かるぱすのブロマガ

どうしても言い訳がしたかった話

2019/05/15 22:47 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
自分がこの趣味から手を引くときは絶対に黙ってスパっと止める



少なくとも1年以上はVtuberというコンテンツを見続けてきて数えきれないほどの楽しい思いをしてきました。

そんななかで、この趣味から離れていく人の中には何も言わずにいなくなってしまう人もいれば、「見なくなった理由」だとかをブログ等に綴る人もいました。
自分としても所詮は趣味の域であるから前者のように…と考えていましたし、そういうブログを見てきてなんて冗長に言い訳を書き連ねているのだろうとか思ってもいました。
しかし、今となってはそのブログを書き起こす気持ちというものが少しだけ分からるような気がします。まぁ、見当違いである可能性のほうが高いのですが。

自分としては月並みではあるのですが、離れる理由をこうして文字に起こすことで気持ちの整理をしたいという気持ちが大きくあります。
この記事を以て決別の意識を強く持つことで、戻ってこないようにしないと意志が薄弱な自分はきっとまた戻ってきてしまうと思えたので記事に起こすことにしました。

本題の「言い訳」としてはとても簡単でこの趣味に割ける時間が無くなってしまったためです。
というより正しくは時間が無いというよりも、時間を使う自分の中での優先順位が低くなってしまったからです。
現代の人間社会は年度が新たに変わると身辺に大きな変化が起こることも多いもので、自分もその類に漏れず4月からガラッと生活リズムが変化しました。
そうなるとどうしても都合が合わないためにライブストリーミングを視聴することができずに、アーカイブを視ようにも1つのアーカイブを見終わる頃には新たに10や20のアーカイブが増えています。
もちろん寝食を削れば時間の融通なんてものはいくらでも利かせられるのですが、それによるコンディションの低下で生活を危うくさせるだけの度胸というものは持ち合わせておりません。
そう考えると自分の中で時間を使うべきものとそうでないものを並べたときに、どうしてもこの趣味が低い位置に来てしまいます。

そんなことを考えながらいつまでもダラダラと惰性で視聴を続けても、それはきっと心から楽しめないだろうし、推しに限って言えばクリエイターとしての気質が強い彼の提供するコンテンツをそんな楽しみ方で受け取りたくないと考えました。
結論としては、自分の中で心から楽しめるコンテンツとして受け止めることができなくなったので、この界隈から身を引こうと考えたということです。
決して、飽きてしまったわけではなく、つまらなく感じるようになったわけでもなく、自身の気持ちとして向き合い方に許せない部分が生じてしまったということです。

以前にブロマガ内で「この界隈の時の流れは激しい」というようなことを書いた覚えがあります。
この事実を改めて痛感したのはつい先日のことで、最後に視聴したライブストリーミングが1ヶ月前だというのに、様々なチャンネルを見ていると興味の惹かれるタイトルのアーカイブが何十件もあるのです。
たった1ヶ月の間にこんなおもしろそうなことを提供しているライバーがたくさんいるのに、もったいないことをしてきてしまったと、少し後悔してしまいました。
しかし、今までこの趣味を続けてきて良かったと思えることの方がやはり圧倒的に多くあり、なかでも推しのエピソード配信についてひとつの終わりを迎えたところまで見届けられたというのが何より嬉しく感じます。

こうして記事を綴っているとそういった記憶がフラッシュバックされて、一層寂しさを強く感じるのですが、先述のとおり寂しいという気持ちだけで縋っていても蔑ろにしてしまえば意味のないことですので、この辺で終わりとさせていただきます。

言い訳を冗長に述べただけの駄文ではございますが、もしここまで読んでいただけたなら幸いです。
ありがとうございました。


コメント

mitunaka
No.1 (2019/05/15 23:03)
決意のブログにこんなこと書くもんじゃないかもしれないけれど、いつでも戻ってくるといい、
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事