プロ観戦者への道

NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.79

2017/04/20 09:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • プロ観
  • 自転車
  • サイクルロードレース
  • 栗村修
  • TOJの歴史
  • 2006年

2006年 ツアー・オブ・ジャパン 大阪ステージ

今回からは2006年の第10回大会になります。

■日程
5.14(日)大阪ステージ 堺市泉北周回コース 140.80km
5.15(月)奈良ステージ 東大寺大仏殿前 → 布目ダム周回コース 146.20km
5.17(水)南信州ステージ 飯田駅→下久堅周回コース → 松尾総合運動場前 155.30km
5.19(金)富士山ステージ ふじあざみライン入口 → 富士山須走口5合目 11.40km
5.20(土)伊豆ステージ 日本CSC周回コース → 伊豆スカイライン 110.48km
5.21(日)東京ステージ 日比谷シティ前 → 大井埠頭周回コース 148.90km

■栗村コメント
記念すべき10回目の開催を迎えたツアー・オブ・ジャパン。コースは前年と変わらずでオール公道コースの全6ステージとなります。
初日の大阪ステージを制したのは「アジアの虎」というニックネームを持つホンコン・チャイナの黄金宝(ワン・カンポー)選手。強力なスプリンターが集うゴール勝負を制してそのままリーダージャージを着用しました。
ちなみにワン・カンポー選手は香港では大スターであり、冗談抜きでジャッキー・チェンと並ぶほどの知名度を誇っていたようです。

2006年 ツアー・オブ・ジャパン 大阪ステージ

2006年 ツアー・オブ・ジャパン 大阪ステージ
ステージ優勝はホンコン・チャイナのワン カンポー選手

2006年 ツアー・オブ・ジャパン 大阪ステージ
2位はチームバンの新城幸也選手
レース後「まだ自分にどんな力があるのか分かっていない」と語っています。
■「NEXT TOJ 〜TOJ歴史を振るかえる〜」とは……
今年でツアー・オブ・ジャパンは第20回大会を迎えます。
国内でも有数の歴史を誇る、TOJをみなさんに楽しんでいただければと思い、写真と共に振り返ります。

コメント

ナンシー鈴木
No.1 (2017/04/20 11:04)
ワン・カンポー選手、お噂はかねがね、、ですが、写真を拝見するのは、これが初めて!
甘いマスクのイケメン、って感じですね。
中国語をかじった身としては、黄金宝という漢字にものすごい"盛り"を感じますが(笑)、名前負けしてないのが、更にスゴイと思います!!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

プロ観戦者への道

プロ観戦者への道

このチャンネルの詳細