過労死Pの連日定時帰り

アイマスDAP『DP-X1A』でデレステ動作レビュー

2017/05/27 15:22 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • アイドルマスター
ハイレゾいいですよねハイレゾ。なんかこう、音の解像度が高くてより繊細に聞こえるらしいですよ。
 アイマスコラボヘッドホンが告知された際に、ハイレゾなんてオカルトだ。なんて書いてたブロマガがあったような気がしますけど。

 さて、かねてより到着を待ちわびておりました、アイマスデジタルオーディオプレーヤー(以下DAP)こと『DP-X1A THE IDOLM@STER』が着弾いたしました。

 二次元コンテンツとのコラボモデルなのですが、中途半端なミドルスペックのものではなくコラボ発表時はONKYOの最新モデルかつ、ポータブルオーディオプレーヤーとしては最上位モデルであるDP-X1Aにアイマスのロゴとレザーケースと壁紙と楽曲を特典にした商品となります。

 特典の楽曲の中に、「アイ MUST GO!」が収録されているのが嬉しいですね。
キミにアリガトウ
キミとオメデトウ
キミと出会えたあの日から
重ねてきた想いとともに
ずっと道は続いてる
 ラスサビの「キミと出会えたあの日から」でアイマス10年の重みを振り返ってしまって涙腺にダメージを与えてきます。



 さて、そんなDP-X1Aなのですが、OSがアンドロイドです。
 スペックは以下。


 Google Playにも対応しています。
 となれば、やることはひとつだよなぁ!

 デレステだ!
 (液晶フィルム購入前だったのでプロテクションシートが貼ったままなのは許して)

 名実ともにDAPなのですが、デレステが動くのであれば遊ぶしかないのだ。
 上記のスペックシート見てもらうとわかるように、液晶解像度1280*720はデレステの内部解像度720pと合致しているのでドットバイドットで実行できるし、DAPとしては少々大きすぎる4.7型という画面サイズはデレステをプレイするにはちょうどいいサイズなので、これはまさにアイマス公式アンドロイドとして最適なのではないでしょうか!
 DAP本体の右下に印字されている、『THE IDOLM@STER THREE STARS!!!』の文字が公式端末っぽさを演出してくれてとてもよいです。しかし付属のカバーを取り付けるとここの印字が隠れます。残念。

 そういうわけで、ひとまずプレイ動画をご覧ください。



 見てもらってわかるように、3D標準で謙遜なくプレイできています。ウデマエが足りてないとかいう指摘は知らん。

 難点はふたつ。
 ひとつは、音量を変えるためのダイアルが端末横持ち時(デレステプレイする向き)に左下側にくるのですが、これに指が触れてツマミを回転させてしまうと音量変更の操作画面が前面に重なるように表示されるため、デレステのタップが効かなくなり、ライフがごっそり持っていかれます(2敗)。回避方法はなさ気なので、触れないように気をつけるしかなさそうです。
 もうひとつは、スピーカーがないのでヘッドホンなどが必須です。これはデレステ端末としてはかなり致命的な問題ではないでしょうか。静かな環境でのタイトルコールテロが発生しないという意味ではアリかもしれませんが。


 スクリーンショットも十分なキレイさを発揮してくれているように思います。スクリーンショットはOS標準の電源ボタン+曲戻しボタンにて撮影。デレステMVの中で一番処理がキツそう(体感)なエバモアを参考に。
 髪の毛の先端にジャギ(1枚目志希にゃん)があったり、解像度の低さからか口鼻が潰れてしまっていたり(2枚目全員集合のうち、特に姉ヶ崎、みくにゃん)しますが、3D標準での被写界深度表現は適応されて(3枚目スポットライト)います。

 ジャギを指摘していますが、動いている分にはまったく気にならない程度。
 ドットバイドットでこのジャギということは、たぶん内部解像度上げないと改善は見込めないのでは。




 AnTuTuベンチマークの結果は以下。

 総合スコア:57213
 3D:8581



 似たようなスコアを出す機種はNexus5でしょうか。Nexus5よりも解像度低いけど。
Nexus 5(Android 7.1.1)実機AnTuTuベンチマークスコア
追加日:2017/5/15
総合スコア:56151
3Dスコア:8753
参照元:http://garumax.com/nexus-5-antutu-benchmark


 搭載CPUは、4コア、32bit、クロック2.26GHz。


 ……スナップドラゴンxxxで示してくれないとちょっと比較がしにくいんですけど!


 デレステで実機レビューするときは4曲通してプレイして、LIVEGROOVEイベントに耐えられるかどうかを評価すべきという信念があるのですが、実際に4曲通しプレイをすると、本体がだいぶホットになります。ライブ終えてきたアイドルの体温だと思うことにしましょう。
 筐体がメタル感全面に出していることもあり、なかなかの熱量を感じます。そのためこれからの物販待機列に並ぶような時期に屋外でプレイするにはちょっとしんどいかなという気もします。試してないけど。
 付属カバーは本体をほぼ全面レザーで覆う形になるので、熱が非常にこもりそうです。デレステプレイ時には外して放熱を促した方が本体に優しいと思います。



 結論。
 デレステ遊ぶのに申し分ないから購入者はぜひデレステにも触れよう!
 ミリシタもこの勢いで動いてくれ、頼む!
 放熱排熱にだけはちょっと気を配っておいたほうがいいかも。



 さて、ハイレゾ音源が再生できるこのDP-X1Aは、ハードウェア面でも音質向上のための設計が施されています。
 そのためデレステプレイ時にもその恩恵が得られ……得られているのでしょうか。ちょっとよく分かりません。
 というのも、アンドロイド端末はOS標準ではハイレゾの再生に対応していません。そのため専用回路を通す必要があります。端末に搭載されている標準の音楽再生アプリはもちろんハイレゾ出力ができているはずなのですが、他のアプリでもその専用回路を通ってくれているのかは不明です。あまりにも不明すぎてONKYOさんにお問い合わせメールを送ったので回答あれば追記します。

 そんな違いの分からない耳の持ち主が、お高いDAP買う意味があるのか。と問われるかもしれませんが、味覚のソムリエや絵画の真贋見極める鑑定家や臭気判定士が最初からその能力を持っているわけではないように、聴覚だってイイ音を聞いていくことで養うことができると思うのです。
 なので、せっかくハイレゾ音源の配信もされているのですから、これをきっかけにアイマスハイレゾ音源に触れていって、アイマスの世界により深くひたれるようになりたいですね。
 e-onkyoで配信されてるアイマス音源を、ビヨドリ、サンキュー、ダイアモンドデイズの曲被り歌唱違いを避けて買うとしてもだいたい8万円ぐらいになるのがなかなかお高いのだけども、これ買わないとこの端末買った意味がないというね。心して買いましょうね。

コメント

はやぽん
No.1 (2017/12/29 22:54)
はじめまして。同業のプロデューサーです。

既出かもしれませんがDP-X1/1A のSoCはAPQ8074Tが使われています。

これはMSM8974ABのモデムチップなし版(LTE通信機能が省かれたバージョン)となっております。


なので実質的に動作クロックが2.3GHz版のSnapdragon 801 ですね。

ご参考になりましたら幸いです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事