないかなと思ったので、こんな感じになりました。結果的にはこれで良かったかなと思います。
 この話はこれでおしまいですが、また何か書いてみたりするかもしれません。その時は生暖かく見守って下されば幸いです。
 では、ありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事