多分QMAメインになるであろうブロマガ

[QMA] たまってきたので問題整理345(理系学問 生物 グループ分け)

2019/11/12 03:45 投稿

  • タグ:
  • QMA
  • クイズ
  • マジックアカデミー
  • マジアカ
  • 問題整理
  • 生物

目次
理系学問 目次

生物 ○×
生物 四択
生物 一方通行
生物 連想~画像タッチ
生物 並べ替え
生物 文字パネル
生物 スロット
生物 タイピング
生物 エフェクト
生物 キューブ
生物 順番当て
生物 一問多答
生物 線結び
生物 グループ分け

グループ分け

グループ分けは同じ問題でも選択肢の数で☆が変わるので☆は目安程度で。

☆1~3
Q.次の生物内の器官を
機能ごとに
グループ分けしなさい


A.感覚器(耳、味蕾)
泌尿器(膀胱、尿道、腎臓)
呼吸器(肺、気管)


☆2
Q.次の生物内の器官を
機能ごとに
グループ分けしなさい


A.消化器(胃、食道)
循環器(血管、リンパ管)


☆2~3
Q.次の鳥を
飛べるか飛べないかで
グループ分けしなさい


A.飛べない鳥(ダチョウ、ペンギン)
飛べる鳥(トキ、クジャク、フラミンゴ)


☆3
Q.次の鳥を
飛べるか飛べないかで
グループ分けしなさい


A.飛べない鳥(ダチョウ)
飛べる鳥(ペリカン、キツツキ)


☆4
Q.次の鳥を
飛べるか飛べないかで
グループ分けしなさい


A.飛べない鳥(キーウィ、ダチョウ)
飛べる鳥(ペリカン、フラミンゴ)


☆5
Q.次の鳥を
飛べるか飛べないかで
グループ分けしなさい


A.飛べない鳥(ヒクイドリ、ガラパゴスコバネウ)
飛べる鳥(ハシビロコウ)


☆1~3
Q.次の動物を
生物学的分類ごとに
グループ分けしなさい


A.哺乳類(イルカ、クジラ、アザラシ)
魚類(エイ、ウナギ)


☆1~3
Q.次の動物を
生物学的分類ごとに
グループ分けしなさい


A.爬虫類(カメ、ヤモリ、ワニ)
両生類(カエル、イモリ、サンショウウオ)


☆3
Q.次の動物が産む卵を
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.殻がある(ニワトリ)
殻がない(カエル、メダカ)


☆3~4
Q.次の海の動物を
生物学的分類ごとに
グループ分けしなさい


A.哺乳類(シャチ、マイルカ、シロナガスクジラ)
魚類(マンボウ、ジンベエザメ、タツノオトシゴ)


☆5
Q.次の海の動物を
生物学的分類ごとに
グループ分けしなさい


A.哺乳類(イッカク、スナメリ、コマッコウ、オキゴンドウ)
魚類(マンタ、ミズワニ、ネムリブカ)


☆2~3
Q.次の動物を種類ごとに
グループ分けしなさい


A.哺乳類(コアラ、カンガルー、カモノハシ)
鳥類(セキレイ、タンチョウ、コノハズク)
爬虫類(イグアナ、カメレオン)


☆3
Q.次の動物を種類ごとに
グループ分けしなさい


A.哺乳類(アリクイ、コウモリ、ハイエナ)
鳥類(カワセミ、クマゲラ)
魚類(クエ、コマイ)


☆5
Q.次の動物を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.爬虫類(ヒャッポダ、メガネカイマン、サイドワインダー)
両生類(ピパピパ)


☆4~5
Q.次の動物を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.爬虫類(ヒャン、ジムグリ、トッケイ、マタマタ、エメラルドボア)
両生類(サイレン、アホロートル)


☆5
Q.次の爬虫類を種類ごとに
グループ分けしなさい


A.ヘビ(タイパン)
カメ(タイマイ)
トカゲ(ニホンヤモリ)


☆5
Q.次の爬虫類を種類ごとに
グループ分けしなさい


A.ヘビ(ブラックマンバ)
トカゲ(クスリサンドスキンク)
カメ(ホンジュラススライダー)


☆1
Q.次の昆虫の器官を
それがある部位ごとに
グループ分けしなさい


A.胸部(はね、脚)
頭部(触覚、複眼)

触覚は原文まま。正しくは触角

☆3~4
Q.次の昆虫を
卵を産み付ける場所ごとに
グループ分けしなさい


A.木の中(ミンミンゼミ、ゴマダラカミキリ)
水の中(アキアカネ、ヘイケボタル)
土の中(カブトムシ、エンマコオロギ)

葉の裏(モンシロチョウ、ナナホシテントウ)


☆2~3
Q.次の昆虫を、その幼虫が
生息している場所ごとに
グループ分けしなさい


A.水の中(ゲンジボタル、シオカラトンボ)
土の中(アブラゼミ、カブトムシ)
葉の上(モンシロチョウ、ナナホシテントウ)


☆3~4
Q.次の昆虫を
幼虫が餌とするものごとに
グループ分けしなさい


A.他の昆虫(ナナホシテントウ、ウスバカゲロウ)
腐葉土(カブトムシ、カナブン)

葉(アゲハチョウ、モンシロチョウ)
朽ち木(クワガタムシ)


☆2~4
Q.次の昆虫を
成虫が餌とするものごとに
グループ分けしなさい


A.花の蜜(アゲハチョウ)
他の昆虫(トンボ)
樹液(カナブン、カブトムシ、クワガタムシ)

葉(バッタ)


☆2
Q.次の動物を
一般的な体色ごとに
グループ分けしなさい


A.黒(カラス、クロヒョウ、キュウカンチョウ)
白(ホッキョクグマ)


☆2~3
Q.次の植物を、日本で主に
花を咲かせる季節ごとに
グループ分けしなさい


A.夏(ヒマワリ、アサガオ)
冬(サザンカ、スイセン、シクラメン)


☆3~4
Q.次の花の呼称を
一般名ごとに
グループ分けしなさい


A.ヒマワリ(サンフラワー、ニチリンソウ)
ベニバナ(スエツムハナ)
コスモス(オオハルシャギク)


☆4~5
Q.次の花の呼称を
一般名ごとに
グループ分けしなさい


A.フリージア(コウセツラン、アサギスイセン)
ガーベラ(アフリカセンボンヤリ)
アネモネ(ボタンイチゲ、ベニバナオキナグサ)
サルビア(ヒゴロモソウ)


☆4~5
Q.次の花の呼称を
一般名ごとに
グループ分けしなさい


A.ヒガンバナ(リコリス、マンジュシャゲ)
ヒナギク(デイジー、エンメイギク、チョウメイギク)
マーガレット(モクシュンギク)


☆5
Q.次の花の呼称を
一般名ごとに
グループ分けしなさい


A.グラジオラス(オランダショウブ)
シクラメン(カガリビバナ)
カーネーション(ジャコウナデシコ)


☆5
Q.次の花の呼称を
一般名ごとに
グループ分けしなさい


A.ライラック(ムラサキハシドイ)
タンポポ(ダンディライオン)
ゼラニウム(テンジクアオイ)


☆5
Q.次の花の呼称を一般名ごとに
グループ分けしなさい


A.ルピナス(ノボリフジ、ハウチワマメ)
サンダーソニア(クリスマスベル、チャイニーズランタン)
ルドベキア(オオハンゴンソウ)


☆2~4
Q.次の植物を、葉脈の形状ごとに
グループ分けしなさい


A.網状脈(サクラ、アサガオ、アジサイ)
平行脈(イネ、ツユクサ)
二又脈(イチョウ)


☆4
Q.次の植物を花の色ごとに
グループ分けしなさい


A.黄(キャベツ、カボチャ、キュウリ)
紫(ナス)


☆3~5
Q.次の生物を
生態系においての役割による
分類ごとにグループ分けしなさい


A.生産者(スギ、ヒマワリ)
消費者(イヌ、ゴリラ)
分解者(コウジカビ、バクテリア)


☆3~5
Q.次の農業や園芸で害虫とされる
昆虫をその加害様式ごとに
グループ分けしなさい


A.幹に食入(キクイムシ、カミキリムシ)
葉を摂食(チャドクガ、アメリカシロヒトリ)
茎葉や果実を吸汁(ウンカ、アブラムシ)

根部を食害(コガネムシ)


☆3
Q.次の植物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.被子植物(デイゴ、タンポポ、サトウキビ)
裸子植物(アスナロ、イチョウ、カラマツ、セコイア)


☆5
Q.次の植物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.被子植物(コスモス、ラッカセイ、コーヒーノキ)
裸子植物(イトスギ)


Q.次の植物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.被子植物(コスモス)、裸子植物(イトスギ、イチイ)

Q.次の植物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.被子植物(トウモロコシ、ラッカセイ、コスモス)
裸子植物(ヒノキ、イチイ)


☆3
Q.次の食虫植物を
虫の捕食の方法ごとに
グループ分けしなさい


A.落とし穴型(サラセニア、ウツボカズラ、フクロユキノシタ)
粘着型(モウセンゴケ、ムシトリスミレ)


☆3~5
Q.次の鳥を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.猛禽類(コンドル、フクロウ)
渉禽類(ツル、シギ、コウノトリ)
走禽類(キジ、キーウィ)


☆3~5
Q.次の鳥を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.猛禽類(タカ、ワシ、ハヤブサ)
渉禽類(サギ、チドリ、ミヤコドリ)
走禽類(ニワトリ、ダチョウ)


☆3
Q.次の生物を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.軟体動物(ミズタコ、ホタテガイ、ダイオウイカ)
節足動物(サソリ、ヤスデ、ザリガニ、ダンゴムシ)


☆3
Q.次の生物を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.軟体動物(シジミ、ナメクジ、カタツムリ)
節足動物(クモ、ムカデ、ミジンコ、カブトガニ)


☆5
Q.次の生物を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.昆虫(オサムシ、ゾウムシ、コオイムシ)
甲殻類(ダンゴムシ、ワラジムシ)
原生動物(ミドリムシ)


☆5
Q.次の生物を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.軟体動物(トコブシ、ホラガイ)
節足動物(フジツボ、エボシガイ)
腕足動物(シャミセンガイ)

☆3~5
Q.次の生物を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.刺胞動物(サンゴ、ミズクラゲ、イソギンチャク)
棘皮動物(ナマコ、ウミユリ、シャリンヒトデ)
環形動物(ゴカイ、ケヤリムシ)


☆4~5
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.食肉目(スカンク、ハイエナ、レッサーパンダ)
げっ歯目(ヌートリア、モルモット、プレーリードッグ)


☆4
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.食肉目(ラッコ、アライグマ)
げっ歯目(ヤマネ)


☆4~5
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.皮翼目(ヒヨケザル)
げっ歯目(ヤマネ、カピバラ、ビーバー)


☆4~5
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.有鱗目(センザンコウ)
げっ歯目(ヤマネ、カピバラ、ビーバー)


☆5
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.げっ歯目(トビウサギ、マスクラット)
双前歯目(コアラ、ワラビー)


☆4
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.管歯目(ツチブタ)
海牛目(ジュゴン)
登木目(ツパイ)


☆4~5
Q.次の魚を属する目ごとに
グループ分けしなさい


A.フグ目(ハリセンボン、モンガラカワハギ)
カサゴ目(メバル、アイナメ)
スズキ目(キス、シクリッド、ブラックバス)


☆5
Q.次の魚を属する目ごとに
グループ分けしなさい


A.アロワナ目(ピラルクー)
タツ目(サヨリ)
ニシン目(コノシロ、カタクチイワシ)
カラシン目(ネオンテトラ、ピラニアナッテリー)


☆5
Q.次の魚を属する目ごとに
グループ分けしなさい


A.トゲウオ目(タツノオトシゴ)
ダツ目(メダカ)
タラ目(メルルーサ)


☆1~2
Q.次の昆虫を
翅(はね)があるかないかで
グループ分けしなさい


A.翅がある(カ、ハエ)
翅がない(ノミ、シラミ)


☆?
Q.次の昆虫を羽根の枚数ごとに
グループ分けしなさい


答 4枚(チョウ、クワガタ)
2枚(アブ)
0枚(アリ)


☆4~5
Q.次の昆虫を羽根の枚数ごとに
グループ分けしなさい


答 4枚(蛾、トンボ)
2枚(ハエ)
0枚(アリ、シミ)


☆5
Q.次の昆虫を羽根の枚数ごとに
グループ分けしなさい


答 4枚(セミ、ハチ、カブトムシ)
2枚(蚊、アブ)
0枚(ノミ、トビムシ)


☆3
Q.次の昆虫を翅(はね)の利用方法
ごとにグループ分けしなさい


A.空を飛ぶ(ヒグラシ、ギフチョウ、ミズカマキリ)
音を出す(スズムシ、エンマコオロギ)


☆5
Q.次の昆虫を
属する目ごとに
グループ分けしなさい


A.コウチュウ目(ガムシ、ゾウムシ、テントウムシ、ミイデラゴミムシ)
カメムシ目(ヨコバイ、トコジラミ、アワフキムシ、グンバイムシ)


☆?
Q.次の昆虫を
属する目ごとに
グループ分けしなさい


A.コウチュウ目(カミキリムシ、ゲンゴロウ)
カメムシ目(チッチゼミ)


☆4~5
Q.次の植物を、属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.キク科(レタス、ガーベラ、フジバカマ、アーティチョーク)
ナス科(ホオズキ、ペチュニア、ベラドンナ、チョウセンアサガオ)


☆5
Q.次の植物を、属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.キク科(コスモス、ステビア、マリーゴールド)
バラ科(ビワ、ハマナス、ナナカマド)


☆3~4
Q.次の植物を、属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.バラ科(モモ、イチゴ、サクラ、リンゴ)
ウリ科(スイカ、メロン、カボチャ)


☆3~5
Q.次の植物を、属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ヒルガオ科(アサガオ、ヨルガオ)
ウリ科(ヘチマ、ゴーヤー)
キク科(タンポポ、ヒマワリ)


☆5
Q.次の植物を、属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.アオイ科(ワタ)
キンポウゲ科(アネモネ)
ナデシコ科(ハコベ)


☆4~5
Q.次の寄生植物を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ヒルガオ科(マメダオシ、ネナシカズラ)
ハマウツボ科(コシオガマ、ストライガ、ナンバンギセル)


☆4~5
Q.次の果物を科ごとに
グループ分けしなさい


A.バラ科(ラズベリー、ブラックベリー)
ツツジ科(クランベリー、ブルーベリー)


☆4~5
Q.次の食材となる植物を
属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.アブラナ科(ミズナ、ダイコン、ハクサイ、ブロッコリー)
セリ科(セロリ、アシタバ、ニンジン、コリアンダー)


☆4~5
Q.次の食料となる植物を
属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.アブラナ科(ワサビ、チンゲンサイ)
アカザ科(オカヒジキ、ホウレンソウ、サトウダイコン)


☆?
Q.次の魚を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.サバ科(サワラ、マグロ、メバチ)
アジ科(カッポレ、ツムブリ)
ボラ科(メナダ)


☆4
Q.次の魚を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.タラ科(スケトウダラ)
アジ科(ブリ)
キュウリウオ科(シシャモ)


☆5
Q.次の魚を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.サケ科(ニジマス)
コイ科(ウグイ、タナゴ、オイカワ)


☆5
Q.次の魚を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ヨウジウオ科(タツノオトシゴ)
ベラ科(コブダイ)
ニザダイ科(ナンヨウハギ)

☆4~5
Q.次の動物を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ウシ科(カモシカ、オリックス、スプリングボック)
シカ科(キョン、ヘラジカ)
ラクダ科(グアナコ、ビクーニャ)


☆3~5
Q.次の動物を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ウシ科(ヤク、カモシカ)
ラクダ科(ラマ、アルパカ)
シカ科(シフゾウ、トナカイ)


☆5
Q.次の動物を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ウシ科(ヌー)
シカ科(プーズー)
イノシシ科(バビルサ)


☆4~5
Q.次の貝を
あてはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.属する科が名前と同じ(シジミ、タニシ)
属する科が名前と違う(アワビ、アサリ、アコヤガイ)

アワビ=ミミガイ科 アサリ=マルスダレガイ科、アコヤガイ=ウグイスガイ科

Q.次の植物を落葉樹と常緑樹に
グループ分けしなさい


A.落葉樹(エノキ、カエデ)、常緑樹(カシ)

Q.次の生物を
ロバート・ホイタッカーによる
五界説の分類ごとに
グループ分けしなさい


A.菌界(粘菌、担子菌)、原生生物界(繊毛虫)

☆3
Q.次の昆虫を
翅(はね)の数ごとに
グループ分けしなさい


A.2枚(カ、ハエ)4枚(トンボ、チョウ)

☆3~4
Q.次の動物を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.肉食動物(ネコ、ワニ、クマ)
草食動物(ゾウ、シカ、ヒツジ)


☆1
Q.次の植物を、日本で主に
花を咲かせる季節ごとに
グループ分けしなさい


A.春(チューリップ)
秋(キク、コスモス)

不鮮明につき問題文わからず

☆2~4
Q.次の植物を、日本で主に
花を咲かせる季節ごとに
グループ分けしなさい


A.夏(アサガオ、アジサイ、ヒマワリ)
冬(サザンカ、スイセン、シクラメン)


☆3~5
Q.次の木を
針葉樹か広葉樹かで
グループ分けしなさい


A.針葉樹(スギ、マツ、ヒノキ)
広葉樹(ブナ、ケヤキ、サクラ)


☆3~4
Q.次の木を
針葉樹か広葉樹かで
グループ分けしなさい


A.広葉樹(キリ、カツラ、アオダモ、ハンノキ)
針葉樹(ツガ、ヒバ、モミ、イチイ)


☆3
Q.生命の維持に必要な
次の「必須元素」を
主要元素か微量元素かで
グループ分けしなさい


A.主要元素(酸素)、微量元素(ヨウ素、モリブデン)

☆3
Q.生命の維持に必要な
次の「必須元素」を
主要元素か微量元素かで
グループ分けしなさい


A.主要元素(酸素、水素)、微量元素(ヒ素、セレン)

☆4
Q.生命の維持に必要な
次の「必須元素」を
主要元素か微量元素かで
グループ分けしなさい


A.主要元素(ナトリウム、マグネシウム)、微量元素(アルミニウム)

☆5
Q.生命の維持に必要な
次の「必須元素」を
主要元素か微量元素かで
グループ分けしなさい


A.主要元素(カリウム、カルシウム)、微量元素(ニッケル、銅、亜鉛)

☆5
Q.生命の維持に必要な
次の「必須元素」を
主要元素か微量元素かで
グループ分けしなさい


A.主要元素(塩素)、微量元素(クロム、コバルト、バナジウム)

☆3
Q.次の動物を種類ごとに
グループ分けしなさい


A.哺乳類(モグラ、モモンガ、アルマジロ)
鳥類(ヨシキリ、トラツグミ、ヤンバルクイナ)


☆2~4
Q.次の動物を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ネコ科(トラ、ヒョウ、チーター、ライオン)
イヌ科(キツネ、タヌキ、オオカミ、コヨーテ)


☆5
Q.次の動物を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ネコ科(サーバル、オセロット)
イヌ科(リカオン、フェネック)


☆3
Q.次の動物を属する科ごとに
グループ分けしなさい


A.ウシ科(ヒツジ、スイギュウ)、ウマ科(ロバ、シマウマ)
3/3

☆4
Q.次の動物を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.鳥の仲間(アカハシホウカンチョウ、ハッカチョウ)
蝶の仲間(ウスバシロチョウ)


☆4~5
Q.次の動物を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.鳥の仲間(シギダチョウ、キンカチョウ)
蝶の仲間(ギフチョウ、テングチョウ、ミスジチョウかモンキチョウ)

ちょっと不鮮明で読み取れなかったです

☆5
Q.次の人間の体にある筋肉を
上肢にあるか下肢にあるかで
グループ分けしなさい


A.上肢(三角筋、総指伸筋、上腕二頭筋)、下肢(縫工筋、平目筋、腓腹筋)





☆5
Q.次のを
ごとに
グループ分けしなさい


A.鳥()
哺()


☆3~4
Q.次の人体の骨を
位置ごとに
グループ分けしなさい


A.頭部(涙骨、口蓋骨、下顎骨)
脚部(趾骨、脛骨、大腿骨、膝蓋骨)


☆4
Q.次の人体の骨を
位置ごとに
グループ分けしなさい


A.腕(尺骨、橈骨)
足(腓骨、脛骨)
腰(尾骨、仙骨)


☆5
Q.次の人体の骨を
位置ごとに
グループ分けしなさい


A.上半身(肋骨、橈骨、鎖骨)
下半身(恥骨)


☆2~3
Q.次の人体にある骨を
上半身・下半身で
グループ分けしなさい


A.上半身(肋骨、胸骨、頭蓋骨、上腕骨)
下半身(骨盤、膝蓋骨、大腿骨)


☆4
Q.次の人体の骨を
位置ごとに
グループ分けしなさい


A.上半身(橈骨、尺骨)、下半身(坐骨)

☆4
Q.次の化合物を
あてはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.アミノ酸(グルタミン酸)
脂肪酸(リノール酸、ドコサヘキサエン酸)


☆4
Q.次の化合物を
あてはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.アミノ酸(アスパラギン酸)
脂肪酸(オレイン酸、リノール酸)


☆5
Q.次のアミノ酸を、人間にとって
必須・非必須ごとに
グループ分けしなさい


A.必須アミノ酸(トリプトファン)
非必須アミノ酸(アラニン、アスパラギン酸)


☆5
Q.次のアミノ酸を
ヒトにとって必須アミノ酸か
そうでないかで
グループ分けしなさい


A.ヒトの必須アミノ酸(フェニルアラニン)
ヒトの非必須アミノ酸(システイン、アスパラギン)


☆5
Q.次のアミノ酸を
ヒトにとって必須アミノ酸か
そうでないかで
グループ分けしなさい


A.ヒトの必須アミノ酸(バリン、リジン、ロイシン)
ヒトの非必須アミノ酸(セリン、アラニン、グリシン)


☆5
Q.次のアミノ酸を
ヒトにとって必須アミノ酸か
そうでないかで
グループ分けしなさい


A.ヒトの必須アミノ酸(ヒスチジン、トリプトファン)
ヒトの非必須アミノ酸(グルタミン)


☆5
Q.次の栄養素を、その名の通り
ビタミンに含まれるか否かで
グループ分けしなさい


A.ビタミンである(ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB9)
ビタミンでない(ビタミンB4、ビタミンB11、ビタミンB13)


☆4~5
Q.次のホルモンを
それが分泌される器官ごとに
グループ分けしなさい


A.松果体(メラトニン)
副腎(アドレナリン)
甲状腺(チロキシン)

膵臓(インスリン、グルカゴン)


☆5
Q.次のホルモンを
分泌する人間の器官ごとに
グループ分けしなさい


A.脳下垂体(エンドルフィン)
副甲状腺(パラトルモン)
松果体(メラトニン)


☆4
Q.次の植物を
花粉を運ぶ仕組みごとに
グループ分けしなさい


A.虫(カボチャ)、風(イネ、ススキ)

☆4~5
Q.次の植物を
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.虫媒花(カボチャ、ヒマワリ、サクラ)
風媒花(スギ、イネ、マツ)


☆4~5
Q.次の植物を
花粉を運ぶ仕組みごとに
グループ分けしなさい


A.風媒花(イネ、スギ、ブタクサ)
水媒花(クロモ、セキショウモ)
鳥媒花(アンズ)


☆4
Q.次の病気を
関係あるワクチンごとに
グループ分けしなさい


A.三種混合ワクチン(百日咳、ジフテリア)
新三種混合ワクチン(麻疹、風疹、おたふく風邪)


☆4
Q.次の医学史上の出来事を
世紀ごとに
グループ分けしなさい


答 19世紀(コッホが結核菌発見、レントゲンがX線を発見、ロンドンで初の人血の輸血)
20世紀(HIVの発見、インターフェロンの発見、世界最初の体外受精児誕生)


☆5
Q.次の医学史上の出来事を
世紀ごとに
グループ分けしなさい


答 18世紀(ジェンナーが種痘法発表)
19世紀(聴診器の発明、華岡青洲が乳ガン手術)
20世紀(ペニシリンの発見、サルバルサンの開発、糖尿に初のインスリン投与、世界最初の心臓移植手術)


☆3~5
Q.次の渡り鳥を
日本に来る時期ごとに
グループ分けしなさい


A.春から夏(ツバメ、カッコウ、ホトトギス)
秋から冬(カモ、ガン、ツル、ハクチョウ)


☆1
Q.次の魚を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.淡水魚(キンギョ)
海水魚(タイ、カツオ)


☆2~4
Q.次の魚を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.淡水魚(コイ、アユ、ドジョウ、ブラックバス)
海水魚(サンマ、ヒラメ、カツオ、クロダイ)


☆4
Q.次のサルを、類人猿か否かで
グループ分けしなさい


A.類人猿である(ゴリラ、チンパンジー、オランウータン)
類人猿でない(ニホンザル、マントヒヒ、マンドリル、メガネザル)


☆5
Q.次のサルを、類人猿か否かで
グループ分けしなさい


A.類人猿である(ボノボ、テナガザル)
類人猿でない(クモザル、キンシコウ、テングザル、ハヌマンラングール)


☆4
Q.次の生物を心臓の造りごとに
グループ分けしなさい


A.二心房ニ心室(鳥類、哺乳類)
二心房一心室(両生類)
一心房一心室(魚類)


☆3~4
Q.次の生物を
心臓の形態ごとに
グループ分けしなさい


A.2心房1心室(イモリ、イグアナ)
2心房2心室(イヌ、インコ)


☆3~4
Q.次の生物を
心臓の形態ごとに
グループ分けしなさい


A.2心房1心室(ウミヘビ、サンショウウオ)
2心房2心室(バク、シチメンチョウ)


☆?
Q.次の生物を
心臓の構造ごとに
グループ分けしなさい


A.一心房一心室(キンギョ)
二心房一心室(ワニ、カメレオン、サンショウウオ)


☆5
Q.次の生物を
心臓の構造ごとに
グループ分けしなさい


A.一心房一心室(サメ、キンギョ)
二心房一心室(ワニ、カメレオン、サンショウウオ)
二心房二心室(ヒト、カラス)

☆4~5
Q.次の植物を発芽の際に
出てくる子葉の数ごとに
グループ分けしなさい


答 1枚(ツユクサ、トウモロコシ)
2枚(ヒマワリ、ホウセンカ、インゲンマメ)


☆4
Q.次の人間の体にある組織を
関係が深い部位ごとに
グループ分けしなさい


A.耳(蝸牛、鼓膜、三半規管)
目(虹彩、瞳孔、角膜)


☆4~5
Q.次の海の生物を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.ウニ(オトメガゼ、トックリブンブク)
サンゴ(センスガイ)
貝(ウミニナ、イボアナゴ)


☆5
Q.次の海の生物を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.ウニ(タコノマクラ、ブンブクモドキ)
サンゴ(チョウジガイ)
貝(バテイラ、イボボラ)


☆4~5
Q.次の植物を春の七草と秋の七草に
グループ分けしなさい


A.春の七草(ナズナ、ゴギョウ、スズシロ、ハコベラ)
秋の七草(イチョウ、ナデシコ)


☆4~5
Q.次の植物を春の七草と秋の七草に
グループ分けしなさい


A.春の七草(セリ、スズナ、ホトケノザ)
秋の七草(クズ、ススキ)


☆4
Q.次の植物を春の七草と秋の七草に
グループ分けしなさい


A.春の七草(セリ)
秋の七草(オミナエシ、フジバカマ)


☆4~5
Q.次のホルモンを
種類ごとに
グループ分けしなさい


A.植物のホルモン(オーキシン、ジベレリン、サイトカイニン、アブシシン酸)
ヒトのホルモン(グルカゴン、チロキシン、テストステロン、プロゲステロン)


☆3~5
Q.次の人体の言葉を
それがある人体の部分ごとに
グループ分けしなさい


A.眼球(虹彩、水晶体、毛様体)
耳(前庭、半規管)
心臓(僧帽弁)


☆4
Q.次の人体の言葉を
それがある人体の部分ごとに
グループ分けしなさい


A.耳(蝸牛、鼓膜)
肺(胸膜)

脳(海馬、蜘蛛膜)
眼球(角膜、瞳孔、網膜)


☆4~5
Q.次のヒトの脳の部位を
その一般的な総称ごとに
グループ分けしなさい


A.大脳(終脳)、脳幹(橋、延髄、中脳)

☆3~5
Q.次の植物を発芽の際に子葉が
地上に出てくるかこないかで
グループ分けしなさい


A.出てくる(アブラナ、インゲンマメ)
出てこない(クリ、エンドウマメ、ソラマメ)


☆5
Q.次の植物を
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.長日植物(アブラナ、キャベツ、ダイコン)
短日植物(アサ、キク、オナモミ)


☆3~5
Q.次の秋に葉の色を変化させる
植物を、その色ごとに
グループ分けしなさい


A.紅葉(ナナカマド、ヤマウルシ、イロハモミジ)
黄葉(ポプラ、イチョウ)
褐葉(ブナ、ケヤキ)


☆4~5
Q.次の難読漢字を、昆虫ごとに
グループ分けしなさい


A.アメンボ(水馬)
シミ(紙魚、衣魚)
テントウムシ(紅娘)
カミキリムシ(天牛)


☆3~4
Q.次の古代の生物を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.恐竜(ギガノトサウルス、セイスモサウルス)
翼竜(ランフォリンクス、ケツァルコアトルス)
魚竜(イクチオサウルス)


☆3
Q.次の恐竜を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.草食恐竜(ステゴサウルス、トリケラトプス)
肉食恐竜(デイノニクス、ティラノサウルス)


☆5
Q.次の恐竜を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.草食恐竜(イグアノドン、アパトサウルス、アンキロサウルス)
肉食恐竜(アロサウルス、メガロサウルス、ヴェロキラプトル)


☆5
Q.次の恐竜を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.草食恐竜(スーパーサウルス、ディクラエオサウルス)
肉食恐竜(マプサウルス、タルボサウルス、ダスプレトサウルス)


☆3~5
Q.次の恐竜を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.竜盤類(デイノニクス、アパトサウルス、ブラキオサウルス、ティラノサウルス)
鳥盤類(イグアノドン、トリケラトプス、アンキロサウルス)


☆5
Q.次の恐竜を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.竜盤類(サルトプス、エオラプトル)
鳥盤類(フクイサウルス、マイアサウラ)


☆5
Q.次の恐竜の分類群を
歯があるか否かで
グループ分けしなさい


A.歯がある(ティラノサウルス科、ドロマエオサウルス科)
歯がない(アヴィミムス科、オルニトミムス科、カエナグナトゥス科)


☆3
Q.次の体の部分を意味する
英単語を部位ごとに
グループ分けしなさい


A.頭部(forehead、eyelashes、mustache、pupil)
手腕部(palm、elbow、wrist、thumb)


☆4~5
Q.次の体の部分を意味する
英単語を部位ごとに
グループ分けしなさい


A.下半身(heel、knee、ankle)
内臓(liver、kidoney、spleen、intestines)


☆5
Q.次の動物の習性に関する用語を
その習性がある生物ごとに
グループ分けしなさい


A.ペンギン(トボガン、ハドリング)
クモ(バルーニング)
ゴリラ(ドラミング、ナックルウォーク)
キリン(ネッキング)


☆2~4
Q.次の植物の生育に関連する
自然条件を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.土壌条件(微生物活性、通気透水性)
地形条件(標高、傾斜方向)

気候条件(降水量、日射量)
地質条件(地層の堆積状況、母岩の種類)


☆4
Q.次の植物を花の色ごとに
グループ分けしなさい


A.黄(キャベツ、キュウリ、カボチャ)
紫(ナス)


☆4
Q.次の植物を
花が開花する時間帯ごとに
グループ分けしなさい


A.朝(ハス、ツユクサ、ハイビスカス)
夕方(カラスウリ)


☆2~4
Q.次の日本に生息する動物を
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.外来種(アライグマ、ブラックバス、アメリカザリガニ)
在来種(スッポン、ニホンジカ、ノグチゲラ、ホンドタヌキ)


☆4
Q.次の植物を、その種子が
あてはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.無胚乳種子(クリ、ダイズ、アサガオ)
有胚乳種子(カキ、トウモロコシ)


☆4
Q.次の地球で起こった
出来事を、地質時代ごとに
グループ分けしなさい


A.古生代(カンブリア大爆発、魚類が出現する、オゾン層が形成される)
中生代(恐竜が出現する、哺乳類が出現する)
新生代(人類が出現する)

☆?
Q.次の地球で起こった
出来事を、地質時代ごとに
グループ分けしなさい


A.古生代(昆虫が出現する、爬虫類が出現する)
中生代(被子植物が出現する)
新生代(大陸が現在の海岸線になる)


☆4
Q.次のペンギンを
主な生息地ごとに
グループ分けしなさい


A.南極大陸(アデリーペンギン、コウテイペンギン)
南アメリカ大陸(マゼランペンギン、フンボルトペンギン)


☆1
Q.次の病気を体の部位ごとに
グループ分けしなさい


A.耳(中耳炎)
歯(う蝕)
目(白内障)

☆3
Q.次の動物を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.卵生(カモノハシ、ハリモグラ)
胎生(コアラ、カンガルー、ナマケモノ)


☆3
Q.次の生物内の器官を
機能ごとに
グループ分けしなさい


A.消化器(胃、小腸)
循環器(血管、骨髄、リンパ管)


☆3~4
Q.次の人間の腸の部分を
器官ごとにグループ分けしなさい


A.小腸(十二指腸、空腸、回腸)
大腸(盲腸、結腸、直腸)


☆4
Q.次の病気を体の部位ごとに
グループ分けしなさい


A.鼻(蓄膿症、アデノイド肥大)
耳(鼓膜穿孔、突発性難聴、メニエール病)


☆5
Q.次の海中に生息する植物を
個体の増え方による分類ごとに
グループ分けしなさい


A.海草(アマモ)
海藻(ホンダワラ、クビレズタ、テングサ)

2/2

☆5
Q.次の植物を落葉樹と常緑樹に
グループ分けしなさい


A.落葉樹(カエデ)
常緑樹(カシ、オリーブ、サザンカ)


☆3~5
Q.次のプランクトンを
種類ごとに
グループ分けしなさい


A.植物プランクトン(アオミドロ、ミカヅキモ)
動物プランクトン(アメーバ、ミジンコ、ゾウリムシ)


☆5
Q.次のプランクトンを
種類ごとに
グループ分けしなさい


A.植物プランクトン(ケイソウ、ユーグレナ)
動物プランクトン(ロタリア、コペポーダ、ツボワムシ)


☆3~4
Q.次の生物の分類を
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.恒温動物(鳥類、哺乳類)
変温動物(魚類、昆虫、爬虫類、両生類)


☆3
Q.次の貝を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.二枚貝(アサリ、アカガイ、ハマグリ)
巻き貝(サザエ、アワビ、タニシ)


☆5
Q.次の貝を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.二枚貝(イタヤガイ、スダレガイ)
巻き貝(アカニシ、ヒロクチカノコ、ショウジョウコオロギ)


☆?
Q.次の貝を、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.二枚貝(マガキ)巻き貝(バテイラ、キセルガイ)

☆3
Q.次の動物を
有袋類であるか否かで
グループ分けしなさい


A.有袋類である(コアラ、ワラビー)
有袋類でない(ミンク、ツチブタ、モモンガ、ビーバー)


☆5
Q.次の動物を
有袋類であるか否かで
グループ分けしなさい


A.有袋類である(カンガルー、ウォンバット)
有袋類でない(ミンク、ツチブタ、モモンガ)


☆5
Q.次の動物を
有袋類であるか否かで
グループ分けしなさい


A.有袋類である(バンディクート)
有袋類でない(ドール、ディンゴ、ハイラックス)


☆4
Q.次の人間の心臓にある部屋を
流れている血ごとに
グループ分けしなさい


A.動脈血(左心房、左心室)
静脈血(右心房、右心室)


☆4~5
Q.次の人間の体内を通る血管を
流れている血ごとに
グループ分けしなさい


A.動脈血(大動脈、肺静脈)
静脈血(大静脈、肺動脈)

肺は静脈と動脈が逆な事に注意する

☆4
Q.次のを植物を
花粉を運ぶ媒体ごとに
グループ分けしなさい


A.虫(カボチャ、タンポポ)
風(ススキ)


☆4
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.奇蹄類(ウマ、ロバ、シロサイ、マレーバク)
偶蹄類(カバ、キリン、イノシシ)


☆4
Q.次の動物を分類ごとに
グループ分けしなさい


A.奇蹄類(クロサイ、シマウマ)
偶蹄類(フタコブラクダ)


☆4
Q.次の水生生物を
生態による分類ごとに
グループ分けしなさい


A.プランクトン(クラゲ、ゾウリムシ)
ネクトン(トビウオ)
ベントス(ゴカイ、アコヤガイ)


☆5
Q.次の医師に関する用語を
名前に使われている人物の
国籍ごとにグループ分けしなさい


A.イギリス(モリソン窩)
アメリカ(タンザー法)
ドイツ(キーゼルバッハ部位)


☆5
Q.次の出世魚を成長後の名前ごとに
グループ分けしなさい


A.ブリ(ツバス、ハマチ)
スズキ(ハネ、マダカ)
ボラ(ハク、コツブラ)


☆5
Q.次の出世魚を成長後の名前ごとに
グループ分けしなさい


A.ブリ(ワラサ)
スズキ(セイゴ、フッコ)
ボラ(イナ、オボコ)


☆5
Q.次の植物を、根の種類ごとに
グループ分けしなさい


A.主根系(タンポポ、ホウセンカ)
ひげ根系(ススキ、オヒシバ、ツユクサ)


☆4~5
Q.次のアレルギーを
その発症までの時間ごとに
グループ分けしなさい


A.即時型(花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー)
遅延型(うるしかぶれ、化粧品かぶれ、金属アレルギー)


☆3~5
Q.次の絶滅した動物を
分類ごとに
グループ分けしなさい


A.鳥類(ドードー、ジャイアントモア、モーリシャスクイナ)
哺乳類(クアッガ、アカガゼル、ウサギワラビー)


☆5
Q.次の絶滅した動物を
分類ごとに
グループ分けしなさい


A.鳥類(エピオルニス)
哺乳類(ターパン)
魚類(ミナミトミヨ)


☆5
Q.次の絶滅した動物を
分類ごとに
グループ分けしなさい


A.鳥類(スチーフンイワサザイ)
哺乳類(キタハーテビースト)
魚類(ミナミトミヨ)


☆5
Q.次の病気を
名称に使われている人物の
国籍ごとにグループ分けしなさい


A.トルコ(ベーチェット病)
スウェーデン(シェーグレン症候群)
イギリス(ホジキン病)


☆5
Q.次の病気を
名称に使われている人物の
国籍ごとにグループ分けしなさい


A.アメリカ(ハンチントン病)
スペイン(ブルガダ症候群)
フランス(メニエール病)


☆5
Q.次の人物を、その業績ごとに
グループ分けしなさい


A.ワイル病病原体の発見(井戸泰)
世界最初の人工癌発生(市川厚一、山極勝三郎)


☆4
Q.次の鳥を表す漢字を
読み方ごとに
グループ分けしなさい


A.いんこ(鸚哥、音呼)
くいな(水鶏)
しゃも(軍鶏)

よたか(怪鴟)


☆5
Q.次の鳥を表す漢字を
読み方ごとに
グループ分けしなさい


A.よたか(蚊母鳥)
ひばり(告天子)
かなりあ(金糸雀)


☆2~4
Q.次の生物を脚の数ごとに
グループ分けしなさい


答 6本(カ、ハエ、ハチ)
8本(クモ)
14本(ダンゴムシ)


☆4~5
Q.次の哺乳類を
棲む場所による分類ごとに
グループ分けしなさい


A.海棲哺乳類(アザラシ、オタリア、セイウチ)
陸棲哺乳類(ヌートリア、スローロリス、センザンコウ)


☆1~3
Q.次の生物を、呼吸器ごとに
グループ分けしなさい


A.肺(ヤギ、キリン、チンパンジー)
えら(マグロ、キンギョ、ホオジロザメ、タツノオトシゴ)
気門(コオロギ)


☆3
Q.次の哺乳類を
尻尾があるかないかで
グループ分けしなさい


A.ある(アザラシ)
ない(モルモット、オランウータン)


☆4
Q.次の魚を
硬骨魚綱か軟骨魚類かで
グループ分けしなさい


A.硬骨魚綱(アカマンボウ、ポリプテルス)
軟骨魚類(ジンベイザメ)


☆5
Q.次のトンボを産卵方法ごとに
グループ分けしなさい


A.打空産卵(ナツアカネ)
打水産卵(アキアカネ)
植物組織内産卵(ミヤマカワトンボ)


☆5
Q.次の古代の生物を
生物群ごとに
グループ分けしなさい


A.バージェス動物群(ラグガニア、アノマロカリス)
エディアカラ生物群(キンベレラ)


☆4
Q.次の品種を動物ごとに
グループ分けしなさい


A.豚(デュロック、ランドレース)
牛(シャロレー、ヘレフォード、ホルスタイン)
羊(メリノ、リンカーン)


☆5
Q.次の生物を
その血管の性質ごとに
グループ分けしなさい


A.閉鎖血管系(環形動物、脊椎動物)
開放血管系(軟体動物、節足動物)


☆5
Q.次の細菌をグラム染色
した時の反応ごとに
グループ分けしなさい


A.グラム陽性(ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎双球菌)
グラム陰性(淋菌)


☆5
Q.次の細菌をグラム染色
した時の反応ごとに
グループ分けしなさい


A.グラム陽性(ウェルシュ菌)
グラム陰性(レジオネラ菌、インフルエンザ菌)


☆5
Q.次の水平方向に延びる茎を
持つ植物を、茎の種類ごとに
グループ分けしなさい


A.走出枝(ユキノシタ)
匍匐茎(カタバミ)
地下茎(マダケ)


☆4~5
Q.次の魚を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.淡水魚(コイ、イトウ、ワカサギ、ブルーギル)
海水魚(イワシ、イサキ、サワラ、イシモチ)


☆5
Q.次のカメを、分類ごとに
グループ分けしなさい


A.ウミガメ(オサガメ、タイマイ、アオウミガメ)
リクガメ(ホウシャガメ、パンケーキガメ)


Q.次のキノコを
毒性ごとに
グループ分けしなさい


A.食用キノコ(マイタケ、キヌガサタケ)
毒キノコ(カエンタケ)


☆5
Q.次のキノコを
毒性ごとに
グループ分けしなさい


A.食用キノコ(ヤマブシタケ、ムラサキシメジ)
毒キノコ(ヤブシメジ)


☆5
Q.次のキノコを
毒性ごとに
グループ分けしなさい


A.食用キノコ(マイタケ、ヤマドリタケ)
毒キノコ(コレラタケ、シロタマゴテングタケ)


☆4~5
Q.次の樹木を、日本で
分布している森林ごとに
グループ分けしなさい


A.針葉樹林(エゾマツ、トドマツ)
亜熱帯多雨林(ソテツ、ガジュマル)

夏緑樹林(ブナ、カエデ)
照葉樹林(クスノキ)


☆5
Q.次の鳥を配偶形態ごとに
グループ分けしなさい


A.一夫一妻制(キングペンギン)
一夫多妻制(ウグイス、オオヨシキリ)
一妻多夫制(タマシギ、アカエリヒレアシシギ)


☆4~5
Q.次の昆虫関連用品を、使用する
場面ごとにグループ分けしなさい


A.採集(吸虫管、三角紙、毒ビン)
標本作成(虫ピン、展翅台、ドイツ箱)


☆4~5
Q.次の細胞の構造を
原形質と後形質に
グループ分けしなさい


A.原形質(核、細胞質)
後形質(液胞、細胞壁)


☆4~5
Q.次の魚を属する目ごとに
グループ分けしなさい


A.カレイ目(ヒラメ、オヒョウ)
カサゴ目(ギンダラ、ホウボウ、アブラボウズ)
キンメダイ目(マツカサウオ)


☆5
Q.次の「日本の侵略的外来種
ワースト100」となっている
生物を、原産地ごとに
グループ分けしなさい


A.北アメリカ(サカマキガイ、ウチダザリガニ、オンシツコナジラミ)
東南アジア(イエシロアリ、シロアゴガエル)


☆5
Q.次の植物を
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.単子葉植物(イネ、ユリ、ラン)
双子葉植物(ヒマワリ)


☆5
Q.次の消化酵素を
分解するものごとに
グループ分けしなさい


A.タンパク質(トリプシン、キモトリプシン)
炭水化物(マルターゼ)
脂肪(リパーゼ)


☆5
Q.次のクジラを分類ごとに
グループ分けしなさい


A.ハクジラ(イッカク、アカボウクジラ、マッコウクジラ)
ヒゲクジラ(イワシクジラ、ニタリクジラ、シロナガスクジラ、ホッキョククジラ)


☆5
Q.次のつる性植物を
つるの巻き方で
グループ分けしなさい


A.右巻き(ヒルガオ)
左巻き(フジ)
左右両巻き(ツルドクダミ)


☆1
Q.次の魚を当てはまるものごとに
グループ分けしなさい


A.淡水魚(メダカ、キンギョ)
海水魚(カツオ)


☆2~3
Q.次の昆虫を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.セミ(ヒグラシ、ツクツクボウシ、ヤエヤマニイニイ)
チョウ(オオムラサキ、ヤマトシジミ、ジャコウアゲハ)
トンボ(アキアカネ、ギンヤンマ)


☆4
Q.次の昆虫を、種類ごとに
グループ分けしなさい


A.チョウ(コムラサキ、オオゴマダラ、ムラサキツバメ)
トンボ(ヒメアカネ、コオニヤンマ)
ガ(クスサン、オオスカシバ)


☆4
Q.次の植物学者を
メンデルの法則を再発見した際に
使用した植物ごとに
グループ分けしなさい


A.オオマツヨイグサ(ド・フリース)
エンドウマメ(コレンス、チェルマク)

3/3 固定?

☆5
Q.次の植物を茎の断面の形ごとに
グループ分けしなさい


A.円形(ツユクサ、ヒメジョオン)
三角形(サンカクイ、カヤツリグサ)
四角形(ソラマメ)


☆5
Q.次の花を、その名前の由来ごとに
グループ分けしなさい


A.神話の登場人物(チトニア)
実在の人物(ポインセチア、アルストロメリア)


☆5
Q.次のノーベル生理学・医学賞の
受賞者を、受賞理由の
キーワードごとに
グループ分けしなさい


A.ペニシリン(ハワード・フローリー)
インシュリン(J・J・R・マクラウド)
ストレプトマイシン(セルマン・ワクスマン)


☆5
Q.次の錯覚をもたらす図を
名前に冠されている人物の
国籍ごとにグループ分けしなさい


A.イギリス(ペンローズの階段)
デンマーク(ルビンの壺)
イタリア(ポンゾの円筒)


☆5
Q.次の病名を
名称に使われている人物の
国籍ごとにグループ分けしなさい


A.フランス(ギラン・バレー症候群)
ドイツ(ファブリー病)
スペイン(ブルガダ症候群)


----------------


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事