kapivara929のブロマガ

今更になって歯医者にお世話になった話

2017/07/14 18:49 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 歯医者
  • 虫歯
  • 親知らず
  • 麻酔
こんにちは
今日は歯医者にお世話になった話をします。

歯医者っていうのは、特に毎日歯に気をつけてたり丁寧に歯磨きをしていれば
生きている間に数えるくらいしか行かない所だと思います。

意識してないけど毎日歯を磨いている。という人でも殆どお世話にならないかも。
医者っていうのは行かないのがイチバンなんですけどね。

自分が物心ついてから初めて歯医者に行ったのは中学生の時。
なんだか時折歯がちくちくと痛むなぁとなんとなく思っていて、もしかして虫歯?
でも、出来たこと無いしなぁ、でも行ってみようか。と親にお金握りしめられて行ってきました。
その時痛みを感じたのは一箇所だけだったのですが
その時だけで治療するべき虫歯が4本もありました。
正直今まで虫歯になっていなかった自分としては結構な衝撃でした。
でも、その他三本のところは、全然痛みを感じたことがないんですよね。
虫歯って以外にあるものなんだ…と思い知らされました。

それで当日はレントゲンだけ撮って後日治療することに。
自分が行っている歯医者さんはすごい優しい先生で、中学生にもわかるようにあれやこれやと、そして、治療に使う道具などをいちいち見せてくれてなんだか安心しました。
それに助手さんたちもみんな話が上手で結構居心地がいいんですよね。
まぁさておき

初めて治療に行きました 当然痛むところから治療するわけですが、その時初めて麻酔と言うものを体験しました。
「ひえ~麻酔するんか…こわいなぁ…」と歯を診てもらいながら考えていたら
「はい、じゃあ麻酔効くまで待ちますね~」
「はーい… ん?」
待て待て、いつの間に麻酔注射したの?
なんと、自分でもわからないうちに麻酔を打たれていました。
それほど痛みがなかったんですよね。

最近の歯医者さんはすっごい細い針を使ってるうえに、麻酔針を指す時に表面に軽い麻酔薬を塗るので、正直麻酔を刺す時は全く痛くないです。

ただ、刺す場所によっては別の痛みが来ます。

基本的に麻酔はほっぺ側のやわらかい部分の歯に近いあたりに刺します。
ただ、上の奥歯などに刺すときは、場所が場所だけに歯茎に近い所に刺します。
もちろん刺すときは痛くないですが、なにやら刺された辺りの歯が根本からズーーーンと締め付けられるような痛みが来ます。
僕は男なので耐えます(強がり)
表現すると「うがぁぁぁ……!!」って唸りたくなるくらいの痛み。
でも「うぎゃあああああ!!!!」ではないです 全然大人なら耐えれます。

まぁそれでお次はドリルですが、麻酔をしているので基本的に痛くないですが、直接歯を伝わって頭に振動が響くので正直不快っちゃあ不快です。細い針に慣ればなるほど音がキーンとしますし、太い慣らすようなドリルだとガガガと震えます。
ただ気持ちが良くないだけで、別に痛くはない。

それで、歯医者行ったことない人って、歯医者でドリルで削ってきた時辺りが痛いって思うじゃないですか。
まぁどうして痛いかって言うと、神経にドリルが近づいてくるからです。
でも相当めちゃくちゃな歯医者でもなければ、マインクラフトのエンチャントしたダイヤツルハシのごとくドガガガとは掘ってきません。
じゃあ、痛まないの?と言われると、虫歯の程度による。
虫歯がちょっと進行していて大きくなってると、それほど深く掘らないといけないわけですから、当然多少なりと痛みを感じます。
で、どんな痛みかって言うと、「しみる」感じです。
「うっ、あっ、あっ」って感じでしみる 
歯をドリルで掘っていて、急に「イテテテテ!!」とは絶対になりません。100%です。
そんである程度掘ったら、今度は針金みたいなもので虫歯を取り除き、あとは埋めるだけ。

で、そのしみるかどうかも歯の場所にもよるのですが、しみる順位は前歯>奥歯
奥歯はデカイからか、神経に近づく前に掘って塞ぐだけなので、進行度によりますが麻酔をしていれば痛みを感じること無く治療が終わることもあります。 これはマジ。
ただ痛いのが前歯の方。
一番前の歯は治療してないのでわかりませんが、その両側にある前歯をするときは、一回麻酔するだけではけっこうしみるように痛みました。
でも大体の先生なら麻酔を足してくれますので安心。
それか、気をつけて削ってくれますのでは、痛いときは痛いと言いましょうね。
私の先生は「しみるようだったら言ってね~」と言ってくれるので心置きなくしみてきたら嫌な顔をします。

で、埋める工程ですが、ここまでくればもう安心!
削った所をまずエアー(風)で乾かしてから消毒液を塗ります。
削った時にしみてたら、このときもちょっとだけしみるかも。ただ削ったときほどじゃない。
そしたら、今度もまた注射器のようなものを口に入れてきます。
ヒエッ…と思いますが、これは歯を埋める用のセメントのようなものを出す注射器で、別に痛くはないです。
そのセメントは、ブラックライトのようなものを当てることで固まり、すごく硬くなる性質があるので、セメントで穴を開けたところを埋めて、ライトでピッと固めて、あとは太めのドリルで、セメントの部分を削って違和感がないように「慣らすだけ」です。
自分の先生の所ではそういうやり方でしたが、他の歯医者ではわかりません。
でもそれが最新のやり方みたいです。

それで治療は終わり。一本だけなら早くて30分くらいで終わります。



それで、また最近になり歯が痛みだしたので行ってみたら今度は虫歯が6本もありました
流石に笑うでしょ…。

まぁそういうわけで、歯はちゃんと磨きましょうね!一日くらいいいやと思わず。
忙しくても全体的に歯を一回磨くくらいしましょうね。
私はずぼらなので休みのときとかは磨いてないときもあったのでそれが原因かも。

十分思い知ったので、これからは一ヶ月に一度くらいは歯医者に行ってみようと思います。

それで治療代なのですが、麻酔もしたりするし、高いのでは?と思いがちですが、歯を一本治療するので大体1500円くらいです。
保険が適用されるのでそれくらい。一本につき1500円と思ってください。

ただ、初診のレントゲン撮影のときは3000円です。樋口一葉持っていけば問題ないはず。

あ、そうそう 一つ注意点が有ります。
麻酔をする時なのですが、個人差はありますが具合が悪くなる時があります。
脳に近い部分で麻酔をするので、意識が朦朧としたり、吐き気が出てくることが有ります。
私は貧血気味な退室ですが基本的に気分は悪くならないです。
ただ、一度だけ気分が悪くなった時があって、それは最近のこと。

中学生以来から歯医者に行っていなくて、久しぶりに歯医者に来た今日このごろ。
以前に治療したりして、手順や勝手もわかっているはずなのに、すごいビビってました。
しかもその日は早起きしたうえに治療が夕方からでした。
歯医者で麻酔をして気分が悪くなる原因は主に「不安感」「寝不足」になります。
その不安感が勝って最初はやばかったです。虫歯を6本も治療するうえに、進行している虫歯があると言われていたので余計に。

なので次からは、わざと治療に行く直前くらいまで寝ておくことで、それ以降気分が悪くなることはありませんでした。
ただ、完全に個人差なのでそうしたからといって気分が悪くならないとも限りませんし、学生や働いている人だと難しいですよね。
まぁ、とにもかくにも、前日によく寝ておくことに越したことはないです たとえ早起きでも。




さて、まあこんなものです

歯医者に行く理由は様々ですが、やっぱり虫歯治療が一番多いです。
歯を治療するために歯医者はあるのですから、少しでも「ん?」と思ったら歯医者さんに診てもらうのもいいでしょう。早めに直せばラクに終わります。

自分も衝撃の6本の虫歯は今日治療してきて終わりました。これで一安心。

ただ、一つだけ不安があるとすれば…そう、年頃になるとどうしようかと悩む「親知らず」
自分は4本全て親知らずが生えていて、上の2本は大丈夫なのですが、下の二本が先生曰く「抜いたほうが良い」歯ということでした。
はぁ…こわいなぁ…
歯を抜くってことは神経もとるってことで、痛そう…しかも抜いた後はずっと痛むらしいし、痛み止めがないとつらいそうな。
「まだ痛みとかが出てないし、出るとしてもしばらく後だと思うけど、抜くなら早めに抜いたほうがいいかなぁ」と言われました
そげなこと…言われましても…
「えっ!じゃあ明日抜きます!」なんて言えるほど肝っ玉でもないし、色々と余計に知りすぎてるせいで余計に怖い。
まぁ、これから歯医者に行く上で相談しようかなと思っています。

とりあえずそんな感じ
皆も歯はちゃんと磨こう!暇があれば歯医者にも行ってみよう!
次もぜってぇみてくれよな!












コメント

yujito
No.1 (2019/06/01 23:44)
私は学生時代に虫歯になったことはありません。初めて虫歯になったのは23歳位だったと思います。
その後2回虫歯になりましたが親知らずは虫歯にカウントされないらしいので人生で虫歯になったのは二回となります。
私の母も虫歯になったのは妊娠してからと言っていました。
去年39歳の時に検診に行ったとのが最後ですが、、、、。
知り合いの歯科衛生士に歯並びが良いと言われたことがありました。
知り合いの歯科医に虫歯になりにくい人っていますかと質問したところ目の前にいると言われました。
つまり何が言いたいのかというと専門家でも虫歯になるという事です。
私の歯磨きの平均回数は現在1日一回です。
歯磨きの回数もあまり変わらないみたいです。
kapivara_929 (著者)
No.2 (2019/06/02 21:09)
>>1
たまにいる虫歯の出来にくい人っていうのは、唾液がアルカリ性寄りな人らしいですね。
ほとんどの人は酸性で、口内に歯垢が付きやすいらしいですけどアルカリ性の人はつきにくいらしいです。
歯をそこまで磨かなくても虫歯にならないっていうのはほんと羨ましいですね…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事