ROUTE 765

嫁にするなら?

2013/08/27 20:04 投稿

  • タグ:
  • novelsm@ster
  • アイドルマスター
誰だろうか。(もちろんアイマスキャラで)

 この間ふと思いついて、風呂に入りながらそのことについて妄想をしていました。いや、本気で2次元と結婚するつもりでいるとか、3次元に微塵も興味が無くなったとか、そういうわけではないんです。自分は思いつきを元にノベマスを書くのがほとんどなので、こういった妄想を広げてネタを探してみるのもいいんじゃないか、と思って試しにやってみたということです、はい。

 考え始めてみると、意外と難しい。765プロのアイドルは13人居ますが、それぞれがポピュラーで代表的な個性を与えられています。細分化されたもモバマスとは違って皆がその属性の代表のようなキャラなので、目移りしてしまう、気がします。
 それと、現在好きなアイドルがそのまま当てはまるとは限らないかもしれません。だってもし結婚するとしたら、アイドルという職業を考えると恐らく二十歳は越えるでしょう。最年少の亜美真美はもちろん、高校生の子も年齢を重ねればそれなりに変わっていくはずです。あずささんはほとんど変わらない気がしますが。
 
 というわけで結論を出すために、2X歳になったアイドルを順に想像してみました。
 まず春香は......一番想像しやすいかもれません。高校生のときほど元気爆発な感じではないかもしれませんが、よく笑いよく怒り明るく旦那に尽くすタイプ。裏の顔は……まぁ非公式設定だからいいでしょう。美希は......アイドルをやめて主婦になるとやっぱり昼間は寝てばかりになりそうですが、旦那が家にいるときはべったりで家事も一緒にやっていたりしそうな。雪歩は......ある程度苦手なものも克服でき、落ち着いた女性が想像できます。結婚生活も夫婦で共にゆっくりと歩んで行くような落ち着いたものになりそう。
 と、こういった妄想は、人によって色々なバリエーションがやストーリーが生まれそうですね。

 風呂場で頭をフル回転させていた自分の妄想が止まったのは、千早について考えたときでした。
 千早は......大きくなったらどうなるんだろう。自分はゲームの千早ルートをやっていないので間違っているのかもしれませんが、基本ゲームもアニメも弟を亡くして家族が離れ離れになったという設定。アニメでその設定を初めて知ったのですが、千早は弟が事故にあったのは自分のせいだと思い込んでいて、しかもそれが原因で夫婦が別れたという壮絶さに驚きました。
 もしこの設定をベースとするなら、この出来事やその後の生活は千早にとって大きな傷となっていて、その傷と付き合って生きていかなくてはならない。本当に深い傷です。でも、千早も年齢を重ねていって事故が起きたときの2倍の歳になる頃には、過去のトラウマとも折り合いをつけていって、少しは落ち着けるのではないか。でもそうなると、アニメの設定的には少しマズい。千早は歌が好きではあった、けど歌っていたのは弟への贖罪のような意味が大きかった。そこでトラウマが薄まっていくと、千早の歌に対する情熱は冷めてしまうのではないか。
 そんなトラウマに徐々に折り合いをつけていき、年齢を重ねた千早の話を書いてみたいな、と風呂場で思いました。タイトルは『ばらばらの五線譜 -23歳になった千早-』。なんで23歳、というのは、アイマスファンなら馴染みの深い年齢ということと、自分もついに……ということで23歳に。

 妄想から話が生まれるっていうのはこういうことなんですかね。いつの間にか新作の話になってしまいましたが、妄想の種というのはいくらでもありそうですね。ピヨちゃんが生活のほとんどを妄想に当てているのも頷けます。
 まぁとにかく、七夢古荘の春香編が1話分ほど話ができているのでこっちを先にやるとして、できそうだったら並行してやりたいです。では今日はこの辺で終わります。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事